2021年01月13日

こだわりの素材とパン業界にイノベーションを起こす就労改革とは?

株式会社グローバル プロダクト プランニング代表取締役CEOの佐々木佳一さんをお迎えしています。

IMG_7138_blog.jpg

ーー『7Clover』の一番のオススメは『南平台ブレット』です。
そのこだわりとは…。

佐々木さん「開業する前に美味しいパン屋を
40店舗くらい見て回ったんです。
必ず食パンとレーズンパンとカレーパンを食べて
そのお店の力量を見ました。
今もリサーチを続けていて70店舗位回って
いるんですが、ウチ以上に美味しいパンに
出会ったことないんです。
こだわりは、白神山地の酵母…その酵母を
使うんだったら、水も白神山地のものを
使った方がいいんじゃないかということで、
取り寄せてからしっくりくるパンができました。
あと、小麦も相当珍しい北海道のいい小麦を
使っています。
かなり、パン業界で重鎮の方から分けていただいて
口止めされています笑。」

小黒「あと、スタジオにはレーズンブレッドが
あるんですが、すごいレーズン入ってるんですが、
これにもこだわりがあるんですか?」
佐々木さん「普通のパン屋さんの、2倍3倍
入れていると思います。
あと、このレーズンには日本酒を漬けています。」

IMG_7129_blog.jpg
↑左が日本酒をつけたレーズンたっぷりのレーズンブレッド、
右がおすすめの南平台ブレッドです。

佐々木さんは、パン業界に進出してイノベーションを
起こそうとしていらっしゃいます。
佐々木さん「パン業界に務めている方が、朝の2時半に
お店に来て準備しているという話を聞いて、
過酷な仕事場だと知りました。
それがいいか悪いかではなく、何か変えたいなと、
思っていまして。
私たちはパン屋ですが、レストランもあって、
バルもある。夜、帰りがけに寄ってもらって
パンを買っていただいて、朝食べていただく…
その時に一番おいしい形を作ろうとやっています。
私たちは、朝7時に来てもらってすぐに作れるパン…
…前日から熟成していたものを出せるようにしてます。
とにかく、働いていても無理がないようにという形を
作ろうと思っています。」
=========================
『7clover』
東京都渋谷区南平台町12-8
+F.Square 1F
営業時間 7:30~20:00 (LO 19:00)
公式HP https://www.7clover.jp
=========================

今夜の選曲… RAIN / BEATLES

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年01月12日

渋谷・南平台でベーカリー&ビストロ「7clover」を経営。おいしいパンと新たな挑戦とは!?

株式会社グローバル プロダクト プランニング代表取締役CEOの佐々木佳一さんをお迎えしています。

IMG_7137.JPG

ーー渋谷の南平台にあるベーカリー&フレンチビストロ
「7clover」が2018年にオープン。
それまで、マーケティングや化粧品などの商品開発を
している佐々木さんの会社がベーカリーやビストロを
始めたきっかけとは…?

佐々木さん「5年前に、EC事業部の
会員様にアンケートを取ったんです。
私たちの会社は、香りは人を幸せにする、
というのがモットーですので、
『お客様に取って幸せな香りってなんですか?』
って、質問したんです。
一番が焼き立てのパンの香りだったんです。
次に、ワインとかコーヒーの香りで、
その次が味噌汁や炊き立てのご飯だったんです。
食べ物ばかりで、ウチの商品は出てこなかったの
ですが、逆にここをお客様との
接点にしてはどうかと考えました。
自社ビルの1階をレストランにしてみよう、
ということで始めました。
香りから飲食関係に入ったということで、
異色だとは思うんですが、家賃もかからないし、
奥まったところなのでどこまでやれるか、
勉強しようと3年間は試行錯誤して
やっています。
お客様は、地元の方が多くて、街の重鎮の方
だったりが来て、皆さんの待ち合わせ場所に
なっていたりもします。
実は、渋谷の南平台町にベーカリーは、
初めての出店だったとのことで。」

小黒「昨年はコロナの影響もあったと思いますが、
いかがでしたか?」
佐々木さん「私たちの会社は、感染予防商品を
販売しておりまして、前年120%以上の
売り上げを出しています。
もちろん、レストランの方は下がっては
いるんですが、全体的にはそんなに下がっていません。
その間に新商品を開発したりをできています。」

=========================
『7clover』
東京都渋谷区南平台町12-8
+F.Square 1F
営業時間 7:30~20:00 (LO 19:00)
公式HP https://www.7clover.jp
=========================

今夜の選曲…WE CAN WORK IT OUT / BEATLES

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年01月06日

通い続けた愛媛県・忽那諸島の魅力とは?

ソトコト編集部・デスクの竹中あゆみさんをお迎えしています。

takenaka_blog.jpg

*リモートでのご出演です。

ーー竹中さんは忽那諸島に通われている、ということで
まずは忽那諸島について教えていただきました。
FH010015_b%E3%81%89g.jpg
竹中さん「愛媛県の松山市管轄の島になります。
愛媛と広島にある9つの有人島で成り立つのが、
忽那諸島という場所で、愛媛側からフェリーと
高速船で乗り継いで行くことができます。
観光ウェルカムにしている島ではないのですが、
東京からも松山空港に行って仕舞えば、
フェリー乗り場まで行けるのでアクセスが
いい場所になっています。
メイン産業はみかんや、玉ねぎの栽培…
後は、漁業になっています。」
FH000002_blog.jpg

ーー忽那諸島に通うきっかけとは?
竹中さん「忽那諸島の中にある、
怒和島という島に田中さんという
74,5歳、お父さんと呼ばせて
いただいている方がいるんです。
その方は忽那諸島に遊びに来る方を、
息子や娘みたいに扱ってくれていて、
自分の家に泊めさせてくれるんです。
その人が東京へ来るたびに、
島と関わるきっかけをくれるので、
それが面白くて最初は行っていました。」

今夜の選曲… PENNIES FROM HEAVEN / JAMES TAYLOR

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年01月05日

趣味から始まった写真愛と、写真で地域を発信する小豆島カメラについて伺います。

ソトコト編集部・デスクの竹中あゆみさんをお迎えしています。

takenaka_blog.jpg

ーー竹中さんは以前から写真雑誌で働いていました。
写真は子供の頃からの趣味でした。

竹中さん「すごい楽しいこととか、悲しいことが
あるとそれを思い出したいという思いで、
写真を撮っていました。
祖父のお葬式も親族の許可を得て撮ってるん
ですけどそれは悲しさを抑えきれなくて、
写真で落とし込む事によって
自分の中で消化できるツールとして使っています。」

ーーそんな竹中さんは香川県小豆島の写真で
地域を発信するグループの立ち上げに関わっています。

竹中さん「母方の祖父母の生まれが小豆島で、
自分のルーツはなんだろうと思い立って、
小豆島を回ったら想像以上に面白い島だと気づいたんです。
そのタイミングで写真を撮っていたら、
OLYMPUSというカメラの会社の人と、
写真家のMOTOKOさんという方が、
OLYMPUSのカメラを使って、自分の身近な
景色を撮っている女性を応援する企画ができないか…
という事で、島の7人の女性と一緒に
小豆島の日常を発信する写真の団体として
『小豆島カメラ』を作りました。
彼女たちは、毎日1回Facebookや、
Tumblrで写真を発信しています。
それは、自分の家の畑や、大きな島の
お祭りであったり、季節のオリーブだったり、
本当になんでも撮っていて、今が分かるように
なっています。」

今夜の選曲… AS EASY AS ROLLING OFF A LOG / JAMES TAYLOR

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年01月04日

今、地方が面白い!小豆島カメラ、忽那諸島などのお話、たっぷりと伺います。

ソトコト編集部・デスクの竹中あゆみさんをお迎えしています。

takenaka_blog.jpg

※リモートでのご出演です。

ーー2020年は新型コロナの影響で、
取材の仕方も大きく変わったかと思いますが…。

竹中さん「今までは、直接行って
面白い物を掴んで雰囲気を見て…
というのを大切にしていたんですが、
まずはオンラインで取材する形に変えています。
地元の人たちからは、よそ者扱いされるかも
しれませんが、それでもソトコトで発信する事に
意味を見いだしてもらっているので、
地元の方の迷惑にならないように、
どこで取材しようかとか、
短い時間でどう取材するかを試行錯誤しています。」

ーーソトコト1月号のテーマは『自分らしい働き方』です。

竹中さん「私が地域を歩かせていただいて
10年くらい経ったんですが、
街の機運が少しずつ変わってきている
ように感じます。
働き方やイベントとして取り上げさせて
いただくものにしても、大きく動くものから、
すごく小さい自分視点のものまで幅が
広がった印象があります。」
小黒「昔は、華やかな東京に憧れて…という人が
多かったと思いますが、地元で何か事を
起こそうという人は増えてきていますか?」
竹中さん「増えてきていると思います。
青森の中学生に『東京って何が面白いんですか?』
って、聞かれたのがすごく印象的でした。
青森にいても宅配サービスを頼めば、
翌日に届くし、ネットで誰とでも繋がれるから、
わざわざ東京に行く意味もない…。
青森の方が今、すごく熱くて面白いんです、
と言われたタイミングで、東京が憧れという
概念だけじゃなくなったのを改めて認識しました。」

今夜の選曲… YOU'VE GOT TO BE CAREFULLY TAUGHT / JAMES TAYLOR

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年12月30日

はやぶさ2の持ち帰ったリュウグウの砂…そして、テーマ事業プロデューサーを務める2025年の大阪・関西万博のお話まで、たっぷり伺います。

生物学者の福岡伸一さんをゲストにお迎えしています。

19120_LOHAS_1.jpg

※リモートでのご出演です。

ーー2021年、福岡先生が注目していることとは?
福岡さん「2025年の大阪万博での、
プロデューサーとしてどういうパビリオンを
作って何を見せることで、生命を知ってもらうか
というのを考えています。
テーマは『命輝く未来社会のデザイン』と
なっていまして、この中で私が託されたのは、
『命を知る』というテーマです。
1970年の万博を当時10歳の私は2回も見て、
大感激したんですね。その時、何時間も並んで
待ってみたのはアメリカ館の”月の石”でした。
それをみて、我々は未来を想像したんです。
ちょうど先日、はやぶさ2が小惑星リュウグウから
砂を持って帰ってきました。
それをぜひお借りして、2025年の関西万博では、
月の石に代わる、リュウグウの砂というのを
展示したいなと考えています。
リュウグウの砂の中には、ひょっとすると、
生命の種が隠されているかもしれない。
もしそうであれば、地球生命の種は
宇宙からきたという
パンスペルビア??説というのが立証されるかもしれない
という夢のある砂を宇宙船が持って帰ってきたと
いうのが今、私の注目していることですね。」

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年12月29日

毎年恒例の企画…今年の一冊の選書と、ご自身の新書について伺います。

生物学者の福岡伸一さんをゲストにお迎えしています。

19120_LOHAS_1.jpg

※リモートでのご出演です。

ーー毎年福岡先生には”今読むべき一冊”を
推薦していただいています。

福岡さん「今年はですね
『分解の哲学ーー腐敗と発酵をめぐる思考』を
ご推薦したいと思います。
京大の藤原辰史さんが、売り出し中の准教授が
書いた中々の好著です。
世の中はこれまで、20世紀型のパラダイムで
見ると常に物を作る…アクセル側の話で考えていました。
でも、実は世界は動的平衡で成り立っていて、
ブレーキ側の制御があってこそ、
平衡が成り立っています。
ブレーキ側の制御というのは、物を分解すること
壊すこと、ゴミをどう処理すること、腐敗すること
…そう言ったものに視点を向けて、
アクセルとブレーキのバランスを考えて
いけないということで”分解の哲学”。
コロナ時代の生命論にもなっているし、
私の動的平衡論にも通じている非常に
面白い本だなと読みました。」

小黒「ご自身の本を一冊選ぶとしたら
なんですかね?」
福岡さん「ちょうど先日、新書版として
出しました
『福岡伸一、西田哲学を読むーー生命をめぐる思索の旅』
これは、京都学派の始祖でもある西田幾多郎の
生命哲学を私の動的平衡論から読み解いた
ものです。
西田幾多郎のは絶対矛盾、自己同一みたいな物を
言っていたんですが、それは藤原さんの話にも
出たアクセルとブレーキを同時に踏んでいるのが、
今の世界だと。そのバランスによって、
正反対のことをやっているからこの世界は
保たれている…という西田さんの考えを
私の視点から読み解いたちょっと難しい分厚い
新書です。これもまた、コロナ時代の
生命論として読んでいただけると嬉しいです。」

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年12月28日

コロナ禍の2020年、今年の一冊、そして来年の注目など、たっぷりと伺います。

生物学者の福岡伸一さんをゲストにお迎えしています。

19120_LOHAS_1.jpg

※リモートでのご出演です。

ーーコロナウイルスにおける世界への影響について、
福岡先生の私見を伺いました。

福岡さん「ウイルスという自然物は昔から、
絶え間なく地球上に出たり消えたりしていますが、
それを検出する…ロゴスというか、それを
ビジュアライズする技術が増しすぎて、
そのことで、世界が驚いてしまったということが
一つあると思います。
そして、ウイルスというのは利己的遺伝子みたいに
見えますけれども、実は利他的な存在で、
常に種から種へ、遺伝情報を移しながら
生物の生命系全体を調整してくれる。
ある種の動的平衡を揺り戻してくれる
存在だと思います。」
小黒「見えないものが可視化した…
というのはPCR検査のようなことも含めて?」
福岡さん「まさにそうです。
昔のスペイン風邪の時には、症状が出る
ということで初めて分かったわけですが、
今はそれよりもずっと前に、PCR検査で
遺伝子があればウイルスがいるということに
なっていますから、感染しようがしまいが、
そこにいるというだけで、存在が
あることになってしまった。
そっちの情報が肥大していることが、
大きな混乱の原因になっていると思います。」

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年12月24日

【Podcasting 第714回】稲葉なおとさん

今回のポッドキャスティングは、
12月21日〜12月24日放送分、
一級建築士で作家の稲葉なおとさんです。

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ポッドキャスティング

2020年12月24日

稲葉さんが次に見据える、今後の展望とは…?

一級建築士で作家の稲葉なおとさんをお迎えしています。

IMG_6759_blog.jpg

ーー東京五輪の影響で、2019年から2020年は
東京でもホテルの建設ラッシュになりました。
稲葉さんから見て、どういったところが
特徴でしたでしょうか?

稲葉さん「東京五輪の影響で新築ラッシュでもあったんですが、
改築ラッシュでもあったんです。
古いホテルの改修・改築がいろんなところで
行われていて、それが二極化しています。
1つは、今だからこそ昭和初期に建ったものが、
進駐軍に接収されたり、オーナーが変わって
改築されたものを、もう一回開業当時に
戻そうとして大幅に手を入れたホテル。
もう一つは、今海外の人に受けるために、
ニューヨークテイストやパリ風テイストを
入れて古い内装を消してしまうホテル。
その2つが両極化しているのが
面白いなと思います。」

ーー今後、稲葉さんが関心を持っているテーマとは?

稲葉さん「ずっとホテルにこだわってきたんですが、
邸宅というか、建主さんの思いが今でも伝わるような
家が今でも残っていて…でも、それが伝わって
いないものがたくさんあるんです。
当時の建主さんに感情移入できるような
文章を書いて、尚且つ、自分でこだわった
写真で伝えられたらなと考えています。」

ーー稲葉さんが勧める、「夢のホテルのつくりかた」
読んだ上で行って欲しい入門編のホテルとは?

稲葉さん「日光金谷ホテルですね。
本館、新館、別館とあるんですが、
それぞれ明治、大正、昭和初期に
建てられた中で、こんなにもすごい
工夫がされているんだ、と
この本ではじっくり書いているので、
それを知った上で見ていただきたい。
例えば、この宴会場、上に客室があるのに
柱がないなと…それは二階の床を屋根から
吊っているんです。
というようなことを予備知識として
持った上で現地に行っていただくと
今まで見えてこなかったものが
見えてくると思います。」

今夜の選曲… RUDOLPH THE RED NOSED REINDEER / CRYSTALS

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年 Jan月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            


バックナンバー