2018年07月19日

7月23日から26日は、

アルテナラの主催者、NPO法人こととふラボの
竹丸草子さんをお迎えします。

1_takemaru.jpg

北海道函館市生まれ。
雑誌/広告の制作ディレクターとして制作会社勤務を経て、
「NPO法人 芸術家と子供たち」ではアーティストと
学校教育の橋渡し役である教育コーディネーターを担当。
現在は、東京工科大学の非常勤講師を勤める一方で、
NPO法人こととふラボの理事として、
またワークショップデザイナーとして様々な
アートワークショップ事業に携われています。

staff| 19:57 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2018年07月19日

【Podcasting 第591回】DJ SASAさん

今回のポッドキャスティングは、
7月17日から7月19日放送分、
音楽プロデューサー DJ SASAさん

staff| 19:55 | トラックバック(0) | カテゴリー:ポッドキャスティング

2018年07月19日

パクチーとレモンの仲卸業について

今週は音楽プロデューサー DJ SASAさんをお迎えしています。

2_DJSASA.jpg

DJ、音楽プロデューサーとして活動されている
SASAさんですが、2015年から、
パクチーとレモンの仲卸の仕事も始められたとか?
SASAさん「実家が仲卸業だったとかではなく、
パクチーとレモンが好きすぎて始めました。
実はパクチーって暑さに弱い野菜でして、
沖縄では冬野菜として12月から
4月の間で食べられているんですね。
与那国っていう島があるのですが、
与那国では昔からパクチーを食べていまして、
あっちではクシティ(=パクチー)と言っているんです。
与那国のおばあちゃんの料理っていたら、
鮪とパクチーの醤油和えだとかが昔からありますね。」

レモンは広島の友人がレモンの仲卸をして
いまして、「いいレモンがありますよ」と
紹介してもらったんですね。生口島という島が
瀬戸内にありまして、そこの瀬戸田レモンという
レモンを扱っているんですが、本当に衝撃的なうまさで、
酸っぱいだけではなくて甘みがしっかりあるんです。
さらに無農薬なので皮ごと食べて大丈夫な
安心安全なレモンなんです。」

今夜の選曲:ぼくらが旅に出る理由 / DJ SASA (歌:田福真美)

2018/06/20発売
アルバム「スロー・アイランド」
COCX-40370.jpg

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2018年07月18日

観光大使を務める、沖縄県 渡嘉敷村の魅力とは?

今週は音楽プロデューサー DJ SASAさんをお迎えしています。

5_DJSASA.jpg

SASAさんは2012年に沖縄県渡嘉敷村の
観光大使に就任されています。渡嘉敷村の魅力は?
SASAさん「海がめっちゃ綺麗です。ここら辺は
慶良間諸島と言われていまして、
“ケラマブルー”と称されています。
今回のアルバム「スローアイランド」のジャケットにも
渡嘉敷島のビーチの写真を使っております。」

渡嘉敷村には年にどれくらい行かれている?
SASAさん「島に渡るのは年に2,3回ほどです。
村長に挨拶に行ったりですとか、
あとは、「とかしきまつり」というお祭りが
ありますからそこでライヴをやったりですとか、
あとはfacebookに渡嘉敷の写真をアップしたりしています。」

渡嘉敷村オススメのスポットは?
SASAさん「島にはビーチが2箇所ありまして、
阿波連ビーチと渡嘉志久ビーチがあります。
阿波連ビーチが写真的にも有名な場所なんですが、
実は、渡嘉志久ビーチは人も少なくて狙い目なんです。
ここはなんとウミガメが住み着いていまして、
泳いでいるとやって来るんですね。
ウミガメの遭遇率が高いビーチでもあるんです。」

今夜の選曲:浪漫飛行 / DJ SASA (歌:石嶺愛莉)

2018/06/20発売
アルバム「スロー・アイランド」
COCX-40370.jpg

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2018年07月17日

沖縄で3万枚以上売り上げている 、 「お土産CDシリーズ」とは?

今週は音楽プロデューサー DJ SASAさんをお迎えしています。

1_DJSASA.jpg

今沖縄では沖縄三大土産、“泡盛、黒糖  
そしてDJ SASA”と言われているそうですね。
SASAさんのCDは3万枚以上を売り上げているのだとか?
SASAさん「全て観光客の方が買われている
という状況なのですが、レンタカーを借りてその中で
聴く音楽として1枚買って、さらにお土産にも買って
帰るという1人2枚買い現象が起きているんですね。
なので、私のCDはCDショップよりかは、ホテルの
売店だとか、国際通りのお土産屋さんで並んでいて、
そこで買われているんですね。」

DJ SASAさんの94枚目のCD
「スローアイランド」が発売されています。
CDの内容を紹介いただけますか?
SASAさん「これはJ-POPを沖縄の
民謡歌手の方に歌ってもらっています。
ただ歌ってもらうわけではなくて、
“こぶし”や“お囃子”が入ったりとか、
三味線、太鼓、沖縄楽器の“さんぼ”が入ったりして
沖縄テイストを加えたアレンジになっています。
尚且つ今回のアルバムは「スローアイランド」
なので、ゆったりとしたアレンジになっています。」

今夜の選曲:おかえり / DJ SASA (歌:田福真美)

2018/06/20発売
アルバム「スロー・アイランド」
COCX-40370.jpg

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2018年07月12日

7月17日から19日は、

音楽プロデューサー DJ SASAさんをお迎えします。

1_DJSASA.jpg

沖縄でのDJイベント主催イベントなどで、
沖縄の人脈を広げ、2003年からこれまでに
90枚以上のCDを企画制作リリースされていらっしゃいます。
また2012年には、沖縄県 渡嘉敷村観光大使に就任されています。

staff| 19:57 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2018年07月12日

【Podcasting 第590回】杉山明日香さん

今回のポッドキャスティングは、
7月9日から7月12日放送分、
ワイン研究家の杉山明日香さん


staff| 19:55 | トラックバック(0) | カテゴリー:ポッドキャスティング

2018年07月12日

パリの日本酒ブームについて。

今週はワイン研究家の杉山明日香さんをお迎えしています。

2_sugiyama.jpg

杉谷さんは、ききざけ師でもあり、
パリで日本酒とシャンパーニュのお店を
経営されていらっしゃいますが、
パリでの日本酒の評判はどうなのでしょう?
杉山さん「元々、フランスは酒ブームだということを
みなさんいろんなところで見られたと思うのですが、
実際には思った以上にまだブームではないなというのが、
肌身で感じているところです。(日本酒が)酒ということは
知られているんですが、未だに中国の白酒(パイチュウ)と
間違われているフランス人の方も結構多くて、
なんでそんなにアルコール度数の高いものを
食中酒としてなぜ飲めるんだ? という質問をよくされるんですね。
なので(ブームとしては)まだまだなんですね。

杉山さん「だけど、私たち日本人がこれだけワインが好きで
飲んでいるので、私は世界にも日本酒の美味しさも伝えていきたい
と思っているんです。なので毎回生産者を訪ねて行くときの
お土産は必ず日本酒を持って行っているんです。
すると、ワインの作り手さんやシャンパーニュの作り手さんは
同じ醸造酒なので、みなさん細かく作り方を聞いてくるんですね。
日本に来た際には、蔵元さんを見たいと言ったり。
パリの人しか(日本酒を)知らないというのが現状なので、
そういうところが草の根運動じゃないですけど、
如何にしてフランス全土に
伝わっていくかということを考えています。

今夜の選曲:RED RED WINE / UB40

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2018年07月11日

美味しいワインの選び方、和食に合うワインは?

今週はワイン研究家の杉山明日香さんをお迎えしています。

5_sugiyama.jpg

杉山さんの著書には、
「おいしいワインの選び方」というものも
ありますが、ズバリ美味しいワインの
選び方、コツを教えてください。
杉山さん「失敗しない選び方の前に、
やはりフランス・ワイン法についてです。
ヨーロッパではフランスをベースにして、
ワイン法が画一されています。特にイタリアの場合だと
1番上のランクが“DOCG”、次が“DOC”と続きます。
そのあとは地酒レベルのワイン、日常テーブルワイン
というように並びます。“DOCG”というものを選ぶと
原産地呼称法でブドウ品種とか栽培方法、選定方法、
醸造方法など細くクリアしたものだけが産地名を名乗れる
ようになっています。なので1番上の“DOCG”を買うと
ハズレはないよ。ということになります。
とはいえ組み合わせとなるとまた別で、
1番わかりやすいのは“色”で組み合わせるのが1番良いと
思います。白いワインにはお魚、赤ワインにはお肉と
いくとある程度はハズレはないです。ただ和食の場合は
味わいが優しめなので、オレンジワインやロゼワインを
合わせたりもします。

今夜の選曲:NANCY SING ME A SONG / SUMMER WINE

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2018年07月10日

著書「ワインの授業 イタリア編」について伺います。

今週はワイン研究家の杉山明日香さんをお迎えしています。

4_sugiyama.jpg

著書「ワインの授業 イタリア編」
杉山さんが主宰されているワインスクールでの
授業をまとめられているそうですね。
杉山さん「この本の特徴… やはり私は理系なので、
起承転結でパッパと話していくのが授業の特徴でも
あると思うんですね。なので、ワインの本のまとめ方も
完結にまとめることを意識して、授業で話したことを
そのまま本にさせてもらっています。」

この本のフランス編も以前に出させているそうですが、
ワイン研究家として、今後も順番に出していくんでしょうか?
杉山さん「そうですね。でも世界のワインの基本としては、
やはりフランス編。皆さんが飲まれている“シャルドネ”とか
“カベルネ・ソーヴィニヨン”とかは基本的には
フランスが原産なんですね。そこからスタートしていって
その次に来るイタリアというのは、フランスとイタリアで
ワインの生産量の2トップなんですが、世界のワインの
生産量の3分の1をこの2カ国で占めているんですね。
なので、まずここを皆さんに抑えてもらったら、他の国に
飛び火してもどこの国のワインの味もわかりやすいのかな
と思っています。」

今夜の選曲:SUMMER WINE / NANCY SINATRA

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2018年 Jul月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        


バックナンバー