2017年11月22日

11月27日から11月30日は

来週は、落語パフォーマーのシリル・コピーニさんをお迎えします。

5_shiriru.jpg

落語に魅せられ、世界に発信する、
在日フランス人の活動をたっぷりと伺います。

1973年フランス・ニース生まれ。
フランス国立 東洋言語文化 研究所を卒業後、
1997年に来日し、通訳、DJとして活動する一方で、
2011年から落語パフォーマーとして高座にあがられています。

staff| 19:57 | トラックバック(0) | カテゴリー:ポッドキャスティング

2017年11月22日

【Podcasting 第557回 】園部良さん

今回のポッドキャスティングは、
11月20日から11月22日放送分、
ハンドパン制作の第一人者 園部良さん

staff| 19:55 | トラックバック(0) | カテゴリー:ポッドキャスティング

2017年11月22日

スティールパン制作からハンドパン制作に移ったきっかけは?

ハンドパン制作の第一人者 園部良さんをお迎えしています。

6_sonodbe.jpg

トリニダード・トバゴでスティールパン制作を
学んだ後、ハンドパン制作へと移ったきっかけは?
園部さん「スティールパンでもドラムでも
自分で作るようになってからは、価格帯も上げて
20年ぐらいやっていたんですよね。それで2013年頃に
ハンドパンっていう楽器が日本でも少しずつ普及し始めてきて
メンテナンスとかが必要とされてきたんですよね。
それで僕のところに白羽の矢が立ったんです。
で、ある人のインドネシア製のハンドパンを
それを修理してほしいと頼まれたんですけど、
そのハンドパンの接着してある接着面が非常に弱くて
落として割れて壊してしまったんですよね。
それで当時、僕は弁償するよって言ったらそのお客さんは
時間もかかるし、園部さんが作ってよって言われたんですね。
むしろそれが良いと言ってくれたので、じゃあやってみるかと
思ってやったのが最初のきっかけでしたね。」

現在のハンドパン市場は?
園部さん「盛んなのはヨーロッパですかね…
メーカーとしてはフランスとオランダ、
あとイタリアですかね。日本ではプロとしては
僕だけなんですけど、試している人は何人かいるようです。」

========================
くりらぼ多摩川 町工BAR
Vol.20 製作者と奏者、生み出す世界

日 時: 11/29(水)19:00~20:30 OPEN18:30
参加費: 1000円(ワンドリンク・おつまみ付) ライブは投げ銭
定 員: 30名(先着順)
会 場: くりらぼ多摩川・工場棟
詳細URL:http://www.o-2.jp/mono/lab/pdf/20171129_BAR_20.pdf
=========================

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年11月21日

発祥の地トリニダード・トバゴでの修行生活とは?

ハンドパン制作の第一人者 園部良さんをお迎えしています。

3_sonobe.jpg

園部さんがハンドパン制作を始められる前、
最初はスティールパンの制作を学びに発祥の地
トリニダード・トバゴへ行かれました。
行こうと思ったきっかけは?
園部さん「(当時)大学生だったんだけど、
世の中があんまり面白くなかったんですよ。
周りの浮かれている友達やら世間やらが、
いやでしょうがなく、まぁ逃げ出したって言えば
大げさですけど、知らない場所に行ってみたかったですよね。」

実際にトリニダード・トバゴ行ってみた感想は?
園部さん「楽しかったんですよね。初めての海外旅行って
こともあって、全てがワクワク感でですね、ハプニングも
あったけどそれも良しって感じでした。
言葉は、訛りがすごい強いですけど、一応英語なので、
カタコトですけど英語で話していました。
最初はスティールドラムを作っているところを
みたりとか、バンドの練習風景を見たりとかしていましたね。
でもスティールパン作っている人のところにいったんですけど、
最初はすごい断られちゃって… 写真一枚撮れせてもらえなくて…
それで1回目はそれで帰ってきたんですけど、
2年後にまた行ったんです、その時は大学も見切りつけてやめて
アルバイトで100万円貯めて、今度こそはティールパンの
作る技術を身につけて帰ってくるぞって思いで行くんですね。
でもやっぱり最初は現地の人には嫌がられたんですけど、
ドラム缶をその辺から見つけて持ってきてこれで教えてくれ! と
半分強引に行っていました(笑)…
そしたら見ているだけならいいぞってことになって
見習生にしてもらったんです。」

「ある時、その見習いで受け入れてくれていたところの
先生が捨てられていたスティールパンドラムを持ってきて
いたんですけど、それを見よう見まねで、
自分で作っていたんです。そしたらなんか音が作れるように
なっていたんですよね。それでスティールパンのチューナー村
だからたまにチューナーする人たちがよく来ていたんです。
で僕がチューニングするのをみんな見て、関心してくれたようで、
「お前すごいな」ってちやほやされ始めちゃってですね、
一回、ドラム缶を壊して再度チューニングしてみると
それも音を作れちゃったんですね。
そしたらもういいんじゃないか?ってなって
「お前日本で1番だぞ」ってなって認められたんですね。」

今夜の選曲: I WANT YOU BACK / ESSO TRINIDAD STEEL BAND

========================
くりらぼ多摩川 町工BAR
Vol.20 製作者と奏者、生み出す世界

日 時: 11/29(水)19:00~20:30 OPEN18:30
参加費: 1000円(ワンドリンク・おつまみ付) ライブは投げ銭
定 員: 30名(先着順)
会 場: くりらぼ多摩川・工場棟
詳細URL:http://www.o-2.jp/mono/lab/pdf/20171129_BAR_20.pdf
=========================

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年11月20日

円盤のような楽器・ハンドパンとは?

ハンドパン制作の第一人者 園部良さんをお迎えしています。

5_sonobe.jpg

園部さんが制作しているハンドパン、
一般的には まだ馴染みがない楽器だと思いますが、
改めてハンドパンの形状や音の出る仕組みは?
園部さん「形はぱっと見はUFOみたいな形をしていて、
上のところに音となる音盤が付いています。
直径は55cm、高さは25、6cm、重さは4.5kgってぐらいですね。
まぁ持ち運びにはそんなに難しくない楽器にです。
鉄のままこの楽器を作ってしまったら
スペーシーな音は出ないんだけど、その鉄に熱処理、
簡単に言うと表面に窒素を染み込ませる、
地下熱処理っていうのを施すと表面だけに表面だけが
硬化してするんです。それで振動が少し抑えられて
静かな斉一な音が響くようになっているんです。」

ハンドパンの原型となったスティールパンは
もともとどこで作られた楽器だったのでしょう?
園部さん「2000年頃にもともとスティールパンを
作っていたスイスの会社が南インドのガタムっていう
背焼きのドラムとインドネシアのガンムラとかに
インスパイアされてスティールパン発展させてた楽器の
ハングって楽器を制作したんです。それが始まりなんです。」

今夜の選曲:DEW OF THE MOON / 峯モトタカオ

========================
くりらぼ多摩川 町工BAR
Vol.20 製作者と奏者、生み出す世界

日 時: 11/29(水)19:00~20:30 OPEN18:30
参加費: 1000円(ワンドリンク・おつまみ付) ライブは投げ銭
定 員: 30名(先着順)
会 場: くりらぼ多摩川・工場棟
詳細URL:http://www.o-2.jp/mono/lab/pdf/20171129_BAR_20.pdf
=========================

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年11月16日

11月20日から11月22日は

今週は、ハンドパン制作の第一人者 園部良さんをお迎えします。

5_sonobe.jpg

1968年千葉県生まれ。
スティールパン発祥の地トリニダード・トバゴの工房で
製作技術を学び、スティールドラムの輸入販売を経て、
現在は大田区に工房「SONOBE」を構え、
ハンドパンを製作・販売をされていらっしゃいます。
また2011年には、大田区が制定した
「大田の工匠100人」に選ばれています。


staff| 19:57 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年11月16日

【Podcasting 第556回 】増田太郎さん

今回のポッドキャスティングは、
11月13日から11月16日放送分、
ヴァイオリニストの増田太郎さん

staff| 19:55 | トラックバック(0) | カテゴリー:ポッドキャスティング

2017年11月16日

演奏と合わせて講演を行う。増田流の講演活動とは?

ヴァイオリニストの増田太郎さんです。

2_masuda.jpg

増田さんは演奏と合わせて行う
講演活動もしていらっしゃいます。
講演ではどんなお話をされるんですか?
増田さん「まずお招きいただくところが
自治体や企業、学校や様々で11月にはお寺に
お招き頂きました。本当にいろんな世代の
皆さんの前でお話させて頂きます。
お話はいろんなお話をさせて頂くんですけど、
音楽を通していろんな出会いを授かっているので
いろんな出会いのお話をさせて頂いています。
あとは必ずそのお話とリンクさせて曲を演奏するんですね、
なので、30分講演して30分演奏っていうのではなくて、
喋っては弾き、弾いては喋りとやっているんです。
あとはすごく笑いとかも大事だと思っていて、
踏切の音とか、牛の鳴き声とかも演奏したりするんです。
そうやって笑いも作って空気を1つにしながら、
コミュニケーションを作っていくということをしているんです。」

今夜の選曲:WALTZ OF JOY / 増田太郎

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年11月15日

福島県の中学生と制作した楽曲「生きる」。 この楽曲への思いとは?

ヴァイオリニストの増田太郎さんです。

3_masuda.jpg

増田さんは福島県の中学校の皆さんと
楽曲の制作を行いました。
この制作はいつ頃行われたのでしょうか?
増田さん「今年の1月に、ずっと交流のあった福島県の
校長先生から1年間かけて生徒が学んできたことを
谷川俊太郎さんの「生きる」っていう詩を
群読しているんです。この群読に音楽をつけてほしいと
言われまして、みんなのまっすぐな群読を聴きながら
曲を作ったんです。」

増田さんはパラスポーツイベントでも精力的に
演奏なさっています。64年ぶりに開催された
「スポーツ祭東京2013」の 開会式でも演奏されました。
この時はどんな曲を演奏されたのでしょうか?
増田さん「この時はアスリートの皆さんのことと
それを励まし合っている皆さんのことを思いながら2曲、
「君は挑む、その先の未来へ」って曲と
アスリートのテーマ(The Theme of Athlete)の曲を
味の素スタジアムで演奏されて頂きました。」

2020年に向けてはこれからどのような活動を?
増田さん「今もオリンピック、パラリンピック関連の
イベントも演奏されてもらっているんですけど、
やはりコンサートでも常に言っているんですけど
聴きに来るんじゃなくて参加してくださいって
言っているんですね。みんなで作り上げていくもの
だと思っているので、今からそういう空気を
音楽で盛り上げて、いろんなイベントで盛り上げて
いきたいです。そして、2020年の国立のステージには
やっぱり立ちたいです!」

今夜の選曲
M1:生きる~群読~ / 増田太郎 [生きるプロジェクト 郡山市立日和田中学校のみなさん]
M2:アスリートのテーマ~THE THEME OF ATHLETE~ / 増田太郎

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年11月14日

福島県や石巻市で展開する被災地支援について。

ヴァイオリニストの増田太郎さんです。

4_masuda.jpg

増田さんは2011年の震災直後に、
楽曲「希望の景色 Visions of Hope」を発表。
被災地の避難所での演奏活動をされていました。
当時はいつ頃から被災地に?
増田さん「(発生から)翌月ですね。
当時、宇都宮で避難している方々に演奏してほしいと
お招き頂いて、伺ったのが最初です。
それで次に福島県のビックパレットってところですね、
何千人って方が避難されるところにもお招き頂いて、
演奏させて頂きました。」

増田さんは宮城県石巻市の日和山神社でも
演奏を行なっています。
増田さん「日和山神社は毎回石巻市を訪れる時に
毎回お参りをしていたんです。
それである時、偶然お目にかかった宮司の奥様から
「CD聴いてます!」と声をかけて頂いたんです。
しかもそれだけでなく、お正月の三ヶ日は神社で
僕のCDを流して頂いていたそうなんです。
石巻の街に向けて僕のCDを流してくれていることに
すごく感激しまして、それでその時に是非コンサートも
ということで、そのご縁が毎回希望の景色コンサートと
というのをやらせて頂いています。」

今夜の選曲:希望の景色 VISIONS OF HOPE / 増田太郎

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年 Nov月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    


バックナンバー