2020年03月30日

負けず嫌い2人によるラグビー論、精神論

元ラグビー日本代表 大畑大介さんと、
車いすラグビー日本代表 池崎大輔さんをお迎えしています。

0330_LOHAS_3.jpg

お二人は年齢も同世代。大畑さんが1975年生まれ。
池崎さんが1978年生まれです。
アスリートは負けず嫌いが多いとか言いますが…。
大畑「いや、もう池崎さんはすごいですよ。負けず嫌いですよ、めちゃめちゃ」
池崎「いやいや、僕はもう負けず嫌いですよ。
だって負けるのってかっこ悪いじゃないですか。
しかも、今日だってすごくテンション上げてきてはいるんですけど、
なんせ大畑さんがいるんで。なんでかというと、以前、負けてるんです、勝負して。」
池崎「車いすスラロームとか。そういうあの、番組ですね。
それで負けてるんですよ。その悔しさが湧いて出てきて、
あんまり顔見れないです。好きですよ、大畑さんは大好きですよ。」
大畑「4年前に番組で一緒させてもらったときに、
どれだけすごいんだって話をしてたときに、
一応服も元アスリートとしてね、勝負させていただいたんですけど、
ハンディマッチで一度やったときに、結構あっさり勝ってしまったんですよ。
これちょっと良くないなと、ハンディを短くしてやったときに、
大体そういうとき負けるじゃないですか。
でも、僕そんな空気読まないから…
また勝ったんですよ。その時の池崎さんの悔しそうな顔。
まぁでもね、僕は思ったんですよ。あの時にあの悔しい顔をしたからこそ、
リオでメダルに届いたなぁと思ったんですよね。
だから、間違いなくリオでの活躍の、一端は僕のおかげかなって(笑)」
池崎「いやーもう、それは間違いなく、
その力は大きいですよ。それだけの悔しさをバネにっていうところで」
大畑「だから、それがあった後、数年前に、丸の内でイベントしたんですよ。
いろんな方に来てもらったときに、
パラスポーツのアスリートのすごさみたいな、コーナーがあって、
僕がまぁ車椅子に乗ってたときに、池崎さんがウェルチェアの
タックルの凄さどのくらいなんだって、皆さんにみてもらうときに池崎さんは
その悔しさがあるので、僕を指名して、僕に本気で当たってきたんですよ。
びっくりしましたね。飛んでいくと思いました。」
池崎「そこはやっぱり自分の力を全てぶつけなきゃいけないので…
でも、まだ晴れてないです’(笑)」

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年03月26日

3月30日から4月2日は

元ラグビー日本代表 大畑大介さんと、
車いすラグビー日本代表 池崎大輔さんをお迎えします。

0330_LOHAS_3.jpg

負けず嫌い2人のラグビー論、
精神論、などたっぷりと伺います。

staff| 19:57 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年03月26日

地方のクラウドファンディング

READYFOR株式会社
代表取締役CEOの米良はるかさんをお迎えしています。

0324_LOHAS_2.jpg

地方のクラウドファンディングの
利用率っていうのは伸びてるんですか?
米良「逆に地域を応援したい方はたくさんいらっしゃいます。
そういう意味では、地域でのクラウドファンディングの
活用も増えてきています。READYFORだと、
岡山県には、新聞社さんと一緒に提携させていただいて、
岡山限定のクラウドファンディングの仕組みを
やらせて頂いたりとか、あとは、地方の大学。
いろんな大学さんと提携をさせていただいてまして、
大学の研究費集めというようなところもお金集めをして、
お手伝いさせていただいてます。
東京にいらっしゃる方でも、自分の地域を応援したいとか、
自分の母校を応援したいとかで、
東京から地域を応援するってこともありますし、
地域間同士での応援っていうところもどんどん広がっています。」

今夜の選曲:THE MOON OF MANAKOORA / JANET SEIDEL

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年03月25日

新型コロナウイルスによる中止イベントへの支援プログラム

READYFOR株式会社
代表取締役CEOの米良はるかさんをお迎えしています。

0324_LOHAS_4.jpg

新型コロナウイルスによる影響が各所に出てますが、
政府からの大規模イベントの自粛要請で、
中止延期せざるを得ない状況になってからの
READYFORにどのような相談が持ち込まれてるんですか?」
米良さん「コロナウイルスで、いわゆる中止や延期を
決めてしまったイベントがたくさんあるっていうのは
報道などで我々も知っていまして、その損害分を主催者側が
被っているケースとか、保険が適用されないケースというのが
非常に多いと聞いていました。そんな中でクラウドファンディングが
何かサポートできるようなことってないのかなって、
会社の中で話し合いまして、コロナウイルスによる
中止イベント支援プログラムというものを
READYFORの中で立ち上げました。
このプログラムはイベントの中止や延期を決めた方々、
そこに関係する損害分をクラウドファンディングで
多くの方々、そのイベントには行けなかったけど
応援したいという方々がお金を出せるような仕組みになってます。」

今夜の選曲:TILL THERE WAS YOU / JANET SEIDEL

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年03月24日

SDGs推進に向けての法人事業、その活動

READYFOR株式会社
代表取締役CEOの米良はるかさんをお迎えしています。

0324_LOHAS_3.jpg

READYFORでは、SDGs推進に向けて
法人向け事業を行ってます。これは?
米良「READYFORに今まで、1万3000件くらいの
プロジェクトが公開していきまして、
クラウドファンディングの
プラットフォームが色々あるんですけれども、
その中でも私たちはいわゆるソーシャルと言われる、
補助金とか助成金とかが、資金調達の手段であった方々が、
非常に多いプラットフォームになっております。
それぞれの活動というのが、例えば、
教育分野であったり、サステナビリティに
寄与するような活動だったりとか、
どのプロジェクトもいわゆるSDGsに資するような
事業、活動とがすごくたくさんあります。

そう言った活動に、このクラウドファンディング、
個人の方々からの応援だけじゃなくて、
社会課題を解決するような活動をもっとお金集めて
多様にしていきたいなと思い始めました。
仕組みとしては、個人からのクラウドファンディングだけではなくて、
企業さんがそれぞれSDGs、ゴール、ターゲットを
指定されて、そのターゲットに資する活動をしている方と
マッチングをしていくような形になっています。」

今夜の選曲:TWILLIGHT TIME / JANET SEIDEL

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年03月23日

2011年スタートした、READYFORのこれまでとは?

READYFOR株式会社
代表取締役CEOの米良はるかさんをお迎えしています。

0324_LOHAS_1.jpg

米良さん立ち上げたREADYFOR は2011年3月にスタート、
これまでにどのくらいのプロジェクト数を? 最初のプロジェクトは?
米良さん「最初は、2011年は6件のプロジェクトからスタートしていて、
アート系プロジェクト、国際協力プロジェクトとあったんですが、
大体20万円ぐらいのが一番大きかったかなと。
そのくらいの金額を集めるだけでもすごく大変だったなと思っています。
日本は寄付文化がないとよく言われてると思うんですが、
わたしたちから見るとお金を集めるってことが
日本人にとってハードルが高いことだったなと思っています。
自分のやりたいことを誰かに伝えたりとか、
それの協力者を集めたりとか、お金を集めたりとか、
そういうこと自体がすごく日本人の文化と
ちょっと合ってなかったと思うんですね。
ただ、2011年にスタートしたときに、
ちょうど震災があって、そのタイミングで、
復興で何か事業をやっていきたいと思われる方々がすごく増えてきた。
どちらかというとポジティブなチャレンジに対して、
みんなの共感でお金を集めるっていうのが、
一つのトレンドになって、そのトレンドに乗って、
クラウドファンディングもどんどん広がっていきました。
今はアンケートとかだと7割くらいの方が、
クラウドファンディングっていうキーワードを聞いたことあるよ、
知ってるよっていう風に答えていただくので、
ようやく市民権を得ることが出来たかなと思ってます。」

今夜の選曲:DON'T BE THAT WAY / JANET SEIDEL

staff| 19:57 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年03月19日

広がる海洋プラスティック問題、鈴木流のゴミ取集とは?

岸壁幼魚採集家の鈴木香里武さんをお迎えしています。

0316_LOHAS_4.jpg


現在、海洋プラスティック汚染が問題になっていますが、
鈴木さんがこれに関して何か活動を?
鈴木「やっぱり漁港にいると、年々ゴミが増えてるのって、
如実に感じます。悲しいな、って思う一方で、
普段トークイベントなんかで
お話しさせて頂いているのがゴミは拾いましょうと。

(僕の場合は)網持ってるんで拾いやすいのが
大前提なんですけど、ゴミを拾うことが目的というよりも
僕はやっぱ魚が好きなので、幼魚をとりたいんです。
幼魚をとるためには、手っ取り早いのがゴミごとすくうことなんです。
というのはやっぱり幼魚たちって
何かに身を寄せて隠れていることが多いんですね。
海藻が流れてれば、海藻にくっつくんですけども、
海藻がない時期なんかゴミに、寄り添って身を隠してるんです。
なので、ゴミもある種彼らにとっては隠れ家になってる。
そのゴミを網ですくえば、同時に幼魚を観察することができるですね。
そんな感じで、目標をゴミではなくて、
その先に一つ置いておくことで、すごくその観察と
ゴミの回収が楽しくなってくるなと思います。」

今夜の選曲:WHAT IS THE REASON / YOUNG RASCALS

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年03月18日

魚がもたらす癒し… フィッシュヒーリングとは?

岸壁幼魚採集家の鈴木香里武さんをお迎えしています。

0316_LOHAS_3.jpg

香里武さんの研究テーマは、フィッシュヒーリング?
これについて教えていただけますか?
鈴木「いろんな要素が魚にあって、
まず一つは色っていうのが入り口になると思います。
色はカラーセラピーとして、昔から研究が進んでいて、
青はリラックスの色、赤を見てると元気になるとか、
そう言う話って昔からあるんですが、
魚の場合はカラフルな色を身に纏っていて、
それがさらに動いていると。生き物であり、
動くカラーセラピーって中々ないかなって、
言うのが一つの要素かなと。
あとは、昔からアニマルセラピーというのも
心理学では研究されているんですね。
例えば、犬と触れ合って癒されるとか、
馬(と走る)、イルカと泳ぐとか、そういうものって
昔から研究されてるんですけども、魚との違いというのが、
距離感かなと思います。例えば犬、家にワンちゃんがいたら、
すごい癒されると思うんですね。ただ、ものすごく疲れていて、
犬と遊ぶのもしんどいなって時でも、犬はワンワンと来る。
そういう時は逆に疲れちゃったりするかもしれない。
でも、魚の場合は、関わりたい時は餌あげたら寄ってきてくれるし、
懐いてくれるけれども、関わりたくない時は
インテリアになってくれるんですよね。水の世界を生きていて、
こっちは空気の世界って、全く違う世界を生きている。
でも、距離は近い、でも、間にはガラス面というバリアがあるという。
近くて遠いという絶妙な距離感が押し付けがましくない
癒しなのかなとすごく今注目してます。」

0316_karibu_4.jpg
自宅のメイン水槽

0316_karibu_5.jpg
シイラ幼魚

今夜の選曲:GROOVIN' / YOUNG RASCALS


staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年03月17日

著書『わたしたち、 海でヘンタイするんです』

岸壁幼魚採集家の鈴木香里武さんをお迎えしています。

0316_LOHAS_2.jpg

鈴木さんの著書『わたしたち、
海でヘンタイするんです』こちらは?
鈴木「小さいお子さんにも楽しんでもらうために、
イラストの要素をすごく大事にしています。
友永たろ先生という僕の大好きな
イラストレーターさんが書いてくださっています。
変態ということで、魚の成長過程を追っていくんですが、
この瞬間! みたいな写真ってそんなになかったりするんですよね。
そういう幼少期の姿だったりとかを、
わかりやすく図解するっていうところを
すごく大事にしているので、オールカラーにしています。」

この本で、一番の変態ぶりはなんですかね?
鈴木「身近な生き物で意外と知られてないミズクラゲですね
クラゲっていうと、フワフワ漂っているような
イメージがあるんですけど、幼少期のクラゲの
一番最初は卵みたいに蠢く。1ミリないくらいのサイズで、
最初は卵みたいなものが蠢いていまして、
それが、岩にくっ付くと植物みたいに生えるんですね。
ポリプって呼ばれるものが生えてくると、
小さい頃のクラゲが岩から生えてるってこと
自体もあんまり知られてないんですけど、
そのポリプっていうものが、クローンを増やして
それがあのある日、動き始めるんですね。
先っちょのポコっと取れたものが泳ぎ始めるっていう。
物凄い進化…変態をしていくんですね。」

0316_karibu_2.jpg
ミズクラゲ

0316_karibu_3.jpg
岸壁採集の様子

今夜の選曲:GROOVIN' / YOUNG RASCALS

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年03月16日

岸壁幼魚に魅せられた採集家の活動とは?

岸壁幼魚採集家の鈴木香里武さんをお迎えしています。

0316_LOHAS_1.jpg

香里武さんは本名?
鈴木「本名なんです。元々は両親が、
海の名前つけたいって思っていたらしいんですけど、
実は“香里武”って名前を付けてくださったのは、
明石家さんまさんなんですね。」

肩書の「岸壁幼魚採集家」とは、具体的にいうと、、、?
鈴木「僕が幼少期からずっとやっている
ライフワークなんですが、普通のタモ網ですね。
釣具屋さんで売ってるようなタモ網とバケツだけを持って、
漁港に行きまして、漁港の港の海面に浮かんでいる幼魚たち、
魚の赤ちゃんたちをひたすら探しては掬い観察する。
言ってみれば、壮大な金魚掬いみたいなもんなんですが、
これをずっとやっています。で、これを専門に
やっている人があんまりいないんですね。
岸壁採集というジャンルがある中で、
僕は幼魚に特化しているということでこんな肩書きになりました。」

0316_karibu_1.jpg
活動の様子

今夜の選曲:IF YOU KNEW / YOUNG RASCALS

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー