2021年09月22日

鎌倉・長谷で新たにはじめた「憩写真館」とは?

ポエムグラファーの沼田元氣さんをお迎えしています。
%E6%B2%BC%E7%94%B0%E3%81%95%E3%82%93_%E5%8D%98%E7%8B%AC.jpg
※リモートでのご出演です。

ーー沼田さんは、お母さんの10年間の介護が終わり
次のステップとして「街角の憩写真館」を
オープンされていらっしゃいます。
場所は鎌倉の長谷にある「コケーシカ鎌倉」と同じです。
%E5%86%99%E7%9C%9F%E9%A4%A8_%E5%A4%96%E8%A6%B3.jpg
小黒:写真スタジオから収録されているんですね。
(※収録中の背景は鎌倉の大仏でした)
パッと見て、普通の写真館と違うのは
わかるんですが改めて違うのがどんな部分か
ご説明いただけますか?

沼田さん:一つは背景ですね。
昔、スマホやカメラが自由に持てなかった時代は
写真館で撮影されていたと思います。
当時のような緊張感を持って楽しい写真館を
やりたいと思いました。
そのために特徴として、白バックだけじゃなく
歩いて5分ではあるんですが、鎌倉の大仏の
背景を作ったりしています。
そして、もう一つのウリとしては
早すぎる遺影の撮影です。
死ぬ前にいい写真を撮りませんか、という
試みをやっています。
値段的には1回1万5千円くらいからと
考えています。
そもそも、母親の写真をたくさん撮っていた
ということで、遺影に全く困りませんでした。
何百枚、何千枚という中から一番いい写真も
選べましたし、そういうふうに元気な時に
遺影を撮ってそれを更新していくような
ライフスタイルを定着させていけたら
いいなと思っているんです。

――憩写真館の営業は土日祝日。
完全予約制になっています。
%E6%B2%BC%E7%94%B0_%E6%86%A9%E5%86%99%E7%9C%9F%E9%A4%A8%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC.jpg
%E6%B2%BC%E7%94%B0_%E6%9C%88.jpg

沼田さん:背景は銭湯なんかを描いている
ペンキ職人さんに描いていただきました。
CGで簡単に合成ができるのをここで
撮っていただく…そういう体験も含めて、
思い出作りができればなと思っています。
今まで出版社で女優さんやモデルさんなど
著名人を撮ってきました。
今度は、一般の人を撮っていくということで、
考え方としては美しい人というのは実は
どこにでもいて、その美しさを発見
できるのはカメラマンの方なんだと思っているんです。
写真館のコンセプトとしては、写真家と
一般の方…被写体とのコラボだと
考えております。

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

https://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/11203



バックナンバー