2019年03月19日

写真集「面様~高千穂 夜神楽~」その撮影のこだわりとは?

写真家 五十川満さんをお迎えしています。

5_isogawa_190318.jpg

五十川さんの写真集で2015年に発売されている、
「面様 高千穂 夜神楽」、こちらの写真集について
あらためてご説明を頂けますか?
五十川さん「こちらのお面は神楽面と言います。
地元の方達が五穀豊穣を祈って舞う姿なんですが、
神社に奉納させれているお面で1年1回夜神楽の時に出てきて、
舞台で神楽を舞います。普段は神社の中だったりとか、
ご自宅の神棚の中だったりに納められています。
裏面にいつ誰が作ったか書いてあるんですが、
歴史学者の方達が見てもわからないお面もたくさんあるんですね。」

ーーーーーーーーーーーーー
五十川満写真展「舞面 〜石見神楽〜」

日時:2019年4月1日(月)~4月30日(火)
平日11:00~20:00、
土日祝日10:00~19:00(最終日は16:00まで)
URL:https://imagingplaza.fujifilm.com/gallery/13/index.html
ーーーーーーーーーーーーー

今夜の選曲:ROOCHOO DIVINE / 細野晴臣

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2019年03月18日

幅広く活動する五十川さんの写真にかける思いについて

写真家 五十川満さんをお迎えしています。

1_isogawa_190318.jpg

写真家の宮澤正明さんに弟子入りされた
ということですが、いつ頃のことだったのでしょう?
五十川さん「私が23歳の時に弟子入りして、30歳の時に独立しました。
(その頃宮澤さんは)ヌードからグラビア、作品で伊勢神宮を撮られていました。」

そもそも写真家を志したきっかけは?
五十川さん「私は18歳の時にピースボート乗って地球を一周している時に、
フィルムカメラを持っていろんな世界各国写真を撮っていたんです。
そこまであまり写真に興味がなかったんですけど、
帰ってきて現像して、その写真を見た時に
これは「飾りたい!」と思い飾っていたんです。
そんな中、宮澤さんがアシスタントの募集をしているのを
雑誌でしているのを見かけてどうしても
写真家になりたいということだったんです。」

ーーーーーーーーーーーーー
五十川満写真展「舞面 〜石見神楽〜」

日時:2019年4月1日(月)~4月30日(火)
平日11:00~20:00、
土日祝日10:00~19:00(最終日は16:00まで)
URL:https://imagingplaza.fujifilm.com/gallery/13/index.html
ーーーーーーーーーーーーー

今夜の選曲:GOOD GOOD / 小泉今日子/細野晴臣

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2019年03月14日

3月18日から3月20日は

写真家 五十川満さんをお迎えします。

1_isogawa_190318.jpg

1985年、宮崎県生まれ。
2008年 写真家 宮澤正明氏に師事し、
2015年独立され、フリーカメラマンとして
活躍していらっしゃいます。
写真集には小学館からの「世界一美しい猫たち ラパーマ」
枻出版社からの「お茶の京都」などがあります。

staff| 19:58 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2019年03月14日

【Podcasting 第624回】杉原晋一さん

今回のポッドキャスティングは、
3月11日から3月14日放送分、
農業法人・株式会社 山燕庵
代表取締役の杉原晋一さん。

staff| 19:55 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2019年03月14日

ぬかの有効利用を考えるプロジェクト「ヌカモフ」とは?

農業法人・株式会社 山燕庵
代表取締役の杉原晋一さんをお迎えしています。

190311_syguhara_1.jpg

杉原さん「今行なっているプロジェクトで、
ぬかのカイロをさらにバージョンアップさせていく
ということをしていまして、縫製は障がい者施設さんで
やってもらって、カバーの布地はアパレルさんに
やってもらって、地方の魅力を繋げるのは得意な
PR会社さんに仕切ってもらう、
といったことをしていました。
それで「ヌカモフ」というプロジェクトを
先日クラウドファンディングしたところ見事達成したんです。
「ヌカモフ」はヌカなど普段目立たないもの、
お金にならないものでも、ちゃんと組み合わせれば、
素敵な商品になるよというのを目指して作ったものですね。」

今夜の選曲:JUST LOOK AT THIS MESS / PUNCH BROTHERS

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2019年03月13日

商品開発から、営業、販売を手掛ける杉原さんの奮闘記!

農業法人・株式会社 山燕庵
代表取締役の杉原晋一さんをお迎えしています。

190311_syguhara_5.jpg

商品開発をされる際は、
どのようにしているのでしょう?
杉原さん「商品開発の際は、
私の母と妻に意見を聞くようにしています。
いけるいけないってパンっと感覚で返ってくるので(笑)
小黒(外見のネーミングなどは杉原さんなどが。
原材料になる部分は親父がせっせと作ると?I)そうですね。
売り上げ関しては、おかげさまで震災後は取引が
ほぼゼロになってしまったところから、
今だとなんとか少し黒字になるかなというところまで復
活してきました。時間かかりましたね。
営業は私がひたすらやっているんですが、
全く営業というものをやったことなくて… 中々苦労はしております。」

今夜の選曲:JUNGLE BIRD / PUNCH BROTHERS


staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2019年03月12日

コンセプトは「都会の消費者と地方の生産地を結ぶ」 山燕庵が手掛ける商品をご紹介!

農業法人・株式会社 山燕庵
代表取締役の杉原晋一さんをお迎えしています。

190311_syguhara_3.jpg

スタジオには山燕庵で売られている
商品をお持ち頂きました。
杉原さん「まず、「玄米がユメヲミタ」という商品、
これは甘酒ですね。ノンアルコールの麹の甘酒になります。
玄米で作っているので茶色なんですね。
味は濃いんですけど、それほど甘くないのが特徴です。
甘くないのは、発酵している蔵がお味噌蔵というのも影響していて、
アミノ酸がすごいたくさん出るのが特徴なんですね。

次、「ぬくぬくのぬか」は、糠で作ったカイロなんですが、
中身は糠と塩とお米、ハーブを入れてます。
これらを四角の袋に入れて、レンジで温めて使うんですね。
190311_syguhara_4.jpg

最後は「コシヒカリアモーレ」。
これはうちのコシヒカリで、
ブランド名を「コシヒカリアモーレ」と名付けたんですね。
ピンクで可愛いパッケージにしたので、
結婚式とかの引き出物でよく使って頂いていますね。

これらの商品は、山燕庵のHPで購入できます!
URL:https://maimaishop.thebase.in

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2019年03月11日

福島・石川・東京を拠点に完全無農薬の生産、商品開発、 販売を手掛ける山燕庵の独自で編み出した農法とは?

農業法人・株式会社 山燕庵
代表取締役の杉原晋一さんをお迎えしています。

190311_syguhara_2.jpg

山燕庵の生産拠点、もともとは福島県の
鮫川村でやれていて、今は能登半島でも。
能登半島はいつ頃からやられているのでしょう?
杉原さん「元々は2011年の震災がきっかけで、
新たな農地を探しておりまして、
実際に見つかったのが、2012年。
翌年から福島でやっていた農法を
能登半島の方でもやろうとなりました。そんな経緯です。
福島県でやっている方も今でも続けています。」

震災から8年、福島の農家の方と話す
機会も多いかと思いますが、
2019年の現在はどんな状況でしょう?
杉原さん「実際に現場を見ると年齢で
農産物を作るのをやめていくという人が周りでは多いですね。
頑張っている若い子たちもいて話はよくするんですけど…。
農業の現場はみんな作らなくなっていっている
というのが体感でわかりますね。大手の問屋さんなんかは、
まだ(福島産を)避ける傾向にはあるのかな… というのが
まだ感覚ではありますね。流通は結構していると思うんですが、
僕らぐらいの農家だと、ハマらないみたいで…。」

山燕庵の農産物は「深呼吸農法」という農法で
作られているそうですね。
どういったものなのか、説明いただけますか?
杉原さん「実際にやっているのは、
無農薬の有機栽培農法なのですが、
勝手に「深呼吸農法」と名付けているんですね。
コンセプトワードとして、街中で働いていても
たまには深呼吸して自然の営みをちょっとでも
感じた方が幸せになれるんじゃないかと思い、
「深呼吸農法」としています。」

今夜の選曲:THREE DOTS AND A DASH / PUNCH BROTHERS

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2019年03月07日

3月11日から3月14日は

農業法人・株式会社 山燕庵
代表取締役の杉原晋一さんをお迎えします。

190311_syguhara_2.jpg

1980年東京生まれ、
映像制作やインターネットリサーチの仕事を経て  
2014年より、山燕庵(さんえんあん)に,
事業参加され、石川県能登半島を生産拠点に    
自然循環型の農法で、お米や野菜を
生産・販売されていらっしゃいます。

staff| 19:57 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2019年03月07日

【Podcasting 第623回】木野内美里さん

今回のポッドキャスティングは、
3月4日から3月7日放送分、
チョコレートバイヤーみりさんこと、
木野内美里さん。

staff| 19:55 | トラックバック(0) | カテゴリー:ポッドキャスティング

2019年 Mar月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            


バックナンバー