2021年11月22日

世界で最も美しい本コンクール2018・銀賞を受賞した絵本「くままでのおさらい」について伺います。

画家、そして作家の井上奈奈さんをお迎えしています。
%E4%BA%95%E4%B8%8A_%E3%82%BD%E3%83%AD.jpg
――京都府舞鶴市生まれ。
16歳で単身アメリカへ留学され美術を学び
武蔵野武術大学を卒業。国内外での個展や
アートフェアにて作品発表を続け、近年は
絵本作品を発表されています。
絵本『くままでのおさらい』
特装版がドイツで開催された
「世界で最も美しい本コンクール2018」
にて、銀賞を受賞されています。

小黒:この『世界で最も美しい本コンクール』に
出品した経緯って?

井上さん:まず各国で造本装丁コンクール、
という形で出品代表作品が何作品か
選ばれます。そこからドイツでまた
審査にかけられます。
%E3%81%8F%E3%81%BE%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AE.jpg
今回の『くままでのおさらい』は
二段階でお皿の形に窪んだ表紙……
さらに、その一番底の部分に箔押しで
タイトルが入っているのは技術的に
評価されていました。
あとは、海外の作品は帯がある作品が
ほぼないんですが、この作品には縦帯を
つけてそこにくまがちょこんといるのが
いいと評価に書かれていました。

小黒:あなたの作品は特装版とか
あるんだけど、値段はどのくらい違うの?

井上さん:すごく違っています。
「猫のミイラ」という本はハンディ版が
2600円で、特装版が5500円です。
さらに愛蔵版というのも作っていて
それは20万円超えていきます。

staff| 15:47 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年11月18日

ホテル中津川プロジェクトとは?

今週のゲストは、丸山木材工業株式会社(マルヤマグループ)代表取締役・丸山大知さんです。
%E4%B8%B8%E5%B1%B1%E3%81%95%E3%82%93_%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB_BLOG.jpg

小黒:そして、ホテル中津川プロジェクト…
これは一体なんですか?

丸山さん:これは丸山木材が製材業を
初めて柱材や板材の差別化が難しいと
いうことで、どうやったら中津川の
木材の良さを知ってもらうために
「meet tree」という化粧品事業も
始めたわけですが、実際の木材も
良さも知ってもらいたい……
ということで、ホテルを建築して
その内装や構造に木材を使用し、
宿泊者の方にヒノキの良さを
知っていただくというのがコンセプト
になっています。
今、耐火木材というのが発明されて
いて、今回の中津川ホテルも
竹中工務店さんの協力を得て、
2時間火に耐えられる「燃エンウッド」
というものを使って木材が鉄を
支えているというユニークな工法です。
内装もヒノキを使うので靴を
脱いで素足でヒノキを感じて
いただけます。

小黒:一番肝心なことを
お聞きしたいんですけど…
お風呂はヒノキなんですか?

丸山さん:実はですね…本当は大浴場は
ヒノキ風呂にしたかったんですけど、
ヒノキが香るお風呂になっています…が、
小黒さんにそうやって言って頂いたので
検討させて頂きます!

小黒:大浴場もついて何室くらいあるの?

丸山さん:5階建てで94室あります。
大部分は鉄骨ではあるんですが、
要所要所に木の柱を使っています。

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年11月17日

ヒノキの葉を使った化粧品「meet tree」とは?

今週のゲストは、丸山木材工業株式会社(マルヤマグループ)代表取締役・丸山大知さんです。
%E4%B8%B8%E5%B1%B1_MEETTREE.jpg

――丸山さんが、木材業のイメージを変えたいと
新たに始めた事業が、化粧品です。
商品名は「meet tree」。
今回はスタジオの一部の商品をお持ち頂きました。
%E4%B8%B8%E5%B1%B1_%E5%95%86%E6%9D%90.jpg

丸山さん:昔から化粧品が好きで色々な会社の
ものを試して使っていたんです。
ある商品…すごく売れていた女性向けの
化粧品がヒノキの匂いにすごく近かったんです。
そのとき、大好きな化粧品にヒノキの
エッセンスを入れて作ることができないか
ということを、考えたんです。
ヒノキの精油は、木部の精油が多いんですが
我が社は葉っぱの精油を多用しているのが
特色です。というのも、よく言われる森林浴
というのは葉っぱから揮発した成分を
吸い込んでリラックス効果があると
わかっているんです。

小黒:ちなみにこの商品名の
『meet tree』はどのようにして
名付けられたんですか?

丸山さん:実はこれは私の妻が
考えたんです。ヒノキ(桧)を漢字で
書いたときに“木偏に会う“と
書くよね、といってくれたことで、
木=Tree、と会う=Meetを
組み合わせて『meet tree』という
名前にしました。

商品自体はバス用品が多いです。
シャンプー、コンディショナー
ハンドソープ、ハンドクリーム。
そして、今、注目をいただいているのが、
ヒノキの殺菌効果を利用した柔軟剤です。

――こちらの商品は、ネットでの通販も行っております。
東京では渋谷ヒカリエShinQs5階
東急ハンズ新宿店でお買い求めいただくことができます。

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年11月16日

地域から感謝される企業へというお話、伺います。

今週のゲストは、丸山木材工業株式会社(マルヤマグループ)代表取締役・丸山大知さんです。
%E4%B8%B8%E5%B1%B1%E3%81%95%E3%82%93_JWAVE_.jpg

小黒:丸山さんがお勤めになった
住友林業というのは、昔からSDGs
ど真ん中の活動をしてきた会社だと
思います。そこで学びを得た丸山さんが
ご自身の会社でどのようなSDGsに
対するお考えをお持ちなのか
教えてください。

丸山さん:私は2年前にグループの
社長に就任しました。
その際に、どういった舵取りを
やっていこうと考えたときに、
地域や社会から必要とされ
感謝される企業であるということを
基本方針に掲げました。
木材は、昔から様々な用途で
使われてきました。それを
また植林すれば再生するというのが、
木材の魅力だと思っています。
おまけに二酸化炭素まで吸ってくれる。
こんなにすごい木材をみんなが使わない
のかと思って製材業を始めたりしました。

――丸山さんの工場では地元の小学生向けに
見学会も開かれています。

丸山さん:(見学会では)製材業が
何かということと、良質な木材が
住んでいる地域にあることを説明
しています。
子供達の中には、木材を切ることが
環境破壊や悪いことだと思っている子が
すごく多いんです。その誤解を
解きたいんですよね…木材は
植林してまた生えてくるし、
紙や電気になったり余すところ
なく使える材料が自分たちの街に
あることを知ってもらい、
それをおじさんの会社が全国へと
送っているということを
伝えています。

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年11月15日

製材業、その事業内容と苦労というお話、伺います。

今週のゲストは、丸山木材工業株式会社(マルヤマグループ)代表取締役・丸山大知さんです。
%E4%B8%B8%E5%B1%B1%E3%81%95%E3%82%93_JWAVE_.jpg

ーー1979年生まれ岐阜県中津川市出身。
大学卒業後、住友林業を経て、2007年
家業の「丸山木材工業」へ入社。2019年代表取締役に就任。
暮らしに関わる総合クループ企業として事業展開を進め
森林の重要性を伝えたいと活動を続けられています。
丸山木材工業株式会社は、創業105年。
これまで、主にどんな事業をされてきたのか、
教えていただきました。

丸山さん:丸山木材工業は岐阜県中津川に
ありまして、名古屋から1時間ほど長野方面に
向かったところにあります。
中津川は人口8万人ほどの街で、
かつては木材業や製紙業で栄え、
観光では中山道の宿場町などでもあり、
栗きんとんが発祥の地でもあります。
そんな街で、製材業から始まり
ガソリンスタンドや三菱電機向けの
家電製品の部品製造や、道路の
安全施設業…保育園や幼稚園も
やっております。

――丸山さんは、総合クループ企業として
事業を展開していく中、2014年に、    
材木の製材会社を新たに立ち上げられています。

丸山さん:住友林業時代にカナダの
バンクーバーに駐在させてもらって、
カナダの木材を日本に送る仕事を
していました。地元で家業に戻った時に
見渡す限りの山に囲まれているにもかかわらず、
地元で扱っているのは輸入木材が
ものすごく多かったんです。
木材は山ではなく海にあると言われていました。
材木屋というのはみんな沿岸部にあって、
輸入木材を扱っているのが典型だったんです。
でも、私の地元岐阜県というのは
海のない県でそんなにたくさん木材が
あるのにもかかわらず、わざわざ海から
輸入木材を持ってくるのに違和感を
持って、製材業を始めました。

小黒:改めてその製材業というのを
教えていただけますか?

丸山さん:丸太を板や角材にするのが
製材業です。そこで、角材や板材に
した後で乾燥させて水分を抜いて
鉋がけをして、建築会社などに
供給するのが生業です。

小黒:でも、それだけ丁寧に手を
かけていても、あまり儲からないんでしょ?

丸山さん:始めた頃は柱一本1500円
みたいなことがありました。50年以上かけて
育ててきた丸太材が1500円だったんです。
今、ウッドショックの影響で倍近い値段には
なっていますが、ここ数年本当に苦労してきました。

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年11月11日

料理も行うバーテンダーの進化形「ミクソロジスト」とは?

アイデイ商事株式会社 代表取締役土居景久さんをお迎えしています。 
%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%BB%E5%9C%9F%E5%B1%85_BLOG.jpg

※リモートでのご出演です。

小黒:僕もお酒好きなんですが、全然
知らなかったこの“ミクソロジスト”
この職業について教えていただけますか?

土居さん:ミクソロジストは、
基本的にはバーテンダーになるんですが、
その知識に科学的な要素を入れたり、
今まではやっていなかった料理の知識を
持っている…いわゆるバーテンダーの
進化系のような人たちのことを
ミクソロジストと呼ばれています。

小黒:ミクソロジストになると
普通のお酒を用意する際にも、使う材料が
違ったりするんですか?

土居さん:そうですね。
自分のところで小さい蒸留機を作ったり
あるいは、モヒートなんかをキャビア状に
して食べさせたりと…
バーテンダーとはまた違ったアプローチで
カクテルを“食べさせる”というのが
ミクソロジストです。
エベンフリーマンというNYの
有名なミクソロジストがいまして、
彼が香港のマンダリンオリエンタル
ホテルのメニュークリエイションと
バーテンダートレーニングをしていた
時に仲良くなりました。

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年11月10日

ナイトライフと文化成熟度というお話、伺います。

アイデイ商事株式会社 代表取締役土居景久さんをお迎えしています。 
%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%BB%E5%9C%9F%E5%B1%85_BLOG.jpg

※リモートでのご出演です。

小黒:土居さんの会社では世界4大スピリッツ
(ジン、ウォッカ、テキーラ、ラム)の取扱も
あるんですか?
IMG_6041.JPG
土居さん:テキーラはやっていないんですが、
ジンは以前やっていました。
弊社が扱うのは、青田刈りと言いますか、
まだ有名にはなっていないけれど今後
有名になっていきそうだなと思うものを
見極めて扱っていました。
弊社が以前扱っていたジンも、実は世界で
2番目に大きな超大手のスピリッツ
メーカーに買収されてしまいまして…
日本の販売権を失ってしまったという
背景もあります。

小黒:今、ビールもクラフトビールを
扱ってみたりと、少量品種のブームの
ようなものを感じていますが、
手応えとしてはどんなものですか?

土居さん:やっぱり消費者の皆さんの
購入のモチベーションというものが
少しずつ変わってきているのかなと
思います。今までの大量生産で
安いものというよりも、ちゃんと
した目的を持っている商品の方が
好まれる傾向だったり、消費動向の
方もそのように変わってきていると
思いますので、そういう意味でも
弊社のフロール・デ・カーニャも
ポテンシャルが高いんじゃないかなと
思っています。
弊社としては、音楽業界やイベント業界に
協賛させてもらって露出の機会を
増やしているんですが、COVID-19の
せいで広告活動もままならない状況に
なっています。

小黒:土居さんはナイトライフという
考えがお有りと。文化の成熟度が高い
民族にはナイトライフが必要だと
いうことですが、これについて教えて
ください。

土居さん:お酒自体は昔から作られて
いて、決して文化成熟度高いところで
流行るとは考えていないんですが、
いわゆるカクテル文化。
これは、料理と通じるところが
ありますので知識を組み合わせて
こうしたお酒ができるであろうという
クリエイティビティが必要に
なってくる職種です。
そうしたことが理解できる土壌
というのは文化成熟度が高くないと
なかなか通用しないんじゃないかと
思います。

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年11月09日

サステナブルなラム酒「フロール・デ・カーニャ」とは??

アイデイ商事株式会社 代表取締役土居景久さんをお迎えしています。 
%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%BB%E5%9C%9F%E5%B1%85_BLOG.jpg

※リモートでのご出演です。

小黒:先日、土居さんの会社で扱っている
プレミアムスピリッツの「フロール・デ・カーニャ」という 
ラム酒を先日、飲ませて頂きました。
これはまったりしていて全然違うラム酒でしたね。
%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%87%E3%82%AB.jpg

土居さん:ありがとうございます。
「フロール・デ・カーニャ」は、1890年から続く
老舗蒸留所で作られるニカラグア産のラム酒です。
サンクリストバル山という活火山の麓に
蒸溜所があるので、火山灰を多く含んだ
肥沃な土壌で育ったサトウキビを原材料に
使っています。
また火山灰のミネラルを豊富に含んだ地下水も
使っています。最後に加水してアルコール度数を
40度まで下げています。
そうした意味で非常にナチュラルで、
バニラやキャラメルの風味が感じられる
上品な味わいが特徴のラム酒になっています。

――さらに、この「フロール・デ・カーニャ」は
世界で唯一地球環境に優しいサステナブルな
ラム酒ということで、カーボンニュートラルと、
フェアトレードの認定を受けています。

土居さん:事業が排出している温室効果ガスが
どれだけあるかを算出し、他の場所で実現した
温室効果ガスの排出量削減というのを購入したり。
もしくは、温室効果ガスの吸収を実現する
プロジェクトや活動を実施して排出量と
吸収する分を埋め合わせる活動を行なって
カーボンニュートラルの
認定を受けています。

小黒:あと、従業員の方もかなり大事に
されていらっしゃるとのことですが。

土居さん:これもフェアトレードの
認証を取得しておりまして、
いわゆる労働や生産される製品に
見合った正当な価格で継続的に取引
することで、生産者の生活を向上
させることを目的としています。
フロール・デ・カーニャに関しては、
工場の中に、病院を作ったり
従業員の子供たちが通える学校を
作ったりと福利厚生にかなり力を
入れている会社なんです。

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年11月08日

アパレルから、お酒の世界へ…というお話、伺います。

アイデイ商事株式会社 代表取締役土居景久さんをお迎えしています。 
%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%BB%E5%9C%9F%E5%B1%85_BLOG.jpg

※リモートでのご出演です。

ーー土居さんは、1977年兵庫県生まれ。
大学卒業後、商社を経て2006年アイデイ商事に入社と同時に、
香港に現地法人を(ID SHOJI FAR EAST LTD)を創業。
2011年に、代表取締役就任され、
ワインやスピリッツ・リ キュールの
ブランディングを手掛けていらっしゃいます。
世界の酒類の輸入および卸売を手掛けていらっしぃます。

小黒:アイデイ商事は、土居さんで3代目ということ
ですが、どんな事業をなさっていたんですか?

土居さん:ネジや鋲の製造であったり、建設会社の
事業を営んでいたようです。

――土居さんは、29歳で商社を辞めて、
家業のアイデイ商事に入社されます。
帰国はせずに、そのまま香港で 
事業を立ち上げられました。

土居さん:商社勤務の時に海外研修生に選んで
もらってそこで、香港への赴任ということに
なりました。そこでは洋服の生地をヨーロッパの
お客様へ販売する仕事をしていました。

小黒:お酒に関わる仕事ではなく、
最初はアパレルだったんですね。
お酒に関わるきっかけというのは
何だったんですか?

土居さん:最初に29歳で独立という形に
なったんですが、生地の商売も同時に
やっていたんですが、メインプログラムになれば
そこそこいい収入にはなるんですが、
末端のプログラムになるとあまりいい収入には
ならないんです。
なので、毎日いい収入が入るような商売を
探していました。
私が音楽が好きで趣味でDJをやっていて、
夜…ナイトライフの方が好きだったんです。
そこで、お酒というのが親和性があるんじゃないか
と考えていたところ、当時よく遊んでいた友人が
オーストラリアからお土産で買ってきてくれた
スパークリングシラーズというお酒が僕にとって
すごく新しかったんです。
赤ワインでスパークリング、さらに冷やして飲む。
甘みがあってすごく飲みやすくて美味しい。
そこで、ラベルを見てみたらNo Brandって
書いてあるんです。
ブランドついていないんだ…ということで
調べたらワイナリーが作っていて
名前もつけずに売っているというのが海外では
あるとわかったんです。
それを聞いて、自分にとって新しいし、
その友人と一緒にブランドを作っていこうと
いうことで、お酒という事業に入っていきました。

今夜の選曲…MY FAVORITE THINGS / JOHN COLTRANE

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年11月04日

地元の食材を活かしたここだけのメニューとは?

沖縄のフレンチレストラン 6(シス)のオーナーシェフ小杉浩之さんです。 
%E5%B0%8F%E6%9D%89%E3%81%95%E3%82%93_LOHAS_BLOG.png
※リモートでのご出演です。

――小杉さんは最近「琉球古地鶏」を
ジビエ料理にされました。

小杉さん:地元の今帰仁アグーの
生産者高田さんという方から提供して
いただきました。
ほとんど野生の環境で育てられますので、
身がぎゅっとしまってキジのような
食感です。まだ料理自体は完成は
していないのですが、キジとよく
似ていますのでしっかりとした
スープで煮込もうかなと考えています。

小黒:まだまだ地元産の食材で
試されているものはありますか?

小杉さん:あんまり手に入らないんですが
キビガイという小さい貝があります。
アサリに似ていますが、少し小ぶりな
貝です。それは地元の方が採ってくるん
ですが、そういった食材が結構多いんです。
そういったものを使ってメニューに入れたり
するのを考えています。
沖縄の宮廷料理を参考にしつつ、
それを自分なりのアレンジを加えたりして
食材探しもしています。

小黒:僕驚いたのは、魚の形をした
木製オブジェだとか、料理の器でないものに
盛り付けられたりしているんですが、
こういった器探しはどなたがやって
いるんですか?

小杉さん:夫婦二人でやっています。
よく他の人からもどうしてこういった盛り付けを
するのかと聞かれるんですが、僕にしてみると
当たり前のことなんですよね。
たとえば、魚の料理を魚のオブジェに乗せる、
もう理にかなっているじゃないですか。
関連性のあるものを器にしたいんです。

小黒:レストランをオープンして、2年もしないうちに
新型コロナ……逆にコロナバブルになってしまった
というお話しでしたが、これから
お店でどんなことをしたいと考えていますか?

小杉さん:やはりこの立地、ロケーションなので
それに負けないようにしたい。
1度きていただいたら忘れられないようなものを
作らないと2度目はないと思っていますので
皆さんが言う6 SIXの料理は奇想天外…
というのをもっともっと追求したいなと
思いますね。

=====================
小杉さんのお店 フレンチレストラン「6 SIX」
※完全予約制
address:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利499-1
Tel:0980-56-3733
HP:https://six-kouri.com
=====================

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年 Nov月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        


バックナンバー