EVERY SATURDAY
8:00 - 12:00

TOKYO GAS GROUP
LIFE IS A GIFT

10:10 - 10:40

この番組は、毎週、ある一人の人間の人生にフォーカス。誰もが知っている有名な
ワンシーンの裏にあったストーリーから、知る人ぞ知る隠された感動の出来事にも
クローズアップし、さまざまなエピソードや音楽とともに綴る30分間のプログラムです。

BACK NUMBER

2016.8.27

中納良恵

EGO-WRAPPIN‘の中納良恵さんに音楽活動の原点、そして声優に初挑戦した映画『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』の魅力などを伺いました。

EGO-WRAPPIN’ヴォーカリスト。1996年 中納良恵(Vo、作詞作曲)と森雅樹(G、作曲)によってEGO-WRAPPIN’結成。「色彩のブルース」や「くちばしにチェリー」は、多様なジャンルを消化し、エゴ独自 の世界観を築きあげた名曲として異例のロングヒットとなる。以後作品ごとに魅せる斬新な音楽性において、常に日本の音楽シーンにて注目を集めている。2014年5月には脚 本・演出 大根仁、主演オダギリジョーのドラマ「リバースエッジ 大川端探偵社」の主題歌、エンディングテーマを含む4曲入りシングル「BRIGHT TIME」をリリースした。EGO-WRAPPIN’の活動と並行して2007年にはソロ1st Albumとなる「ソレイユ」をリリースし、TOURも行う。2016年8月20日に後悔となった映画『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』で声優・日本語版主題歌を歌唱。

2016年4月以前のサイトはこちら