2021年05月11日

当時の若者たちにとって”青春と挫折”はセットだった。

映画監督・代島治彦さんをお迎えしています。

IMG_8848_BLOG.jpg
※リモートでのご出演です。

代島さんが監督した最新映画
きみが死んだあとで」が
ユーロスペースで上映中です。
今夜もこの映画について伺っていきます。

小黒「この映画はどういう人に
見てもらいたかったんですか?」
代島さん「大きくは二つ。
一つは学生運動に実際に関わった
人たちや時代を共有した当事者世代。
一番見て欲しいのは、
今の若い人たちです。10代から20代、
全然違う世代がフィクションのように
感じて、実際にその時代があったことを
見て欲しい。」

小黒「今、若者たちは何らかの
動きをしようとしているんですかね?」
代島さん「日本の場合、
過激になっていった学生運動を
納めていく中で教育を含め、
若者たちをコントロールしていく
体制がプログラムされてしまった。
香港や今回のミャンマーもそうですが、
なかなか行動を起こしずらいんです。
ただ、この映画を見て、昔の日本の
学生はそれが可能だったというのを
知ってもらい、同時に愚かなことも
あったという事を知ってもらいたい。
その上で、自分たちがどう動けるのか
考えて欲しいと思います。
日本の今の若者たちは生きていくことへの
不安がとても大きいので、
道を外れたらダメなんじゃないかと
思っている。
日本はリーダーも現れなければ、
運動も構築できない。
今は、動きやすい気候変動みたいな
ソフトな問題で動き始めています。
あとは、昨年のBlack Lives Matterの
ような人権問題や、女性の人権問題。
そういう取り組みやすいところから
当事者が声をあげていくのが、
日本の場合は盛り上がっていくと
思いますし、この映画を見て、
それを実際にやって欲しい
というのを思っています。」

小黒「映画を見た実際の
若い人の反応はどうですか?」
代島さん「まるでフィクションだと言いますね。
宮崎駿の『コクリコ坂』みたいに学生が
盛り上がっていた時代があったことに
ただただ驚くといった感想です。
一つ面白い反応は、就職活動をしていた女性が、
『貴方にとっての一番大きな挫折体験を
教えてください』と言われた時、
自分は挫折した体験がないことに
気づいたと。
映画を見て、『学生運動の時代は
挫折と青春はセットだった、
挫折をするために青春をやっている
感じがあった』と……。
それに一番驚いて、自分も挫折を
するような青春の行為をしてみたく
なったと言っていた女性もいました。」

※代島監督が語った大学生との対談の
様子が下記のリンクからYoutubeでご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=nwdXYcsfD5E

==================
映画「きみが死んだあとで」 HP
http://kimiga-sinda-atode.com
==================
今夜の選曲…THE ROLLING STONES / HEART OF STONE

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年05月10日

第一次羽田闘争でのある1人の青年の死、そしてそれを取り巻く人々を描いた最新作「きみが死んだあとで」とは?

映画監督・代島治彦さんをお迎えしています。

IMG_8848_BLOG.jpg
※リモートでのご出演です。

代島さんが監督した映画
「きみが死んだあとで」が
ユーロスペースで上映中です。
http://www.eurospace.co.jp
この映画について伺いました。

小黒「すごいよね。3時間20分の
長編ドキュメンタリー作品。
時間に関してはどう思って
お作りになったんですか?」
代島さん「僕も映画の一番適度な
商品としての長さは
知っているんですけど
もうこれ以上切れない、
という感じでした。」
小黒「私もずっと見ちゃいましたね。
学生運動をやった人たちの
熱いドキュメンタリーとしても
見れますが、僕にとっては
1人の人間が人生の終盤に
向かって自分の青春の衝動で
動いた事をどうやって総括
しているのかを、それぞれ
違う思いで語ってくれるのが
面白かったですね。」
代島さん「ちょうどあの僕は1958年
生まれで、団塊世代よりも10歳下です。
逆に言えば、希望も絶望も全部
あの世代に見てきた世代なんです。
小黒さんのいうように、死ぬ前に
総括してくれよ!という思いで
作った部分もあります。」

代島さん「この映画は1967年の
10月8日、ベトナム反戦を唱えて
首相が南ベトナムに訪問するのを
阻止する闘争を羽田空港に通じる
橋の上でやったんです。
そこで、当時18歳の若者が
機動隊に頭を殴られて死んで
しまったと言われているんです。
そして、その若者の兄や友達、
先輩をインタビューで取材しました。
彼の死以降、それが号砲となる
様にその後の学生運動が
どんどん盛り上がっていきます。
ただ、東京大学の安田講堂の
決戦を境に雲行きが怪しく
なっていき、浅間山荘事件などへ
つながっていく…。
70年代に希望を持って始まった、
彼らの闘争が絶望の淵に立たされる
ようになっていくまでを、
1人の死者を中心に描いていく
ドキュメンタリーになっています。」

==================
映画「きみが死んだあとで」 HP
http://kimiga-sinda-atode.com
==================

今夜の選曲…THE ROLLING STONES / JUMPIN’ JACK FLASH

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年05月05日

大企業から、ベンチャー企業への転身…

野菜バイヤー・愛の野菜伝道師 小堀夏佳さんをお迎えしています。
IMG_8844_blog.jpg
*リモートでのご出演です。

ーー小堀さんは中央大学経済学部を
卒業され、住友銀行へ入行されます。

小堀さん「住友銀行時代は、資産運用を
担当していて、外回りが主体でした。
当時もう、金融の預金は儲からないと
いう商品だということで、外貨預金や
投資信託を一般の人に販売し始めた
年に入りました。
資産運用を会社社長や経営者の方に
お話しするのが私の仕事でした。
ただ、私には全くあっていませんでした。
もともと、食べ物が好きだったので
食べ物の会社に入ろうとしていたら、
尽く落とされていたんです。
女性の総合職は1名、取るか
取らないかみたいなところだったので、
全て受けた会社は落とされていたところ、
ご縁で住友銀行の方々と10名くらい
会う機会があって、こういう人たちと
働きたいという思いを持ったんです。
その時は、したいことよりも、
この人たちと働きたいという方向に
変わって銀行に入りました。」

小黒「そういう人たちと働きたいと
思って 銀行員になったと思ったら
たった3年でオイシックスに
転職した理由は何だったんですか?」
小堀さん「外回りをしていた時に、
私は体育会系だったので、1日にローラーで
100件とかをやっていたんです。
あとは名刺に必ず一言書いて
ポスティングするというのを
やっていた時に、数字がものすごく
上がって成績は良かったんです。
ただ、回っていた時にお客様の声を
よく聞くんです。
その際にそれを本店へと返していくんですが
大企業って商品やサービスを替えるのが
簡単にできませんでした。
お客様の声を聞いたら、すぐに
商品やサービスを変えられること
がしたいと思った時に、大企業ではなく
ベンチャー企業だと思いました。
あと、もともと目指していた食への
興味がすごく湧いてきたので、
食のベンチャー企業を探したら
オイシックスしかなかったんです。」
小黒「君がいなかったら今の
オイシックスはなかったと思うよ?」
小堀さん「そんなことないですよ〜。
ただ、オイシックスが成功したのは、
経営者と産地の担当が別だったこと。
産地側から出てきた人って、産地よりに
なりやすい。利益を出していくのが、
それでは難しい。産地と経営が意見を
言い合って最終的な落とし所を
見つけていくのが成功した事例だと
思いますね」

今夜の選曲… I NEVER LOVED A MAN(THE WAY I LOVE YOU) / ARETHA FRANKLIN

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年05月04日

野菜バイヤーとして野菜のヒットを生む、というお話伺います。

野菜バイヤー・愛の野菜伝道師 小堀夏佳さんをお迎えしています。
IMG_8844_blog.jpg
*リモートでのご出演です。

ーーオイシックスで野菜バイヤーとして
試行錯誤の日々を続けていた小堀さん。
ある日、自身が名前をつけた
”ピーチかぶ”という商品が大ヒットしました!

小堀さん「もともと、小玉スイカの
蔓を引っ張って止める誘引という
作業を教わりにいっていた畑で、
遠くの方に1列だけ兵隊のように
カブがポコポコって出ていたんです。
そのカブがあまりに可愛くて
スイカのことより
『あのカブって何ですか?』
って聞いたら、
『これは売れない黒いカブなんだよ』
と言われたんです。
その春のカブを畑で食べた瞬間に
桃みたいな食感だったんです。
柔らかくてすごくジューシーで
見た目もまん丸で桃くらいの大きさ。
これを”ピーチかぶ”って名前で
売り出したらいいんじゃないですか?と、
それで売り出したら大ヒットしたんです。」

小黒「そのピーチかぶは19年前の
話ということですが、その農家さんは
作り続けているんですか?」
小堀さん「他の農家さんでは
作れないというのがあり、
千葉県富里市の田中さんが
今でも作り続けています。
当時は全くの素人だったので、
市場のプロの方々の目利きとは、
全く違う価値判断だったと思います。」

今夜の選曲… CHAIN OF FOOLS / ARETHA FRANKLIN

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年05月03日

銀行員からの転身、野菜バイヤーとなったお話についてたっぷりと伺います。

野菜バイヤー・愛の野菜伝道師 小堀夏佳さんをお迎えしています。
IMG_8844_blog.jpg
*リモートでのご出演です。

ーーまず、愛の野菜伝道師という肩書について伺いました。

小堀さん「20年前に畑を初めて回ったときに、
美味しい野菜には農家さんの愛があると思いまして、
野菜を売るというよりも農家さんたちの
思いや愛を野菜に乗せて伝えたいと思い、
会社にお願いして名刺につけさせていただきました。」
小黒「東京の人が農家の現場に行くと、
『お前たちに何がわかるんだ』って
言われませんでした?」
小堀さん「言われました!
当時は27歳だったので野菜のやの字も
知りませんでした。実際、知らないという
ことを恥をさらして農家さんに
話すと、可愛がってくださって
ひとつひとつお父さんのように
教えてくださいましたね。」
小黒「でも、東京で育って農業を
やっている人も身近にいなかったのに、
畑を回ってみてよく我慢できたね?」
小堀さん「実は私、野菜の部署に
任命されたときものすごく嫌だったんです。
前職は銀行だったし、ケーキとかを
開発するのは憧れだったのですが、
人がいなくて任命されました。
ただ、銀行時代の外回りが
すごくいい経験になりました。
当時、社長や経営者と話す機会が
あったので、同じ土俵に立つには
知識を入れなくてはいけなかった。
農家の方も、物づくりの職人さんという
意識はあったので、農家さんの読んでいる
現代農業という雑誌や、農業新聞を
読んで勉強しながら畑に行っていました。
仕事で回ったのは全国の畑でしたが、
当初は会社のパソコンで調べていたり
して外には出ていませんでした。
初めてキュウリがサンプルで
送られてきた時、キュウリは
味がしないと思っていたんですが、
そのキュウリは味がしたんです!
この味のする理由はなんだろうと、
いう想いに駆られて初めて畑を
見に行ったのが福島だったんです。」

今夜の選曲… I LOVE YOU / ARETHA FRANKLIN

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年04月28日

ロバクッキーと有機野菜作り…というお話です。

写真家・田頭真理子さんをお迎えしています。

%E7%94%B0%E9%A0%AD%E3%81%95%E3%82%93_blog.jpg

尾道ロバ牧場のHPから購入できる、
ロバクッキーをスタジオに用意しました。
缶には黒田 征太郎さんがデザインした
ロバの絵がプリントされています。
茶色のロバと、緑色のクッキーが…
実はこの緑色のクッキー、
スギナという野草が入っているんです!
IMG_8727_%E3%82%AF%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%BC.jpg
田頭さん「スギナのお茶とかって
血液のデトックス作用があると
いうことで、健康にいいということで
スギナのパウダーを練り込んだ
ものです。
地元で野草を研究している方から
スギナのパウダーを購入して、
作るのは地元のお店で作って
もらっています。
東京では銀座にある広島の
アンテナショップにも
置いていますし、ECサイトでも
お買い求めいただけます。
今、先着100名様にロババッチを
同封させてもらっています。」

小黒「他にグッズはないんですか?」
田頭さん「私の撮った写真でロバの
トートバックや、私の撮った写真を
セレクトして作ったフォトスタンドも
あります。」

小黒「ロバの写真展はまだ開催されて
いないんですか?」
田頭さん「2年前、六本木で
ロバの写真展を開かせていただきました。
その循環をしたかったんですが、
今はコロナでできないので、
オンラインで色々な人と写真と
音楽でコラボした作品を
用意中です。」
%E3%83%AD%E3%83%90%E3%81%8F%E3%82%93%E3%81%9F%E3%81%A1_BLOG.jpg

staff| 20:54 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年04月27日

広島県・尾道で「ロバ牧場」を営むお話、伺います。

写真家・田頭真理子さんをお迎えしています。

%E7%94%B0%E9%A0%AD%E3%81%95%E3%82%93_blog.jpg

ーー田頭さんは地元広島県の尾道市で
尾道ロバ牧場を営まれています。
今回は、飼われているロバの側から
リモートで収録を行いました。
%E3%81%8A%E7%88%B6%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8_BLOG.jpg
田頭さん「父が現在全部で5頭ロバを飼っています。
9年前に最初のロバを飼いました。
『プラテーロと私』というスペインの
散文詩があるんですが、父が大学時代に
その本を授業で読んだんです。
その本はロバに作者が語りかけるような
お話だったのですが、父はその描写にとても共感して、
そんな暮らしができたらいいなと思い、
9年前に飼い始めました。」
小黒「それこそ、最初に飼ったロバは
プラテーロという名前なの?」
田頭さん「まさに、その通りです。
ただ、メスだったので『プラテーラ』
という名前にしました。オスのロバは、
5年前にここにきて『プラテーロと私』の中の
獣医・ダルボンから名前をつけました。
現在ロバが5頭、羊が4頭、ヤギが4頭います。」
小黒「田頭さんの牧場を見たいと思ったら、
見学もできるんですか?」
田頭さん「家族でやっているので、
そんなに毎週のようには開けていないのですが、
月二回くらい公開日を作って、インスタグラムなどで
お知らせしています。
遠方から来てくださる方は事前にお電話をしていただいて、
予約という形で言っていただければお見せする事は可能です。」
%E3%83%AD%E3%83%90%E5%85%A8%E9%A0%AD_BLOG.jpg

尾道ロバ牧場の模様はYoutube channel
DONKEY PARADISE 尾道ロバ牧場』でもご覧いただけます。

公式Instagramはこちら
https://www.instagram.com/onomichiplatera/

staff| 20:50 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年04月26日

広島県尾道市でロバ牧場を営む写真家のお話、たっぷりと伺います。

写真家・田頭真理子さんをお迎えしています。

%E7%94%B0%E9%A0%AD%E3%81%95%E3%82%93_blog.jpg

ーー高校生の時に写真家・立木義浩さんとの
出会いが、田頭さんが写真家を志す
きっかけと言います。

田頭さん「長崎のハウステンボスに行った時に、
たまたま入ったミュージアムに立木先生が撮った
有名人のモノクロのポートレートがあり、
それを見た時に私も写真家になりたいと
思ってしまったんです。
本当は立木先生に弟子にしてほしい!という思いで、
先生が北海道に行く時には、オートバイに乗って
追いかけて行って『お前はなんなんだ』って
言われ続けてました。
それで弟子にしてくれるのかと思いきや、
客船「飛鳥」の船内カメラマンの
お話を持ってきていただいたんです。」
小黒「飛鳥には、どのくらいの期間いたんですか?」
田頭さん「丸一年ですね。大体一回乗ると
3ヶ月はずっと乗船して、
記念写真を撮る仕事をしていました。
立木先生もよく言っていたのは
『写真の基本は記念写真だ!
お前そこで修行してこい!』
ということでした。
何も知らなかったのですが、
ひたすらお客さんの写真を
いろいろなところで撮らせてもらいました」

ーー田頭さんはその後、東日本大震災の
被災地の復興を写真の力で後押しする
イベントに参加されました。そして、
現在Youtube上で「みちのくの、ひと
という動画も公開されています。

田頭さん「震災が起きた後で、ずっと
悶々としていた日が続いていたんですが、
震災後の4月に被災地へ直接出向いたんです。
とにかく自分の目で見て、現地でいろいろな
人たちの話を聞きたいなと思って行きました。
その時にお会いして聴いたお話がすごく
頭の中に残っていて、その印象を
Youtubeにまとめてみたいなと思い制作しました。」
小黒「この動画にはTim Janisの楽曲が
使われていますが、誰かが使うことを
提案したんですか?」
田頭さん「私の写真を見てくださった
広告プロダクションの音楽プロデューサーの方が
『ティム・ジャニスの曲と合わせて、Youtubeで公開しませんか?』
という提案をしていただいて、制作しました。」

動画「みちのくの、ひと」はこちらからご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=NvLYQyl-qTk

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年04月22日

今夜もまだまだ、きのこの魅力伺います!

今週のゲストは東京農業大学学長・江口文陽さんです。
LOHAS_%E6%9D%B1%E8%BE%B2%E5%A4%A7_%E6%96%B0%E5%AD%A6%E9%95%B7%E3%83%BB%E6%B1%9F%E5%8F%A3%E6%96%87%E9%99%BD_%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0.jpg
※リモートでのご出演になります。

ーー中国雲南省が、キノコの聖地と言われている??

雲南省にはキノコのみを
扱っているような、市場があるんです。
本当に中国全土からいろいろなキノコが
集まってきます。袋の中にたくさんの
キノコを買っていって、調理することで
常備菜として家庭で用意しておきます。
あるいは、鍋…中国だと
火鍋にして召し上がっていたりするんです。
まさにキノコを一つの主食として
利用しているような中国の国民がいて、
その台所を担う市場が、雲南省にはありました。


小黒「先生はキノコの学問を教えるときに、
食べ方のように、その楽しみ方も
一緒に教えられているんですか?」
江口さん「はい、キノコをただ単に研究する
と言ってもそれがどういう風に
利用される…どういう風に食べるか…といった
ことがわからなければ、生きた学問にはならないので
学生たちには食べ方、あるいはどういう利用の仕方が
あるのかということを意識して
勉強してほしいということは伝えています。」

ーー現代は健康ブームで栄養をサプリで
摂取する方も増えました。
しかし、キノコはサプリメントにしてしまうと、
その効用がほとんどなくなってしまうと言います。

サプリメントにしても、
効能というものは残ると思います。
しかしながら鮮度の高いものを
まんべんなく日常生活の中で
摂っていただきたい。
私は農学の研究者ですから、
効用的、医学的、健康食品的ではなく、
農産物の需要拡大を目指しています。
あるいは、農家さんの応援もしたい
という思いも込めて生食を
食べていただきたいなと思います。」

今夜の選曲…チャタヌガ チュー チュー/細野晴臣

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年04月21日

実は、きのこ博士でもあるんです…!というお話です。

今週のゲストは東京農業大学学長・江口文陽さんです。
LOHAS_%E6%9D%B1%E8%BE%B2%E5%A4%A7_%E6%96%B0%E5%AD%A6%E9%95%B7%E3%83%BB%E6%B1%9F%E5%8F%A3%E6%96%87%E9%99%BD_%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0.jpg
※リモートでのご出演になります。

ーー江口先生は、元きのこ学会会長で
「きのこ博士」としても知られています。

江口さん「地球の創生時代からキノコ、
あるいは微生物がなければこの地球上は
うまく構築されてこなかったと思います。
微生物…つまりキノコというものがあって、
その学問は知らず知らずのうちに研究
されてきたと私は考えております。
土を豊かにしてくれるミミズが
育つためには土壌がなければ行けません。
その土壌の中には有機物が存在しなくては
いけません。
木から落ちた葉っぱや枝を分解するもの、
そしてミミズの餌になる有機物を
作り出す…その根源となるものが
キノコなんです。
キノコはミミズの前に存在する一つの
生物であると私は言えると思います。」

江口さん「例えば、木が茶褐色にするのは
リグニンという成分なんです。
キノコはリグニンを分解する酵素を持っています。
リグニンの構造はダイオキシンなどの
構造などと非常によく似ているため、
ダイオキシンの量を自然環境から
減らしていく酵素を持っているともいえます。」
小黒「環境の修復に活用という点では
雲仙・普賢岳の噴火後の土壌回復に役立ったんですか?」
江口さん「雲仙・普賢岳においては
植物の種をヘリコプターから散布するだけではなくて、
植物が育つための根っこと共生する
菌根菌のコツブタケというものを一緒に撒きました。
植生回復の時に、微生物が役立つ。
それがまさに雲仙普賢岳に
緑をもたらすキノコの力が加わりました。」

ーーキノコ博士が勧める、キノコ料理とは?

江口さん「オオシロアリタケ、シロアリシメジと呼ばれる、
シロアリの巣の上部に出てくるキノコがあります。
これはシロアリの巣の糞をキノコが分解し、
栄養素として成長し巣の上部から土を破って出てくるキノコ。
それはとても旨味があって美味しいキノコなんです。
滅多にたべられないんですが、
シロアリとギブアンドテイクをしながら
人間にも食材の恵みを与えてくれるキノコも
あるということを知っていただきたいです。
このシロアリシメジは、
素揚げにしたり、天ぷらにしたり、
野菜と炒めて食べたりして
美味しくいただけます。」

今夜の選曲…北京ダック / 細野晴臣

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー