2021年11月30日

「美容室」と「防災」の関係性とは?

株式会社TRIPLE-ef代表取締役・中島翔さんをお迎えしています。
%E4%B8%AD%E5%B3%B6_%E6%94%BE%E9%80%81%E4%B8%AD_BLOG_1.jpg

ーー中島さんは、一般社団法人美容室防災協会の
代表理事でもいらっしゃいます

中島さん:これは私が作って代表理事も務めて
いる協会になります。学生の頃から、美容室で
水が止まったらどうしようという課題に答え
られる方って日本の美容室の中でほとんど
いなかったんです。
私も東日本大震災のまさにその時に、
ストレート剤という強い薬剤をお客様に
つけている時に被災しました。
その時に『このまま水止まったら私の
髪の毛どうするの』って言われてドキッと
したんですよ。ちょっと肌についても
危険な薬剤もあるし、髪の毛をそのままの
状態で逃げても髪の毛がボロボロになってしまう。
しかも、周りも被災しているので自分の
髪の毛のことを言える状態じゃないという
中では二次被害のようなことが起きてしまう
ということが実感としてありました。
いろんな案件を探してたんですけど、
どこにもないので自分でやってみよう
と思って。ブログなどで活動を
載せ始めたんです。
%E4%B8%AD%E5%B3%B6_%E7%81%BD%E5%AE%B3%E6%99%82%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97.jpg
ただ、ちゃんとしたことをやる時に
自分の店の水が止まっても地域の、
他のお店と協力できるんじゃないか
と思ったんです。ただ、自分の地域
の中では美容室間の関係はあまり
作られていないんです。
競合の中ですし。
防災だったら誰もの利益になるんじゃ
ないかなと思って協力体制が取れる
んじゃないかなと思っています。

――さらに中島さんはNPO
神奈川わかものシンクタンク」の理事としても
活動されています。

中島さん:このNPOが自分の業種の特性を
生かして地域課題を解決していくもの
なんですが、美容室が地域で何が
できるかって考えた時に地域の人を
つなげるってところだと思ったんです。
人と人とを繋ぐっていう機能って
いうのに目をつけて美容室と防災で
考えた時に、美容室を通してできた
人と人との関係性で発災時に
助け合えるようなものが
できるかなと思います。

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

https://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/11280



バックナンバー