2020年01月22日

新作映画『いただきます ここは、発酵の楽園』、 その見どころは?

映画監督のオオタ ヴィンさんをお迎えしています。

200117_4.jpg

新作映画『いただきます ここは、発酵の楽園』、
劇中に出てきた菌ちゃん先生こと、
吉田俊道さんがとても面白かったです。
オオタさん「相当インパクトが強いですよね。
自分でも有機農法をしながら、子どもたちに
如何に地面の中の微生物と、お腹の中の微生物が
繋がっているんだという、わりと画期的な
食育をやってらっしゃる方なんです。
(劇中に出てくる)里山で遊んでいる子どもたちも
仕草や言っていることが面白かったりするので、
結構試写会は爆笑なんですね!」

新作映画「いただきます ここは、発酵の楽園」
1月24日より アップリンク吉祥寺ほか 全国順次公開
320.jpg

今夜の選曲:星めぐりの歌 / 坂本美雨/CANTUS

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年01月21日

新作映画『いただきます ここは、 発酵の楽園』に込めた思いとは?

映画監督のオオタ ヴィンさんをお迎えしています。

200117_3.jpg

オオタヴィン監督の新作映画
「いただきます ここは、発酵の楽園」が、      
1月24日よりアップリンク吉祥寺ほか、
全国順次公開されます。改めて、
今回のテーマなど作品をご紹介いただけますか?
オオタさん「自分ではポエトリードキュメンタリーと
と言うときもあるんですが、ただ事実を報道するのも大事なんですが、
記録というより記憶に残る映画みたいなことをいうことで、
せっかく映像なので、映像の感覚に心情的に考えさせるというか。
腸活についても天動説と地動説ぐらいの認識変化が今起こっていて
今は皆殺しにするのではなく、共生するのだ!
みたいな話になっているんです。農業についても
化学肥料を使って近代農業を築き上げてきたんだけど、
その弊害が健康被害などで起こってきていたりする。
その解決方法は実は簡単で、もともと土が持っている、
自然な力を生かして生かして生かしていけばいいんだと。
微生物を生かすという話なんですけども。
というような土の健康と、子どもたちの
健康を重ねがら表現したということなんですね。」

新作映画「いただきます ここは、発酵の楽園」
1月24日より アップリンク吉祥寺ほか 全国順次公開
320.jpg

今夜の選曲:日曜日よりの使者 / HIGH LOWS

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年01月20日

初監督作品の映画「いただきます みそをつくる子どもたち」に込めた思いとは?

映画監督のオオタ ヴィンさんをお迎えしています。

200117_1.jpg

初監督作品の映画「いただきます
みそをつくるこどもたち」、
こちらの映画はどんな内容に?
オオタさん「この映画は福岡県の保育園の話なんですが、  
200人いる保育園で毎食みそ汁が出るんですが、
そうすると年間に1トンぐらいの味噌が必要になるんです。
この1トンぐらいの味噌を全部5歳児の園児たちが
毎月仕込んで、出来上がると
順次飲んでいくという保育園なんです。
100%子どもたちが仕込んだ味噌を熟成すると
自分たちが飲んでいくんです。」

「一見食育映画的なジャンルで見て頂くんですが、
根本的には食養生という日本の家庭の中で、
如何に医者とお薬が無くて、健康を維持するかという文化があって、
それをこの保育園は実践しているんですね。」

新作映画「いただきます ここは、発酵の楽園」
1月24日より アップリンク吉祥寺ほか 全国順次公開
320.jpg

今夜の選曲:ノスタルジア / 坂本美雨/CANTUS


staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年01月16日

1月20日から1月23日は

映画監督のオオタ ヴィンさんをお迎えします。

200117_1.jpg

1960年愛知県生まれ。2016年初監督作品となる
ドキュメンタリー映画
「いただきます みそをつくるこどもたち」が
全国600箇所で上映され、観客4万人を更新中。
伝統文化が消えていく前に映像で伝承していくことを
ライフワークとし、 イーハトーヴスタジオを
主宰されていらっしゃいます。

staff| 19:57 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年01月16日

【Podcasting 第666回】指出一正さん

今回のポッドキャスティングは、
1月14日から1月16日放送分、
ソトコト編集長の指出一正さん。

staff| 19:55 | トラックバック(0) | カテゴリー:ポッドキャスティング

2020年01月16日

参加したくなるローカルプロジェクト

ソトコト編集長の指出一正さんをお迎えしています。

200114_2_edited-1.jpg

2020年、最初の号となる2月号はどんな特集でしょう?
指出さん「1月5日発売号となるんですが、
「参加したくなるローカルプロジェクト」という特集です。
プロジェクトの特集は要望が多いので、
毎年作るようにしているんですが、
毎年新しいプロジェクトが生まれて
良いことだなと思っています。
興行的にどこからか読んでイベントを
楽しむというのも良いんですが、
自分たちでもイベントを生み出せるというのを
わかった人たちが、マルシェをやったりですとか
イベントをやったりですとか、
地域でワークショップをやったりですとか、
そういうプロジェクトをやる人たちが各地に広がったので、
お手本になる実例がたくさんありました。
それを2月号では特集しています。」

今夜の選曲:QUIET VILLAGE / MARTIN DENNY

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年01月15日

世代間闘争となった環境問題

ソトコト編集長の指出一正さんをお迎えしています。

200114_3.jpg

去年はスウェーデンのグレタさんが
環境問題の問題提起をしましたが、
こちらに関してはどうでしょうか?
指出さん「グレタさんはカッコいいですよね。
何がカッコいいって英語がうまいです。
あと、環境問題っておそらく世代間闘争ですよね。
多分1969年に日本で起きたようなことを、
今 グレタさんは世界中の大人に対して、
自分たちの世代をどうしてくれたんだ!
という世代間闘争が環境問題だと思うんですよね。
世界や日本で起きていることって、ほとんどのことが
世代間の闘争なんじゃないかと思います。」

今夜の選曲:CHANT OF THE WEED/SONG OF INDIA / MARTIN DENNY

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年01月14日

広がるSDGsと関係人口、 参加したくなるローカルプロジェクトのお話

ソトコト編集長の指出一正さんをお迎えしています。

200114_1.jpg

ソトコトのデジタル化、
sotokoto onlineを先日出しましたが、
どんな反応、実感を持っていますか?
指出さん「オンラインサロン面白いですね。
まず、4月にソトコトのオンラインメディア
「sotokoto online」を作って、8月の後半から地域の
編集講座ラボを作って、今110人ぐらいの方が各地います。
20代、30代、40代の地域とか、ローカルとか、
SDGsに興味ある方が受けています。
やって面白かったのが、これまで行政の職員として、
一生懸命走っていた方とか、クリエイターやプレイヤーとして、
第一線で活躍されている方とかがいて、
一定の会場やステージに出向くことは難しいけれども、
オンラインサロンだったら、いつのタイミングでも
見れたりするので、後から小黒さんや僕が話している会に
参加できるようになったんですね。」

今夜の選曲:THE LEFT ARM OF BUDDHA / MARTIN DENNY

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年01月09日

1月14日から1月16日は

ソトコト編集長の指出一正さんをお迎えします。

200114_1.jpg

広がるSDGSと関係人口、参加したくなる
ローカルプロジェクトのお話などたっぷりと伺います。

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年01月09日

【Podcasting 第665回】三上敏視さん

今回のポッドキャスティングは、
1月6日から1月9日放送分、
音楽家で神楽・伝承音楽研究家の三上敏視さん。

staff| 19:55 | トラックバック(0) | カテゴリー:ポッドキャスティング

2020年 Jan月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


バックナンバー