2017年02月20日

大宮エリー流! 心のシャッターの開け方とは?

作家、脚本家、映画監督、CMディレクター、CMプランナーなど
様々な分野で活躍されているの大宮エリーさん

170220_ellie_1.jpg

近年は、画家としても精力的に活動されています。
昨年には、青森の十和田現代美術館でも、絵画展を開催されました。
「小山登美夫さんのところにいて、最初の2015年の絵画展に
 今副館長をされている、児島やよいさんがいらして、
 いいねって言ってくださって。
 美術館で思ってたら、翌年できることになりまして。」

さらに、美術館の周りの商店街が、
”シャッター商店街”になっていることから、
町おこしを含めた、大きなプロジェクトへと進んでいったそう。
「うまく商店街とコラボ出来ていないっていうのがあって。
 じゃあ、シャッターに絵を描けばいいじゃんっていう
 簡単な事じゃなくて、街の方に聞くと、
 ”心のシャッターも降ろしてる訳だから…”って言われて。」
そこで、シャッターは最終的に、白のペンキで作品を塗りつぶし、
作品を残さず現場復帰を行うことを条件にし、描き続けたのだとか!

「そしたら、街の人がだんだん、現場復帰しなくていいってなって。
 でも、結局どうやって、心のシャッター開けたかというと、
 『十和田の酒を浴びるほど飲んだ』 んですよね、、、
 そしたら、皆に心配されて、シャッターの許可も、
 どんどん取ってくれるようになって(笑)」
商店街協会の方々とも打ち解け、シャッターだけでなく、
アーケードにもカラーセロファンで虹を作ったり、
商店街の空き店舗に作品を壁紙にして飾るなど、
考えつく、様々なアイディアを実現されていったのだとか。

今夜の選曲:ONLY YOU / おおはた雄一

【リスナーご招待のお知らせ】
LOHAS TALK 公開収録を、
3月7日(火) に丸の内 MC FORESTで行います。
  このイベントに、抽選15組30名様をご招待します。
ご応募・詳細は、こちらから。
*締め切りは、2月26日(日) 。

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年02月17日

2月20日から24日までは、

作家の大宮エリーさんをお迎えします。

170217_ellie_1shot.jpg

規格外の行動、画家としての活動など、
たっぷりと伺います。

■プロフィール■
1975年、大阪府生まれ。 広告代理店勤務を経て、
2006年に独立され、映画監督、作家、脚本家など、
様々なメディアで活動する一方、
2012年より本格的にアートの活動をスタート。
体験型の個展の発表や、2015年には
初の絵画展「emotional journey」を開催し、
精力的に活動されています。

staff| 20:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年02月17日

【Podcasting 第520回 】古見きゅうさん

今回のポッドキャスティングは、2月13日から17日放送分、
水中写真家の古見きゅうさん

staff| 20:50 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年02月17日

世界の海を見て、感じる奥深さ。次のフィールドは、日本の海?

水中写真家、古見きゅうさん
世界中の海で撮影されてきました。

170217_furumi_2shot.jpg

「アメリカといっても、西海岸と東海岸では海は違うし、
 自分で世界を描けるように、ちゃんと記録したいなと思って、
 その延長で日本の海を見ると、奥深いなって気づいてきました。」
最近では、クジラの撮影もされたという古見さんですが、
あまりの大きさに打ちのめされてしまったそう。

近年続けているのは、日本の海を作品にすること。
「いろいろな側面から日本の海のことを考えていくと、
 生き物の発生源のサンゴ礁があって。
 それが南の発生源だとすると、北では流氷になると思うんです」

ロシアから植物性プランクトンを含み、
北海道にやってくる流氷は、豊かな漁業資源につながっていきます。
流氷で撮影をしていると、トドやオットセイなど
大きな生物に遭遇することも。

今夜の選曲:WHEN DEBBE’S BACK FROM TEXAS / STINA NORDENSTAM

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年02月16日

トラック諸島の沈没船をテーマにした写真集。撮影のきっかけと苦労。

水中写真家、古見きゅうさん
2015年には写真集『ザ・セブン・シーズ』、
『トラック・ラグーン トラック諸島に閉じ込められた記憶』、
『WAO!』と、3冊続けて出版されました。

170216_furumi_1.JPG

中でも、『トラック・ラグーン』は、
トラック諸島の沈没船をテーマにした作品です。

きっかけは、トラック諸島(現在はチューク諸島)に
ダイビングショップを開くために移住した
インストラクターの同期の親友のところへ行ったこと。
「いつか撮影に来てよって言われて、
 行ってみたら、たくさん船が沈んでいることに気づいて、
 そこからでしたね。」

撮影していた当時は、航空機も合わせると43。
ですが、見ることの出来ないほど深いところにもあり、
数は正確にはわからない状況です。

「沈船って、僕らが普段潜る深度じゃないところに
 あったりするんですよ。一番深いと70m以上ありましたね。
 それは通常レジャーでは行かないところなので、
 上がってくる時の減圧の時間が数時間単位になって大変でした。」

今夜の選曲:I’LL BE CRYIN’ FOR YOU / STINA NORDENSTAM

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年02月15日

なぜ魚を撮り続けるのか? 作品のテーマは、WA !

ダイビングガイドだった古見きゅうさんは、
2003年に水中写真家に転身されました。

170215_furumi_1.jpg

「魚って、何考えているか分からないじゃないですか。
 どうやったら魚に近づけるんだろう、とは思ってました。」

魚たちのコミュニケーションを題材にした企画からはじまったという、
ウミガメが表紙になっている、古見さんの初の写真集『WA!』。

表紙の写真はよく見ると、亀の上にコバンザメが乗っていて、
これは、古見さんが表現したい
”海のコミュニケーション” が詰まっています。
「WA!っていうのは、輪っかの”わ” だったり、
 対話の ”わ”だったり、平和の “わ” だったり。」

この当時から、ダイビングガイドではなく、
水中写真家として活動し、自身のテーマを企画にして、
売り込むために、作品を撮る毎日なのだそう。

今夜の選曲:HE WATCHES HER FROM BEHIND / STINA NORDENSTAM

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年02月14日

転身前の職業、ダイビングインストラクターのお仕事。

水中写真家の古見きゅうさんをお迎えしています。

170214_furumi_1.jpg

古見さんが最初に潜ったのは、高校卒業後、
専門学校の授業でした。
そして在学中にダイビングインストラクターの資格を取り、
海の近くいるため、和歌山県串本町で
ダイビングガイドとして勤務されます。

1日2回潜り、1回では1時間半。
4〜5人の方をガイドしながら潜ります。
お客さんの緊張をほぐすのも、ガイドの仕事です。

「ファンダイビングは、10〜20mぐらいの間ですね。
 マックスでも30mぐらいですね。
 最近は、カメラを持っている方も多いので、
 事前には、どんな魚とか景色が見れるとか説明します。」

今夜の選曲:LITTLE STAR / STINA NORDENSTAM

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年02月13日

海の撮影でいち早く気づく、サンゴの白化現象。

水中写真家の古見きゅうさんをお迎えしています。

170213_furumi_1.jpg

もともとは、海に潜りたいと思うよりも前に、
魚を毎日見たいと思ったことがきっかけだったそう。
「家で魚を飼っていて、それが発展して
 海に潜れば、毎日魚を見る事ができるって思って。 
 淡水の熱帯魚じゃなくて、海の熱帯魚しか興味がなかったんです。」

古見さんが撮影した写真集「白化現象の記録」が
日経ナショナルジオグラフィック写真賞2016のネイチャー部門で
最優秀賞を先月受賞しました。
「去年1年の中で起こった現象を記録したんですね。
 フィールドは、沖縄西表島、石垣島、宮古島、
 あとインド洋のモルディブですね」

珊瑚の白化現象は、昨年夏、日本でもやっと話題になりました。
ですが、古見さんはインド洋のモルディブで
昨年は2月の時点で、珊瑚の白化現象の予兆を感じたそう。
「これは、日本も夏の時期に白化が起こるんじゃないかなって
 思いましたね。1つの地点だけではデータとしてわからないので、
 八重山諸島の中でもいろんな場所にいってましたね」

海の中で活動する、古見さんだからこそ、
いち早く温暖化を感じる事ができるのかもしれません。

今夜の選曲:MEMORIES OF A COLOR / STINA NORDENSTAM

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年02月10日

2月13日から17日は

水中写真家の古見きゅうさんをお迎えします。

170210_furumi_1shot.jpg

■プロフィール■
1978年東京都生まれ。
専門学校で、スキューバダイビングの
インストラクターの資格を得たのち、1999年から
和歌山県串本町でダイビングガイドとして
海中を案内するなかで、魚の撮影をスタート。
フォトコンテストに入賞したことをきっかけに、
現在は、水中写真家として活躍されていらっしゃいます。

staff| 20:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年02月10日

【Podcasting 第519回 】川端潤さん

今回のポッドキャスティングは、2月6日から10日放送分、
AIRPLANE LABELの川端潤さん。

staff| 20:50 | トラックバック(0) | カテゴリー:ポッドキャスティング

2017年 Feb月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        


バックナンバー