2021年10月14日

エコとの出逢いから、現在の仕事へというお話、伺います。

株式会社コアベース代表取締役社長・野崎達矢さんをお迎えしています。

%E3%82%B3%E3%82%A2%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9_%E5%86%99%E7%9C%9F_%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E4%BF%AE%E6%AD%A3.jpg

――野崎さんが医療や環境ビジネスの業界へと
入ったきっかけとは??

野崎さん:芸術大学で都市計画について学んで
いたんです。建築デザインに興味があって、
都市計画について専攻したんですが、
エコロジカルプランニング…今はエコと
呼ばれていますが、すみ良い都市を作るとか
人間が暮らしやすい環境をデザインする
という勉強をしていました。
ここ数年は、コロナの問題で衛生管理という
ところがすごく着目されてきました。
環境問題やSDGs…サスティナブルな世界を
作るという点にぐるっと回って戻ってきた
というか。当時大学で勉強していた分野に
戻ってきた気がしています。

小黒:野崎さんの会社がやられている
グリーストラップの清掃…どういうところでも
取り入れられているんですか?

野崎さん:我々ではゼログリースという
ブランド名をつけています。
大手のホテルやスーパーの全国チェーンなど
環境問題に非常に敏感なところで
実際に使われています。
その中でも、産業廃棄物が出ないという
のが非常に重要で、カーボンニュートラルの
考えやSDGsに結びつくので
そういった考えに敏感な企業に
導入されています。

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年10月13日

飲食店に設置される排水分解装置「グリーストラップ」の清掃について伺います。

株式会社コアベース代表取締役社長・野崎達矢さんをお迎えしています。

%E3%82%B3%E3%82%A2%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9_%E5%86%99%E7%9C%9F_%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E4%BF%AE%E6%AD%A3.jpg

――食品を扱う厨房からの感染予防のため、
特に問題視するべきポイントとは??

野崎さん:食品を扱うお店のスタッフが
管理できるところと、プロに任せないと
できない衛生管理の2つがあると思っています。
例えば、冷蔵庫の温度管理などはスタッフの
皆さんができますが、私たちが着目している
のは汚染の元となる食材の廃棄や排水の部分
……これらの清掃にはプロフェッショナルに
任せなくてはいけないと思っています。
今回、我々が提供しているサービスというのは
排水の面、下水に流れ出す油分を石鹸化
するという工法があります。
これで産業廃棄物を減らすことができます。
グリーストラップという機器で施設から出る
廃棄物や油脂、油分を食い止めて
下水に流れるのを防ぐことができます。
ただ、この管理が甘くて流れ出して
いるのが問題になってしまっています。
この清掃を怠っていると、グリーストラップの
中に油が固まってしまい、その上をさらに
油が流れ出して下水に流れています。
この清掃をしっかりしなくては、環境問題、
下水の汚染…その先の河川の汚染が
改善しないと思っています。

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年10月12日

「HACCP」が担う「食の安全の管理」とは?

株式会社コアベース代表取締役社長・野崎達矢さんをお迎えしています。

%E9%87%8E%E5%B4%8E_BLOG.jpg

――今年6月から食品を扱うすべての業者に対して、
新しい衛生管理の手法、HAACCP(ハサップ)が、
義務化されました。

野崎さん:要は食の安全というと、食材の仕入れから
製品化されて皆さんの口に入るまでの全ての工程に
渡っての管理をするのがHAACCPになっています。
なので、どこから仕入れているのか、それを
誰がどんな環境で作っているのか、材料は
どのように保管されているのか、最終的には
ゴミの処理の問題にかんしてなど、全ての
工程においての管理をするのがHACCPの
考え方です。

小黒:でも、今までもこうした管理の基準は
あったのだと思いますが、今回何が新しく
なったのでしょうか?

野崎さん:今までの衛生管理がベースになって
いるのですが、一番はそうした管理のルールを
都道府県が管理していて
一本化されていなかったんです。
これを、記録をとってモニタリングをして
食中毒などが起こった際などに原因を
追求しないと同じ事態が起こるので
制定されました。

小黒:日本は欧米に比べて10年ほど
こうした管理が遅れていると…
どういった部分が遅れていたんですか?

野崎さん:1960年台に元々は
宇宙食の安全を管理するために作られた
仕組みでアメリカなどではよく使われて
いました。1980年台にはアメリカの大手
ハンバーガーチェーン店がHACCPを
導入しています。
日本の場合、記録をとっていなかったり、
原因追求が甘かったと私は考えています。

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ポッドキャスティング

2021年10月11日

医療のICTソリューションと、新しい衛生管理の手法「HACCP」について伺います。

株式会社コアベース代表取締役社長・野崎達矢さんをお迎えしています。

%E9%87%8E%E5%B4%8E_BLOG.jpg

――1963年生まれ、大阪芸術大学芸術学部卒業後、
広告代理店勤務を経て、2014年に、医療業界の
総合代理店コアベースを設立され、医師会向けの
冊子の出版をはじめ、医療介護の
ICTソリューションの提案などを行っていらっしゃいます。

野崎さん:元々は広告代理店で色々な情報を発信
していたんですが、IT化の波に雑誌業界が衰退して
いく中でITの方へ媒体をスイッチしていったんです。
その際に医療系大学院の教授と仕事をすることがあり、
医療のICTがとても遅れていることを知ったんです。
逆にいうと、すごくチャンスだなと思い医療業界へ
入っていきました。
例えば、患者さんのカルテのデータにしてまとめて
いったりするのを、お医者さんたちにわかりやすく
説明していくのがメインになっています。

――野崎さん、早速ですが、食品衛生法が改正されて、
今年6月から食品を扱うすべての業者に対して、
新しい衛生管理の手法、HAACCP(ハサップ)が、
義務化されると伺いました。

野崎さん:食品衛生に関する新しい基準ですが、
基本的には今までの一般衛生管理とはあまり
変わりはなくて、それに加えられた新しい
手法になっています。一言で言うと
“食の安全の確保に関するガイドライン”
です。
元々はアメリカで発明された基準で、
HACCP(ハサップ)は、単語それぞれ
Hazard(危害)」
Analysis(分析)」
Critical(重要)」
Control(管理)」
Point(点)」
の意味を表しています。

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ポッドキャスティング

2021年10月07日

【Podcasting 第755回】若林雅人さん

今回のポッドキャスティングは、
9月27日~9月30日放送分、
美術作家・若林雅人さんです。

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ポッドキャスティング

2021年10月07日

新たな画法との出逢いについて伺います。

美術作家の若林雅人さんをお迎えしています。
%E8%8B%A5%E6%9E%97_%E5%8D%98%E7%8B%AC_%E7%95%AA%E5%AE%A3.jpg

※リモートでのご出演です。

若林さんの展覧会「若林雅人の天地創造」では
絵を購入することもできます。

小黒:今後は、今回のこの技法を
極めようと思っているんですか?

若林さん:そうですね。普通絵っていうのは
物とか目的があって描くじゃないですか。
今回の展覧会の絵は、自分がずーっと
線を自由に書いていると形が浮かび上がって
くるというのが、一つの大きな魅力で、
それで天地創造という名前にしたんです。
自分の手で描いているのに、なぜか形が
浮かび上がってくるんです。
直接みてもらって、寄ってみてもらうと
また別のものに見えてなんだこれ…
っていう風に思うので、ぜひ実物をみて欲しいですね。

展覧会の会場OGU MAGのHP
https://www.ogumag.com

今回の選曲…LA AURORA / NINA PASTOR

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年10月06日

荒川区尾久 と ギャラリー「OGU MAG」との出会いについて伺います。

美術作家の若林雅人さんをお迎えしています。
%E8%8B%A5%E6%9E%97_%E5%8D%98%E7%8B%AC_%E7%95%AA%E5%AE%A3.jpg

※リモートでのご出演です。

小黒:展覧会の会場になるOGU MAGは
どの駅から行くと近いんですか?

若林さん:JRの田端駅から行くと
近いですね。田端の上の方には、
文士村という場所があって、
昔、芥川龍之介や室生犀星、
板谷波山といったすごい文化人が
ズラーっといた場所があります。
その反対の方にある、東尾久・西尾久
実は今、盛り上がっているんです。
ヨーロッパの建築家の方が建築事務所を
東尾久の商店街に構えています。
ギャラリーOGU MAGはロンドンの
ゴールドスミスカレッジで映画の
勉強をされていた齊藤さんという
方がオーナーです。帰国して
映画の仕事に携わりながらこちらの
ギャラリーも経営されています。
OGU MAGの隣には齊藤さんの
ご主人が菓子職人なので、
作った焼き菓子が食べられる
カフェが併設されています。
2階は吹き抜けで、3部屋ほど
滞在できる部屋があります。
レジデンス兼、アートスペース、
カフェ…という将来的に見ても
面白い場所になっています。

小黒:若林さんがOGU MAGと
出会ったきっかけは?

若林さん:改築前に大きなスペースが
あることは知っていたんですが、
改装後に展覧会があるたびに
チラッと見に行って一言も口を利かないで
出ていったんですけど、ある時年配の
女性が『お近くにお住まいですか?
実は娘がここのオーナーなんです』
と声をかけていただいたんです。
僕もロンドンにいたことから、
話が弾んで展覧会をやらせていただけ
ませんか?となったんです。

今夜の選曲…PA LA PIMPI / TOMATITO

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年10月05日

10月7日から開催の美術展「若林雅人の天地創造」について伺います。

美術作家の若林雅人さんをお迎えしています。
%E8%8B%A5%E6%9E%97_%E5%8D%98%E7%8B%AC_%E7%95%AA%E5%AE%A3.jpg

※リモートでのご出演です。

――若林さんは1995年から、チェルシーカレッジ大学院で
研究員になります。

若林さん:ロンドンに行くときには
招聘していただいて、どこの大学でも
入れてくれると言われて、全部の大学を
見てきなさいということで、見てまわりました。
ゴールドスミスはみんなとんがっていて
血気盛んだったので、もっとおおらかな
ところがいいと思い、チェルシーカレッジに
入れてもらいました。
最初、僕は絵画科に行こうとしていたんですが、
招聘してくれたナイジェルが
『自分を決めつけちゃダメだ!なんでも
できる場所に行って自分を空っぽにして
何やってもいいんだから!』と言ってくれて
彫刻科に進みました。

――若林さんの経歴を振り返ってみると
19歳~20代半ばまでを海外で経験されています。 
この経験は美術のことだけじゃなく、
ご自身の中で、どのように生かされていますか?

若林さん:結果的には良かったと思っています。
というのは自分が勉強したいことだけを勉強できた。
カリキュラム通りに勉強するのではなく、質問を
自分で作るところから始めなくてはいけなかったので。
自分の人生の目的を自分で決める…海外という環境の中で
自分に問い続けた時間は良かったと思います。

――若林さんの展覧会「若林雅人の天地創造」が、
10月7日(木)~10日(日)まで 
荒川区東尾久のギャラリーOGU MAGで、   
開催されます。

若林さん:この展覧会は2017年から
細いペンに墨をつけて、紙にひたすら
線を書いた作品がメインになります。
中には1年以上かけて描いた作品もあります。
タクシーの運転手をしながらなので、
会社に行く前に3時間フラメンコギターを
弾いて、帰ってからまた3時間フラメンコ
ギターを弾いて6時間寝て、
夜中の12時から朝の7時までは絵を
描くというのがこの10年間の生活に
なっています。
今回の展覧会では約10点ほど展示します。
スケール感の違いも含めて
楽しんでいただけると思います。

今夜の選曲… FLAMENCO BARROCO / DIEGO CARRASCO

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2021年10月04日

美術作家でフラメンコギタリスト…というお話伺います。

美術作家の若林雅人さんをお迎えしています。
%E8%8B%A5%E6%9E%97_%E5%8D%98%E7%8B%AC_%E7%95%AA%E5%AE%A3.jpg

※リモートでのご出演です。

若林さんは1965年東京生まれ、
ロサンゼルスで、美術を学んだ後、
スペイン、マドリッドで、古典絵画技法を研究。
そして、ロンドンのチェルシーアートカレッジ大学院 
彫刻科でマスターを取得され、美術作家として作品を発表。
一方で、フラメンコギタリストとしても
活動されていらっしゃいます。

小黒:3年ぶりの出演ですが、フラメンコギタリストって
いうよりも日常はタクシーのドライバーだよね。
まだやられているんですか?

若林さん:ちょっとだんだん疲れてきましたが、
頑張って毎日運転しております。

小黒:コロナ禍で音楽活動はどのような感じだったんですか?

若林さん:音楽に関しては小さなお店や
大きめの会場も中止になってしまいました。
ほとんどがお酒を飲む場所で演奏するので
できていませんね…。

ーー若林さんは美術を学ぶため、
1984年にロサンゼルスの
サンタモニカ・カレッジへ。

若林さん:コンセプチュアル・アーティストの
河原温さんが大好きで最初僕はニューヨークへ
行きたかったんです。
ただ、その前に音楽の方でロサンゼルスに
行きました。その頃のロサンゼルスは
ヘビメタブームで日本のバンドの
「LOUDNESS」がアメリカの
カントリークラブで演奏していたので、
僕もみに行きました。

――その後、1987年から3年間マドリッドで、
古典絵画技法の研究をされています。

若林さん:高校を出た後に外国で勉強するのを
自分で決めていました。マドリッドでは油絵の
研究で行ったんですが、そこで知り合ったのが
小黒さんの親友の堀越千秋さんでした。
最初は絵の話しか、堀越さんとは
しなかったんですけど、
ある時堀越さんの家で夕食を食べた時に
『僕はフラメンコギターも興味があって弾いてみたい』
と言ったら奥からギターが出てきたんです。
アルハンブラの思い出…かな、それを弾いたら、
堀越さんが『君、絵なんかやめてフラメンコ
ギターを弾きたまえ!』と言われました。
お互い絵の話をすると真面目な雰囲気になってしまった
ので合わないんですが、フラメンコではお酒の
つまみ感覚でワーっと盛り上がれるので…
そういう意味では音楽の接点があって
よかったですね。

今夜の選曲… アンダルシア(ルンバ) /堀越千秋 feat.若林雅人

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー