2019年07月17日

今年も開催された 「ソトコトマラソン」について

ノンフィクションライターの黒井克行さんをお迎えしています。

IMG_5673.JPG

今回の「ソトコトマラソン2019」は如何でしたか?
黒井さん「とてもタイトなスケジュールでしたけど、
現地着いて、まず会場の下見をしました。
今回は他のマラソン大会と比べて、
コースがありえないです!
その理由一つが「ほのぼのとしている」
もちろん事故のないようにとのことなんですが、
他のマラソンは人に監視されながら走るんですね。
でも今回のソトコトマラソンは
とうもろこし畑の回路を走る、
迷路に迷い込んだような自然との戯れです。
それから「全員がゴールするまで待つ」ということですね。
ホノルルマラソンもそうですが、交通規制がないんです。
名付けるとしたら「世界2大ほのぼのマラソン」と
と名付けたいです。

今夜の選曲:STEPHEN OPIO / ABDU OWITA

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2019年07月16日

今年11年目を迎えた 「スマイル アフリカ プロジェクト」

ノンフィクションライターの黒井克行さんをお迎えしています。

IMG_5675.JPG

スマイル アフリカ プロジェクトは、
履かなくなったシューズを日本で回収して、
アフリカ、ケニアの子供たちに寄贈するプロジェクト
今年で11年目を迎えました。
改めてこのプロジェクトをご紹介頂けますか?
黒井さん「アフリカには靴がなく、
裸足で生活している子どもたちがたくさんいるんですね。
で、日本にはまだまだ履けるような靴が
たくさん捨てられているんですね。
そういった靴を日本で回収してアフリカの子どもたちに届けると。
これが「スマイル アフリカ プロジェクト」の
大きな柱になります。合わせてその靴を子どもたちが履いて、
マラソン大会で思っ切り走ろうと!
それで完結していくんですね。
アフリカからは(靴の)お礼として、
ひまわりの種を送ってもらっているんです。
シューズを寄贈してくれた人たちにケニアから
届いたひまわりの種を日本に巻いて緑を!
そしてひまわりと言えば笑顔の象徴でもありますので、
まさにスマイル!これが
スマイル アフリカ プロジェクトの主旨となります。」

今夜の選曲:MOLILDO KIRUK-YUK / STONIK AND KIPRONO

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2019年07月11日

7月16日から7月18日は

ノンフィクションライターの黒井克行さんをお迎えします。

IMG_5675.JPG

早稲田大学を卒業後、出版社勤務を経て、
ノンフィクション作家として独立され、
人物ドキュメンタリーやスポーツ全般に
わたって執筆活動をされています。
そして、雑誌ソトコトでは、
「スマイル アフリカ プロジェクト」の
活動レポートを連載していただいています。

staff| 19:57 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2019年07月11日

【Podcasting 第641回】柴田大輔さん

今回のポッドキャスティングは、
7月8日から7月11日放送分、
株式会社はじまり商店街
代表取締役社長 柴田大輔さん

staff| 19:55 | トラックバック(0) | カテゴリー:ポッドキャスティング

2019年07月11日

観光地 鎌倉の現状と課題は?

株式会社はじまり商店街
代表取締役社長 柴田大輔さんをお迎えしています。

IMG_5650.JPG

実際鎌倉に住んでみて、
仕事してみての実感、課題などは?
柴田さん「鎌倉でお仕事していたのは3年ぐらい前に
なってくるんですが、鎌倉って人が来て
お金になる仕事ばっかりなんですよ。
それって改めて消費の繰り返しだなと思って。
観光ってまさにそう。自分もその一端を
やっていたというのもあるんですけど…。
それもお金としてはいいんですけど、
成長が止まっているような、
次の生産を生んでいないなと思って、
バンバンイベントをやらせてもらったというのもあるんです。
鎌倉はまだまだ働くところが少ないというのと、
若い人がいない、あと単純に不動産が高いというので、
わりと街としての進化はないんですよね。
それはそれで落ち着いて住みたいという人もいるので、
一概には言えないんですけど、次の生産が
できていないんじゃないのかなと個人的には思っています。」

今夜の選曲:LET'S MAKE A BETTER WORLD / DR.JOHN

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2019年07月10日

秋田から鎌倉… 柴田さんのここまでの生い立ち

株式会社はじまり商店街
代表取締役社長 柴田大輔さんをお迎えしています。

IMG_5641.JPG

柴田さんは秋田県のご出身ということですが、
幼少期はどんな生活を?
柴田さん「僕はこういうコミュニティの中で
働かせてもらっている根幹というのは「家族」なんです。
うちの場合は、何不自由ない、
父は公務員で母は会社員という
金銭的には不自由のない家庭だとは
思うんですが、ただもう少し会話を重ねた方が
いいんじゃないかと思う節がありまして…
多分、(僕は)究極なおせっかいなんだとおもいます。
よく言われているのが、なんでそんなイベントするの?
聞かれるんですが、多分主体的な寂しがり屋だと
自分のことを思っているんです。寂しいところを
自らイベントで解決していくというところはあるかもしれません。」

今夜の選曲:MOS' SCOCIOUS / DR.JOHN

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2019年07月09日

人と物と事をつなげる「コミュニティー・ビルダー」という仕事とは?

株式会社はじまり商店街
代表取締役社長 柴田大輔さんをお迎えしています。

IMG_5644.JPG

そもそもコミュニティビルダーという仕事は?
柴田さん「僕らの中で、コミュニティビルダーとしての
仕事の形を言うならば、人と物と事をつなぎ合わせる。
もともと繋がりと言っていたんですけど、
繋がりだとちょっと弱くて、人との会話の重なりを作る。
そう言うことを最近は(みんなに)話していますね。
街づくりをやっているディベロッパーさんですとか、
コワーキングなどの場所を持っている
人たちと主に仕事をしています。僕たちは
コンテンツメーカーというか、ソフト屋さんなので、
そういう人たちと組んでやらせてもらっていることが多いです。」

今夜の選曲:THOSE LONELY LONELY NIGHTS / DR.JOHN

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2019年07月08日

街のコミュニティづくりに携わる「はじまり商店街」とは?

株式会社はじまり商店街
代表取締役社長 柴田大輔さんをお迎えしています。

IMG_5652.JPG

まずは「はじまり商店街」とは、
どんな会社なのか、ご紹介頂けますでしょうか?
柴田さん「よく、はじまり商店街ってどこにあるんですか?
と聞かれるんですが、この商店街は実在はしないんです。
僕たちは始まりを始めるというのが会社のビジョンでして、
いろんなイベントのなどを行なっています。
いろんなことに置いて、始まりを始めるって
すごい大事だなと思ったのと、仕事柄コミュニティーって謳う
ことが多く、その中でどういった場づくりができるかなと
考えた時に商店街のようなお肉屋さんや魚屋さんのような、
近くに神社があったりとか…。回遊していくようなイメージで、
「はじまり商店街」と付けました。
やっている業務で言いますと、
イベントなどで場の賑わいづくりをしている会社です。」

今夜の選曲:SUCH A NIGHT / DR.JOHN

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2019年07月04日

7月8日から7月11日は

株式会社はじまり商店街
代表取締役社長 柴田大輔さんをお迎えします。

IMG_5652.JPG

1988年生まれ 秋田県出身。
鎌倉を拠点にシェアハウスや
ゲストハウスの運営などをしながら、
街のコミュニティづくりに携わり、
2018年8月より「はじまり商店街 」の
代表取締役社長兼コミュニティビルダーとして、
地域と連携したイベントを多数企画されていらっしゃいます。

staff| 19:57 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2019年07月04日

【Podcasting 第640回】大関興治さん

今回のポッドキャスティングは、
7月1日から7月4日放送分、
株式会社セカンドファクトリー
代表取締役の大関興治さん


staff| 19:55 | トラックバック(0) | カテゴリー:ポッドキャスティング

2019年07月04日

海の家でも実証実験! 従業員満足度を向上させたその取り組みとは?

株式会社セカンドファクトリー
代表取締役の大関興治さんをお迎えしています。

IMG_5619.JPG

大関さんの会社セカンドファクリーでは、
江ノ島で海の家もされている?
大関さん「今年はやるかどうかわからないんですが、
ある意味これが1番話したい話なんです。
海の家は2013年からやっていて、もう6年になるんです。
なぜ私が海の家をやったかというと、
理由はただ一つで、私たちはIT業界は
プログラムを作っていたり、
いろんなロールの人たちがいるんですけど、
すごく人の役に立つことをやっているわりには、
直接的にお客様に「ありがとう」と言ってもらったりとか、
感謝をされる機会ってほとんどないんですね。
一方、私たちがシステムなどを提供している、
飲食店とかホテルなんかは1日何回も、
「ありがとう」と言ったり言われたりしているんです。
こういうことを何も知らないでいくのは、
社長の立場から言うのもなんですが、少し気の毒だなと。
うちの従業員にそうなってもらいたくない。
結局そこがわからなくて良いシステム作れるのかっていう、
疑問もありまして、エンジニアとか私たちの中でも
そういう気持ちになって2ヶ月間頑張って、
みんなで新しいものをやってみる!
そこから生まれる新しいものに期待をして始めたんです。」

今夜の選曲:MAMA ROUX / R.JOHN

staff| 19:55 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2019年07月03日

外食業界のIoT化、その重要性と課題は?

株式会社セカンドファクトリー
代表取締役の大関興治さんをお迎えしています。

IMG_5615.JPG

食のサービス業界のIoT化は、
他の業界より進んでいる?
大関さん「私たちにおいては産地即加工という
新しいタイプの六次化ということで、
レイバーコスト、人件費を変えていけないかなと。
人件費を抑えれれば、食材の原価ってあげられますよね。
そこのトレードオフというのが
2つの満足を生むと思っていて、
まずは美味しくなるからお客さんが満足する。
もう一つは同時に仕込みの手間が省けるから、
従業員満足も上がるんですね。
そういういったところに仕掛けていきたいと思って、
オーダー取るときにお客さんの言語でオーダーを
取っていくとか、もう一つはキャッシュレス、
キャッシュレスってものすごく重要で、
レジ締めの手間が省けるんです。
そういうflコストの部分にIoTがうまく
組み込めていけないかなというところなんです。」

今夜の選曲:TRAVELING MOOD / DR.JOHN

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2019年07月02日

“おいしい"を鳴門から世界へ 「THE NARUTO BASE」の取り組みとは?

株式会社セカンドファクトリー
代表取締役の大関興治さんをお迎えしています。

IMG_5616.JPG

徳島県の鳴門市にオープンされた
「THE NARUTO BASE」は具体的に何を?
大関さん「大きく3つありまして、1つはレストランです。
これは生産者さんたちと協力して、この方が作られたお肉、
この方が作られた魚、みたいな形で、
私たちのコックスさんが料理するという地産地消型の
レストランが一つ。
もう一つが産地即加工する加工場、
それからもう一つは、コンシュマー向けお土産品や、
地元の方に買っていただくような、
「鳴門縁日」のコーナーを設けています。
大きくはこの3つの機能を持っています。

今夜の選曲:RIGHT PLACE WRONG TIME / DR.JOHN

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2019年07月01日

食とITと人をつなぐ、その独自の取り組みとは?

株式会社セカンドファクトリー
代表取締役の大関興治さんをお迎えしています。

IMG_5620.JPG

大関さんの会社セカンドファクリーは、
どういうことをさている会社なのでしょうか?
大関さん「すごくシンプル言いますと、
皆さんが日ごろ使われている飛行場のタッチパネルとか、
e-ラーニングのシステムとか携帯のオーダーシステムとか、
人々が関わるユーザーインターフェイスの部分が得意な会社でして、
色々なメーカーさんなどと開発を行っています。」

そんな中で食をテーマにした
独自産業モデルとしてオープンされたのが、
徳島県の鳴門市の「THE NARUTO BASE」
これはどんな施設なのでしょう?
大関さん「私たちの中では競争6次化施設と言っています。
ただ具体的にイメージはつかないと思うんですけど…。
東京にいるときの6次化のテーマと、
鳴門にいるときの6次化、つまりは買手側と売り手側、
もしくは生産者と使う側みたいな方々それぞれ、
受け取り方が少し違うんですね。
地方に行くと6次化って商品開発的な部分、
東京にいると流通まで含めて、如何に地方のいいものが
手にできるのかというところまで見ると思うんですが、
そこをうまくミクスチャーできないかなとも思い始めました。」

今夜の選曲:BIG CHIEF / DR.JOHN

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー