2021年11月24日

絵本を創るワークショップとは?

画家、そして作家の井上奈奈さんをお迎えしています。
%E5%B0%8F%E9%BB%92_%E4%BA%95%E4%B8%8A_BANSEN.jpg

――『星に絵本を繋ぐ』の第3章では、
絵本創作ワークショップとして実際の絵本の
作り方が、紹介されています。
最初にするのは自己分析…??

井上さん:このワークショップに参加する方は
絵本を作ってみたい形で参加されます。
でも、その奥にはみんなもっと深い何か…
動機があるんですよ。それをまずは掘り起こす
ところから始めますね。

――会場は蔵前にあるgallery kissa
井上さんのワークショップでは、参加者の方に
自分が今まで読んだ中で好きな本、
そして今度作ってみたい本に近い本の
2冊を持参してもらうとのこと。

井上さん:その人の精神分析もしますし、
まず、絵本がどんな構造になっているのか
というのをみんなが持ってきた本をみんなで
見るというのが目的になっています。

小黒:このワークショップはどのくらいの
期間で行われるんですか?

井上さん:2週間ごとに行って、全6回です。
全部で約3ヶ月ほどで、最後は展示まで行います。
これを1年に2回開催していますね。
世界に一冊の本を作るというワークショップです。
過去には、自分でもびっくりするような作品が
出てきました。まだ、生徒の中から実際に
絵本を出版された方はいないんですが、
ギャラリーから絵本を展示してほしいという
オファーをいただいた方や、別のイラストの
仕事につながったというお話は聞いています。

――11月初めに六本木で開催されていた
『星に絵本を繋ぐ』井上奈奈 出版記念展が
12月には大阪のスタンダードブックストアで、
そして、3月には岡山・招き猫美術館への巡回を
予定されています。
お近くの方はぜひ足を運んでみてください。

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

https://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/11277



バックナンバー