2022年01月19日

対馬を悩ます、漂着ごみの問題

九州大学大学院・准教授の清野聡子さんをお迎えしています。

10FEA8FC0-3199-44A4-9502-E7796F472C86.jpg
※リモートでのご出演です。

現在 清野さんは、福岡県を中心に長崎県対馬・五島を
研究フィールドとされています。
実は対馬は、『日本で1番、海の漂着ゴミが多い』と言われています。

清野「魚が集中するということは、海の流れが集中します。
   すると、東シナ海って各国の経済発展で、ゴミがたくさん浮いていると
   対馬海峡という狭いところに集中して、漂着してしまうんです。
   さらに九州は、冬になると、大陸からの季節風で北風が強く吹くので、
   それがゴミを吹き寄せちゃうんですね。こういった海流、風、地形が、
   漂着ゴミの原因になってしまっているんです。」

100年以上制度が変わっていないため、現在も
漂着ごみは ”漂着さえた国が処理する” ということになっています。
対馬では、年間で約6万トンの漂着ごみがあり、
費用も3億円近くかかっている、と言われています。

清野「毎年、億単位の税金をかけ漂着ごみを回収しても、
   終わらないまま10年以上経っています。」

小黒「九州は自然災害が多い印象でしたが、
   もはやこれも、一種の災害ですね。」

清野「私も、関東から九州に移住してびっくりしたのは
   九州は精神的にタフじゃないと住めないし、励まし合う土地です。
   水害や地震だけじゃなく、海ゴミのような、やってもやっても
   元に戻ることがあっても、めげずに何とか対応するという地ですね。」

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2022年01月18日

映画「プラスチックの海」に見る生態系の危機

九州大学大学院・准教授の清野聡子さんをお迎えしています。

10FEA8FC0-3199-44A4-9502-E7796F472C86.jpg
※リモートでのご出演です。

当番組では一昨年、プラスチックゴミの海洋汚染の実態をとらえた 
ドキュメンタリー映画『プラスチックの海』を紹介しました。

映画『プラスチックの海』公式サイト

清野さんもご覧になったそうで、感想を伺いました。

清野「プラスチックがこんな風に生態系に入り込んでいたんだ、と
   改めて見せつけられました。プラスチックの問題って、
   もう40年くらい前から話はされてきていたんですよ。
   (この作品で)ここまで進んでしまったんだ、と痛切に思いました。
   気がついた頃には、プラスチックに馴染んだ生活になってましたから
   今更どう変えるのか。相当な社会改革が必要だということになったと思います。
   また、人間以外の生き物に、これだけ迷惑を掛けていることを、
   自分以外の人も、心を痛めてくれているというのも驚きました。
   子供から大人まで、世界の人が『何かしなきゃ』と思える映像で、
   色んな想いが行き来した作品でした。」

今月、映画『プラスチックの海』の教育機関用DVDが発売されました。
購入、利用できるのは、学校と図書館のみですが、
100分版と22分版の日本語字幕と 22分の短縮版の日本語吹替版も収録されています。   

映画『プラスチックの海』の学校用DVDの発売を記念して、
明日、1月19日(水曜日)夜7時からオンラインによる、
上映とシンポジウムがあります。
シンポジウムには、清野さんも出演されます。

映画『プラスチックの海』上映&シンポジウム詳細はこちら

今夜の選曲:FOOL ON THE HILL / SERGIO MENDES AND BRASIL '66

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2022年01月17日

開発する中で生まれた、自然を守る研究とは?

今週のゲストは、九州大学大学院・准教授の清野聡子さん。

10FEA8FC0-3199-44A4-9502-E7796F472C86.jpg
※リモートでのご出演です。

清野さんは、神奈川県逗子市出身。
東京大学を卒業後、教養学部勤務を経て、
2010年より九州大学大学院で、海洋生物学・海岸環境保全学
生体工学などを専門に、現地調査に基づき経済や民俗学も含めた
海岸研究に取り組まれていらっしゃいます。

清野さんが現在九州大学大学院で籍をおかれているのが、
”工学研究院 環境社会部門 生態工学研究室”。

清野「わたしが在籍しているのは、昔で言う土木学なんです。
   海を埋め立てたり、場合によっては海を壊してきたんですが
   この20年間で、自然を守っていかないと、人間の状況も危なくなる
   ということが分かってきて、土木の中でも生態系や景観、
   生き物との暮らしを研究する分野が出てきたんです。
   ちょっと、開発する人が大半の中で、自然を守ろうとか、
   景観を守ろうという立場なので、若干アウェイなんですけど(笑)
   やっぱり新しい領域がはじまってきてる、という感じです。」

清野さんのお父様は、画家。
海に近い神奈川県逗子市で暮らし、
毎週のように海岸へ遊びに出ていたのだとか。

清野さんが、九州に行かれた理由は、
関東では見られなくなった生物がいまだ存在すること、
自然文化・海との暮らしが生きた形で現存するためだったそうです。

清野「その面白さというのは、関東と九州を行き来していたら
   ”やっぱ、九州住んでみらんとね”、と思いましたね。」

小黒「人と自然と生き物のつながりが、まだまだ残ってるんですね」

今夜の選曲:MAIS QUE NADA / SERGIO MENDES AND BRASIL '66

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2022年01月13日

昨年開催された『ソトコトSDGsアワード』

雑誌ソトコト編集長の 指出一正さん をお迎えしています。

220113_sashide3.jpg

昨年ソトコトでは、『ソトコトSDGsアワード』を開催されました。

これは、SDGsの取り組みの広報活動を表彰するもので、
1回目の受賞者は、以下の通りでした。

・北九州市 
 ▼『真の豊かさ』にあふれた社会に向けて。
・大崎電気工業株式会社 
 ▼小さなアクションが社会を変える。エネルギーとの関わりを通して、もっと豊かに、もっと楽しく。
・株式会社三越伊勢丹 
 ▼ファッションに新たな選択肢を提案。 町工場×百貨店によるリサイクルデニム再生プロジェクトが動き出す。
・株式会社明治 
 ▼「カカオでつながる、すべての人を笑顔に」。 サスティナブルなチョコレートを目指して
・株式会社NTTPCコミュニケーションズ 
 ▼キーワードは「共創」。 未来を担うAI企業を世の中に発信。伝えたいのは作り手の熱い想い。

小黒「そうやって指出くんの口から色々聞くと、
   日本もまだまだ大丈夫だという気になるね」

指出「大丈夫であってほしいですよね(笑)」

最後に、ソトコトのテーマである”関係人口”について伺いました。
全市町村が、関係人口を作る取り組みを行うほどで、
関係人口を地域に増やすことが当たり前のようになってきました。

現在では、オンライン関係人口や地域内関係人口、流域関係人口など
細分化されるまでになってきています。

指出「一番注目しているのは、川沿いに生まれる、流域関係人口です。
   もともと川はハイウェイですから、
   ゴシップや経済、言葉の表現が流れてきました。
   行政区分ではなく、流域区分で関係性を保つようなコミュニティが生まれて
   関係人口が増えていっているな、と思います。」

今夜の選曲:RUNNIN' AWAY / SLY AND THE FAMILY STONE

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2022年01月12日

かっこいい農業と、東京の農業の今

指出一正さんが編集長を務める、未来をつくるSDGsマガジン『ソトコト』。
2022年1月号は、「かっこいい農業」特集です。

21SK1%E8%A1%A8%E7%B4%99%E6%A0%A1%E4%BA%86_350dpi-1189x1536.jpg

クラフトビール、ハーブ作り、ワインなど、
若い世代で関心が高まるものを取り上げられています。
そんな本誌には、”農度(のうど)”という造語が 何度も出てくきます。

指出「これは、農業は専門性の高いものではあるんですけど
   実は1日の中で、農業と少しリンクしてる時間はあるんです。
   スーパーに行くとか、ローカルな風景が目に留まるとか。
   そういった24時間の中で、マルシェに行く、生産者とつながる、
   土の本を読んでみる、棚田のサポートをするなど、
   より農業に繋がりそうなことを ”農度” と呼んで。
   『”農度” が高まって、農業が自分ごとに出来ていく社会になると良いな』
   と思って、この造語を作りました。」

220112_sashide2.jpg

本誌では、町づくりや、ビール作りなど幅広く行う、”フリースタイル農家”として活躍する、
米農家カトウファーム(福島県福島市)も紹介されています。
米農家カトウファームの加藤絵美さんは、
併設されている クラフトビール醸造所 Yellow Beer Works を立ち上げ、
『かっこいい農業』のイメージにぴったりの女性なのだとか。

今まで難しいと言われてきた東京の農業も、
制度改革や農業指導員のサポートにより、一般の方にも開けてきており、
さらに農業が身近になってきています。

今夜の選曲:EVERYDAY PEOPLE / SLY AND THE FAMILY STONE

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2022年01月11日

コロナ禍をプラスに!昨年開催した

今週のゲストは、雑誌ソトコト編集長の指出一正さん。

220111_sashide1.jpg

指出さんは、10年以上全国各地を訪れ、
”地域の可能性” を発掘し続ける取材を続けていらっしゃいます。
ただ、コロナ禍において、現地への訪問取材は難航し続け
オンライン上での交流が増える一方だそう。

そこで、オンライン上でのコミュニケーションで
どのように人と人との関係性を深めていけるか、
工夫をしていく日々だった、とのこと。

小黒「オンラインだからこそ良い事は、発見できましたか?」

指出「いっぱいありますね!
   まず、会場に足を運ぶことができない条件の人が
   いっぱいいることがわかりました。
   階段の上り下りが大変だったり、その時間には子供がいて難しいとか。
   そういう皆さんが安全な状態=オンラインで、地域のことを考えて
   新しい仲間が作れるというのは、オンラインだから現れた方達で
   そういう方も多かったな、と思いますね。」

小黒「じゃあ、見事にこのコロナ禍をプラスにできた?」

指出「できましたね。特に、この2年間でオンラインでの技量が
   僕も含めて、中高年の皆さんが自由に使えるようになって、
   オンラインで若者と地域の交流が出来る、その土地のスーパースターの
   お父さんやお母さんが出てきたのは、よかったです。」

2025年に行われる大阪・関西万博の日本館で
基本構想のクリエイターを務める指出さん。

『万博未来編集部ローカルツアーONLINE』(昨年開催)では、
万博の関係人口を増やすため、関西の10代20代30代に向けた
”住みたい未来を作るワークショップ”を開催されていました。

指出「いきなり2025年が現れるよりは、今から ”万博のことが面白いな" って
   思う若い皆さんが育っていって、万博チルドレンが生まれて、
   "何か未来を作りたい"といろんな世代が増えるように
   この5年間の助走、関わりしろを作っていこうと思ってお手伝いしています。
   生物学者の福岡伸一さんも、前回の万博チルドレンですよね」

小黒「福岡さんの万博の思い出は、月の石だったよ。
   そこから、科学の子になったんだから、その活動は正しいかもね。」

今夜の選曲:SING A SIMPLE SONG / SLY AND THE FAMILY STONE

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2022年01月06日

2022年新春、今読むべき1冊をご紹介

年末年始の恒例ゲスト、生物学者の福岡伸一さんをお迎えしています。

220106_fukuoka_1.jpg<

今回も、”今読むべき1冊”を伺うと、
以前から福岡さんが注目している 小説家:カズオ・イシグロの
2021年春の新作『クララとお日さま』をあげてくださいました。

カズオ・イシグロは、2017年にノーベル文学賞を受賞していますが、
受賞よりも前に書き始めていたものだと言われています。

『クララとお日さま』とは、
少女と、太陽エネルギーで動く少女型AIのお話で、
2人会話で物語が少しずつ進んでいきます。

福岡:あんまりドラマが無くてつまらない、という書評も見ました。
   でも、カズオ・イシグロは、読書サービスはしない、
   淡々と自分の小説世界を構築する人です。
   ”実は、人間とAIの関係っていうのは、ドラマがないものだ”という
   ことを言いたいんじゃないかな、と思いました。
   つまり、AIは関係を破壊したり、自分を壊すことは絶対出来ないわけです。
   でも、人間は約束を破り、自分の考えを破壊できます。
   その自ら破壊することが出来るというは、
   生命ができる、素晴らしいことです、という風に私は読みました。

福岡さんは、新型コロナウイルスが蔓延する直前に
念願だったガラパゴス諸島を訪れていました。
現地でのことを、ノンフィクションの探検記『生命海流 GALAPAGOS』
ガラパゴスを舞台にダーウィンと出会う物語『ドリトル先生 ガラパゴスを救う』
の2冊に今年2022年にはまとめる予定。

小黒:読者として『ドリトル先生 ガラパゴスを救う』の連載読んでますけど
   全然進みませんね〜たった1つの事で!(笑)
   ドリトル先生は、1冊じゃ終わらないんじゃないですか?

福岡:あははは(笑)
   ドリトル先生をお借りして、福岡ドリトルワールドを作りたいな、と。
   新聞小説なのでなかなか進みませんし、
   うんちくを入れるとストーリーが進みませんが、
   ドラマのないドラマということで、よろしくお願いします(笑)

未来に希望を持てるお話、有り難うございました!

今夜の選曲:PEAU NOIRE,MASQUES BLANCS / 仲野麻紀

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2022年01月05日

JAXAが2022年春に重大発表!その内容は...

生物学者の福岡伸一さんにお話伺っています。

220105_fukuoka_1.jpg

福岡さんが注目されている ”2022年の未来” について伺うと、
『JAXAが2022年春に大発見を発表する』
という期待が持てるニュースを挙げてくださいました。

福岡:探査機はやぶさ2が小惑星リュウグウから持ち帰った、
   砂の分析がすすんで、何か新しいことが分かって、発表されるらしいんです。
   もちろん内容は未発表ですが、私の予想するところ、
   生命の起源に関する重要なニュースが出てくるんじゃないかな、と。
   生物が使っている l(エル)体のアミノ酸が見つかったんじゃないかな。
   発表を楽しみにしています。

『地球上でどのように生命が発生したか』は、現在でも大きな謎に包まれたまま。
もし、宇宙空間である小惑星リュウグウの砂に
l(エル)体のアミノ酸がたくさん発見されれば、宇宙に生命の起源があった
ということが有力になってくる、とのこと。

”宇宙から来たものは、砂1粒でも無限の夢が宿っている”
と研究結果への期待を高める福岡さん!
携わっている大阪・関西万博2025では、
月の石・リュウグウの砂、のような目玉を展示できるように、
現在計画を進めているそうです。

今夜の選曲:LARME QUI NE VOIT PAS/MIENAI NAMIDA / 仲野麻紀

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2022年01月04日

”SDGs”をただの掛け声にしない!根幹を考える

生物学者の福岡伸一さんをお迎えしています。

220104_fukuoka_1.jpg

昨年2021年から、日本で大きく広がった”SDGs”。
企業や教育現場でも、大きく取り上げられています。

しかし、米国ニューヨークにおいては、
『SDGsという単語は日常会話で出てこないし、誰もあのバッチもしていない』
と以前、福岡さんはおっしゃっていました。
今でも変わらないのか、改めて伺いました。

福岡:そうですね。ただ、カーボンや地球温暖化の問題は
   非常に大事な問題であると、NYでも皆考えています。
   SDGsの基本は、”人間が地球にどのように責任を持つか”ということです。
   ここでキーワードになるのは、私の生命理論でもある『動的平衡』と
   その結果として現れる『利他性』だと思います。
   自分にとって排泄物やゴミは、他の生物にとっては資源であり、
   栄養である有機物あるので、常に手渡すのは『利他的な行為』と考えられます。
   人間以外の生物は、過剰なものは流れに戻し、手渡すので溜めておきません。
   しかし、人間は言語などを作り出したために、物をとどめて溜めてしまう。
   それをいかに手渡すか、ということが、環境問題の基本的な
   生命哲学になっていく。SDGsもそこから考えないと、
   単なる掛け声に終わってしまうのではないか、と危惧しています。

今夜の選曲:DUHONT'AR AR MANE / 仲野麻紀

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2022年01月03日

コロナ禍で、忘れては行けない視点とは

新年最初のゲストは、生物学者の福岡伸一さん。

220103_fukuoka_1.jpg

福岡さんは、京都大学卒業後、
米国ハーバード大学医学部博士研究員、京都大学助教授を経て、
現在青山大学教授、米国ロックフェラー大学客員研究者でいらっしゃいます。

2020年度末にリモートでご出演いただきましたが、
今回はスタジオにお越しいただけました。

まずは、昨年2021年のコロナ禍についてのお話。

昨年は変異株の流行もあり、
ウイルスの勃興と衰退(押さえ込みと感染拡大)が繰り返されていました。
福岡さんは、”ウイルスの勝手な都合”によって
感染拡大の波があったようにも見える、とおっしゃいます。

福岡:ここで忘れては行けない視点は、
   ウイルスは宿主(共生する生物)あってこそのものですから、
   『人間とウイルスのせめぎ合い』が、
   見えないファクターとして隠れていると思います。
   ウイルスは感染すると、人間の免疫システムが反応しますが、
   それとは別にウイルスが細胞の中に侵入すると、
   すごい勢いで細胞の中では分解をしているわけです。
   ウイルスの感染と分解のバランスがとても大事で、
   どうも宿主の側も蔓延に対して変化しているんじゃないか、と私は思います。
   人間の分解速度が少し上がるだけでも、ウイルスは増殖出来なくなりますから 
   ウイルスの変化だけに注目するんじゃなくて、『人間とウイルスのバランス』を
   もうちょっとちゃんと見る必要があります。
   さらに、ウイルスの変異株がどんどん出てきますが、
   これは、際限のないイタチごっこになると思います。
   重症度、死者数などの現象面にも、注目する必要があります。

小黒:以前からおっしゃっていた、”新型コロナウイルスも、
   最後にはインフルエンザや風邪のようになる” という考えは変わりませんか?

福岡:1番ウイルスにとって良い状態は、
   ”宿主(人間)に気づかれずに増えていける状態” です。
   動的平衡の観点から言えば、安定した平衡状態は、
   『宿主にあまり影響を与えないまま、
   ウイルスと人間が共存できる状態』なので、毎年流行するような
   インフルエンザ・風邪のように落ち着いてくると思っています。

今夜の選曲:IMPRESSIONS D'AFRIQUE / 仲野麻紀

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー