2021年09月21日

亡き母の写真集と、こけしの現状について伺います。

ポエムグラファーの沼田元氣さんをお迎えしています。
%E6%B2%BC%E7%94%B0%E3%81%95%E3%82%93_%E5%8D%98%E7%8B%AC.jpg
※リモートでのご出演です。

沼田さんは、東京生まれ。
80年代に前衛芸術家としてデビュー後、
渡米し、アンディ・ウォーホルに師事。
帰国後は、ポエムグラファーとして雑誌や書籍で
作品を発表されているほか、2009年には伝統こけしと、
マトリョーシカの専門店「コケーシカ鎌倉」をオープン。
雑誌『こけし時代』も発行されています。

――今、コロナ禍なのでコケーシカ鎌倉は
お休みされていますが、憩写真館という
写真館を始められています。

沼田さん:還暦を迎えて母親の介護も
終わって今までずっとやってきた写真を
具現化するという意味で写真館を考えました。

小黒:沼田さんは10年くらいお母さんの介護を
されていましたよね?あなたがすごいのは
その10年間をアートにしちゃったよね。

沼田さん:私は子育てをやってきていないので、
せめて介護は必須かなと思って、今後介護を
する人の参考になればと思って写真集にしました。

%E3%81%93%E3%81%91%E3%81%97_2.jpg
小黒:こけしの話を改めて聞きたいのですが、
ブームになっているのですか?

沼田さん:大惨事こけしブームというのが
この10年くらいありました。
伝統こけしという民芸品としてのブームと
お人形…フィギュアとしてのブーム。
そういうものが重なって可愛いものの
一つとして取り上げられていまして、
引き続きこけしのブームはあります。

――沼田さんはマトリョーシカのルーツが、日本の
こけしであることを踏まえて、雑誌「こけし時代」も
創刊されてます。

沼田さん:伝統こけしの前に、箱根で作られていた
七福神の入れ子細工がロシアに渡って
それが元になってマトリョーシカが
できたというのが有力な説です。
ロシア人はマトリョーシカはロシアの
ものだとナショナリズムから言うんです。
ロシアの民芸は1000年くらいの歴史が
あるのにマトリョーシカは100年くらいしか
歴史がありません。
なので、どこかの誰かがアイディアを
持ち込んだんじゃないかと言われていますし、
博物館に七福神の入れ子細工も展示されています。
%E3%81%93%E3%81%91%E3%81%97_1.jpg

staff| 21:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

https://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/11202



バックナンバー