2017年08月18日

8月21日から8月25日は

気象予報士の木原実さんをお迎えします。

kihara_13.jpg

1960年東京生まれ。
日本大学芸術学部卒業後、劇団所属を経て、
1986年にテレビ局のお天気キャスターに就任。
95年に気象予報士の試験に合格、
2004年には防災士の資格を習得されていらっしゃいます。

staff| 20:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年08月18日

【Podcasting 第544回 】宮澤光さん

今回のポッドキャスティングは、
8月14日から8月18日放送分、
NPO法人 世界遺産アカデミー主任研究員宮澤光さん


staff| 20:50 | トラックバック(0) | カテゴリー:ポッドキャスティング

2017年08月18日

今こそ訪ねて欲しい世界遺産! 紀伊山地の霊場と参詣道 神倉神社!

NPO法人 世界遺産アカデミー主任研究員宮澤光さんをお迎えしています。

7_miyazawa.jpg

宮澤さんが、今こそ訪ねて欲しい!
とオススメするのが、紀伊山地の霊場と
参詣道にある「神倉神社」だそうです。
宮澤さん「先ほどの沖ノ島の話で、沖ノ島は神様の祭祀を
行ったところですよって言ったんですけど、最初 岩上祭祀って
言って神様が最初降り立ったところで祭祀を行っていて、
その後の自然信仰へと信仰が続いて言ったんですけど、
そんな感じの大きな岩が「神倉神社」では目の前に
残っているんですよ。是非ここは行ってもらいたいと思います。」

海外でオススメするのが、
フランスのサント・シャペル!
宮澤さん「パリの中心部にあってとても
行きやすいところなんですけど、ここってあまり
観光客が訪れない場所なんですね。
何故行かないかというと、サント・シャペルの外観って
結構質素な感じなんですけど、2階に入ると
ステンドグラスが360度広がっているんです!
よく日本の方でもパリに行っても飛ばしちゃう方って
多いんですけど、オススメですね。」

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年08月17日

世界遺産アカデミーの活動について

NPO法人 世界遺産アカデミー主任研究員宮澤光さんをお迎えしています。

6_miyazawa.jpg

宮澤さん「世界遺産をどう運営、運用していくのかが、
すごく大事で登録後がすごく大事なんですね。
世界遺産になる前ってどうしても観光化だったりとか、
経済効果がこんなにあってとか、良いことばかりが
言われるんですけど、世界遺産になってみて
良いことばかりの遺産ってほぼないんですよね。
実際は日常生活を送る上で規制がかかってしまったりですとか、
観光客が増えすぎてしまったりとか、反対に投資したのに
観光客が来なかったりですとか、いろいろな問題が
発生してくるんですね。そうすると、世界遺産にならない方が
よかったんじゃないの?ってことにもなってくるんですけど、
世界遺産になってから、登録をやめるという選択肢は
ないんですよね。1度世界遺産になってしまうと戻れないのが
原則なんです。なので登録される前に、どういう世界遺産を
目指したいのか?どういう地元を目指したいのかというベクトルを
しっかり合わせることがすごく重要になってくるんですね。
世界遺産アカデミーは、コンサル的なことはできなんですけど、
世界遺産検定を通して勉強してもらって、
世界遺産にはどういう課題があるのか? あるいは、
世界遺産にはどういうものが必要なのか? ですとか、
そもそも何故世界遺産ってあるのか?とか…
世界遺産に関して、同じ方向に向かってもらう手助けが
世界遺産アカデミーの活動内容になります。」

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年08月16日

年世界遺産に登録、神宿る島 宗像・沖ノ島について

NPO法人 世界遺産アカデミー主任研究員宮澤光さんをお迎えしています。

4_miyazawa.jpg

今年、新たに『神宿る島 宗像・沖ノ島と関連遺産群』が
世界遺産に認定されました。改めて“神宿る島”とはどんなところ?
宮澤さん「元々、大和王朝が朝鮮半島と交易を行なっていた頃に。
目印になる島として沖ノ島があったんですね。その中で交易を成立
させるには航海の安全を願う必要があったので、航海の安全と国家的な
繁栄を祈った祭祀が行われるようになったんです。4世紀から
500年間ぐらい祭祀が行われるんですが、9世紀頃に祭祀が
行われなくなるんですね。祭祀が行われていた4〜8世紀の間、
中国との大陸間の交易を行なったりとか、
文化交流の拠点になっていたという痕跡が残っているんですね。
そこが沖ノ島の特徴になります。」
「今現在は宗像大社の方が交代で島全体を守っています。
今回の登録は沖ノ島だけで登録ではなくて、
8個の資産があって4つは沖ノ島にある資産と、あとは大島に
ある資産と、九州本土にある辺津宮という宗像大社にあります。」

今夜の選曲:VIVO SONHANDO / STAN GETZ/JOAO GILBERTO

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年08月16日

世界遺産登録は地域にとってプラス? 登録後の課題について

NPO法人 世界遺産アカデミー主任研究員宮澤光さんをお迎えしています。

1_miyazaya.jpg

宮澤さん「すべての点で運営がうまくいっているところって
実はすごく少なくて… 例えば京都なんかだと、観光過多の
問題がありまして、日常の人々の生活がうまく回らなくなったり
ですとか、大渋滞が起きたりしたりですとか…
かたや、下鴨神社のところにマンション建設計画の問題とかも
あったんですけど、あの問題がなぜ起こってきているかというと、
文化財を守っていくにはすごくお金がかかるんですね。
国からの補助金もあるのですが、それだけでは全然足りなくて、
下鴨神社の場合は、マンションの収入で、
遺産保護に回すということをしているんですね。」

「今年ウィーンの歴史地区が危機遺産になったんですね。
その理由が都市開発だったんですね。どうしても
世界遺産になってしまうと、開発がうまくできなくなって
しまったりとか、古い町並みを残さなければならないという
ネガティブな方向に捉えられてくることって今後多くなってくる
と思うんですね。人々の生活の便利さと遺産を守るってことが
どうしてもぶつかるところってそこをどうしたらいいのかって
いうのが今後の世界遺産として課題なんですね。」

今夜の選曲:SAMBA DO AVIAO / OS CARIOCAS

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年08月14日

世界遺産の理念とは? 主催する世界遺産検定について。

NPO法人 世界遺産アカデミー主任研究員宮澤光さんをお迎えします。

8_miyazawa.jpg

宮澤さんが主任研究員を務められている、
世界遺産アカデミーではどんな事業を?
宮澤さん「1番メインで行っているのが、
世界遺産検定を運営しています。
世界遺産検定っているのはユネスコの
理念ですとか、世界遺産条約の理念だったりを
知ってもらったりとか学んでもらっているっていう
活動をしています。それに付随した書籍の発行
ですとか、講演会・セミナーの開催などを行っています。」

世界遺産検定はどんな層が受けている?
宮澤さん「昔は世界遺産好きの高齢の方が
多かったのですが、今は割と若い方多くて、
授業の中で取り入れられているところもありますし、
入試や就職活動にも活かせるって方が
受けていらっしゃいます。
現在、1073件の世界遺産が世界中にあります。
1級になると全ての遺産に答えて
もらうことになるのですが、2〜4級はそれぞれ重要な遺産
とそれに関係するものを学んでもらいます。
そして1番重要なのが、世界遺産の「理念」のところなんですね。
基礎知識っていうところでどの級にも出るものになっています。
まず、そこをしっかり勉強してもらうという目的があります。」

世界遺産の理念とは?
宮澤さん「ユネスコの定めている
世界遺産条約というものは、第2次世界大戦の時って
あんなにひどい戦争が起こるってどこの国も
思っていなかったんですね。でも起こってしまったもの
どうにかして平和な世界を作りたいということを
思った時に、やはりお互いのことを知らないから戦争に
なるのではないか?となったんです。なので、
なるべくお互いのことを知っていきましょう!ということ。
それも政治的なことではなく、教育とか科学とか文化という
面で共同に活動していきましょうね。
というのがユネスコの理念なんですね。
どうしても世界遺産というと宝物を守るですとか、
観光名所にするというイメージがあるんですけど、
1番基本のところはお互いのことを知り合って世界を多様にして
平和な世界にしていきましょうねっていうのがあるんです。」


今夜の選曲:DESAFINADO / ANTONIO CARLOS JOBIM

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年08月10日

8月14日から8月18日は

NPO法人 世界遺産アカデミー主任研究員宮澤光さんをお迎えします。

8_miyazawa.jpg

北海道大学・大学院国際広報メディア研究科博士課程で、
単位修得ののち、フランス・グルノーブル第2大学に留学されて、
帰国後、国学院大学、北海道短期大学部兼任講師を経て、
2008年に、世界遺産アカデミー・主任研究員に就任されていらっしゃいます。

staff| 20:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年08月10日

【Podcasting 第543回 】松鳥むうさん

今回のポッドキャスティングは、
8月7日から8月10日放送分、
イラストエッセイストの松鳥むうさん

staff| 20:50 | トラックバック(0) | カテゴリー:ポッドキャスティング

2017年08月10日

故郷 滋賀県の伝統行事を巡る。 栗東市に伝わる伝統料理とは?

イラストエッセイストの松鳥むうさんをお迎えしています。

matudori_5.jpg

松鳥さんは民族行事巡りもライフワークにされており、
特に地元 滋賀県には多くの伝統行事がげ現存しているそうです。
松鳥さん「先日終わってしまったんですけど、太鼓廻しという
行事があるのですが、これは集落の男衆が太鼓を交互に廻すんです。
それで、ささらっていう竹を割ったやつで
床を叩くと滝のような音がするんです。ささらで周りを囲み、
真ん中で1人太鼓を廻し、太鼓を廻し終わったら太鼓の上に
行者さんが乗って、叫びながら飛び込むふりをするっていう流れがあるんです。
それが滋賀県大津市の葛川 の太鼓廻しです。
滋賀県はお供えされる食べ物が、その日のその時だけしか食べられないもの
多いのでそれを絶やしたくないっていう思いもあるんですね。
中でも1番印象に残っているのが、栗東市にある土壌と
ナマズのなれ鮨っていうのがあるんです。
ご飯→土壌→ナマズの順に出てくるんですね(笑)
今度の9月に漬けが始まって翌年の5月に
口開きがってお祭りがあるんですね。」

今夜の選曲:YOU'RE GOING TO LOSE THAT GIRL / BEATLES

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年 Aug月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    


バックナンバー