2017年03月23日

ワイルドな風味を出す甲州ワインが、世界で注目される理由。

発酵デザイナーの小倉ヒラクさんは、東京都出身ですが、
現在では、“菌がよく育つ”という理由から、
山梨県の大菩薩峠の中腹に住まれています。

170323_ogura_1.JPG

近くには、ワインの醸造所が多い勝沼があります。
「甲州ワインという、山梨のブドウをつかったワインを
 よく飲んでいます。一時は、ヨーロッパみたいなワインを
 作ろうという動きがあったんですけど、最近は、地酒にも戻っていて。
 あえて、日本酒用の一升瓶に入れていたような素朴なぶどう酒を
 今の技術で復活させようという、若い人たちが出てきてます。」

フランスのワインは、優良品種を中心に作りますが、
イタリアは、様々なブドウを使いワインを作る文化があります。
「甲州ワインを作る『甲州葡萄』は、1200~1300年ぐらい前に
 ペルシャの方からシルクロードを渡ってやってきた、
 今ワインを作っているほとんどの葡萄のルーツで。
 でも日本では忘れられて、山梨の山に、
 野生化して残っていた、というものなんです。」
山梨葡萄は、ワイン用に品種改良されてきていないため、
ワイルドな味を作り出す事が可能だそう。
そのため近年では、ヨーロッパと比べるのではなく、
新しい価値観を作り出す醸造所も増えているのだとか。

今夜の選曲:LAST TRAIN / ALLEN TOUSSAINT

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年03月22日

歌って踊って、味噌を作る? 発酵と美術の意外な共通点を発見。

アートディレクターで、発酵デザイナーの小倉ヒラクさんは、
著書『発酵文化人類学』が来月中旬に発売されます。

170322_ogura_1.JPG

「僕1年間、フランスのルーブル美術館に
 ずーっと通い続けた時期があって。
 ルーブル美術館って毎日行っていると、
 名画に飽きて、古代のものを見てたんです。
 そこから、”なぜ人間が文化を作ったのか”という
 謎に導かれて行ったんですよね」
ルーブル美術館や大英博物館も、物を見て、デザインから
人間の起源を紐解くことをしています。
小倉さんは、それを微生物や発酵文化で行っています。

「発酵食品って、目に見えない自然微生物っていうものと、
 人間の感性が働きかけて作り出した芸術なので。
 だんだんずっと調べてみてくると、細かい所がわかるようになって、
 その細かい所によって、その土地ではどういう暮らしがあったか
 分かるようになってくるんです」

約8年前から小倉さんは、ご自身がプロデュースされた
絵本『てまえみそのうた』を使った、
味噌を手作りするワークショップを開催しています。
「発酵って、色んな理屈が後ろに隠れているんですけど、
 基本的には美術と一緒で、五感で感じ取るものなので、
 アプローチするときに体で楽しむのが必要だなって」
現在では、多くの場所で活用されている絵本になっています。

今夜の選曲:SOUL SISTER / ALLEN TOUSSAINT

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年03月21日

微生物とデザインをつなぐ、発酵デザイナーとは?

アートディレクターで、発酵デザイナーの小倉ヒラクさんは、
旅好きで大学在学中にバックパッカーをされていました。

170321_ogura_1.JPG

「それがきっかけで、就職活動をする機会を
 失ってしまって。一時期フランスで絵の勉強していたので、
 アートとデザインの世界に入って行きました。」

発酵デザイナーとして、雑誌ソトコトにて連載をされています。
発酵デザイナーの仕事は、
”微生物の見えない働きをデザインを使い可視化する”こと。
「大雑把に言うと、微生物研究とデザインを
 足して2で割ったような仕事です。
 全国の酒屋さんとかのデザインの仕事をしたり、
 研究機関や自治体なども、発酵技術を使って町おこししたい
 って話があった時に、商品開発などを一緒に考えています。」
小さい子供達にもわかりやすいように、
菌を育てるワークショップなども行っています。

日本の発酵食品は、大別すると、お酒と調味料に分かれます。
中でも、大豆、麹、塩を使った固形調味料=味噌は、
原料が単純でありながら、発酵プロセスが複雑です。
「お味噌は、麹菌、乳酸菌、酵母菌が働いて発酵していくので、
 原料の大豆の味は複雑ではないんですけど、
 半年、1年経つと、複雑な味覚を生み出すんです。
 これが、和食の発酵食品の特徴で」
味が複雑であるため、お味噌汁を毎日のように
飲むような文化になったそう。
また、納豆は東アジア一帯で食べられていますが、
日本のような糸を引く納豆は珍しいのだとか。

今夜の選曲:COUNTRY JOHN / ALLEN TOUSSAINT

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年03月17日

3月21日から24日は

アートディレクターで、
発酵デザイナーの小倉ヒラクさんをお迎えします。

170317_ogura_1shot.jpg

発酵文化と発酵食品のお話、たっぷりと伺います。

■プロフィール■
1983年東京都生まれ。早稲田大学文学部を卒業され、
ゲストハウスの経営を経て、スキンケア会社にデザイナーとして就職。
その後、独立されて、現在は、
アートディレクターとして幅広く活動していらっしゃいます。

staff| 20:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年03月17日

【Podcasting 第524回 】和田裕美さん

今回のポッドキャスティングは、3月13日から17日放送分、
人気営業コンサルタントで、和田裕美事務所株式会社・代表取締役の和田裕美さん。

staff| 20:50 | トラックバック(0) | カテゴリー:ポッドキャスティング

2017年03月17日

投資するなら、自分のスキル! 人生が楽しくなる営業のワザとは?

和田裕美事務所株式会社の代表取締役、
和田裕美さんは、ビジネス書を中心に50冊以上出版されています。

170317_wadahiromi_2shot.jpg

最初に出した著書、
『世界NO.2 セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本』は
当時まだ数少なかった”女性のビジネス本”でした。
「当時2003年で、女のビジネス本なんて誰が読むんだって
 15社くらい断られたんですけど、ダイヤモンドの編集担当の方が
 偶然女性で、面白いから出そうってなって、ヒットしたんです。」

著書『幸せなお金持ちになるすごいお金。』は
お金のマインド、考え方をテーマにした、
女性に手に取ってもらえる本になっています。
「出版業界、書店、中継ぎ含め、いろんな事で
 模索されている状況なので、
 何か良い企画あればどんどんやりたいです。」

今後について伺うと、、、
「老後に必要なお金の心配される方多いんですけど、
 株に投資するよりも、自分に投資して、自分に1番リターンが高い
 自分の価値を上げるほうが、最高の投資だと思うんです。
 物を伝えて、物を売れるって、年齢制限なく仕事できるので、
 そのスキルさえあれば、ずっと人生楽しいんじゃないかなって思うので、
 そういう方達の教育をしていきたいなって考えています」

今夜の選曲:TAPESTRY / CAROLE KING

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年03月16日

何歳になっても諦めずに働く楽しさ。大人も子供も、陽転思考で変わる!

和田裕美事務所株式会社の代表取締役、
和田裕美さんは、営業での経験をもとに、
様々な企業で講演をされています。

170316_wada_1.jpg

「私は営業を中心にお話するんですが、セールスの世界って、
 70歳、80歳の女性が活躍されていて。凄いんです!
 この年齢で納税しているっていうのは、
 すごく国を助けている、と思っているんですよ。」
仕事のために、化粧をし綺麗な格好で外出するため、
病気にもなりにくいのだとか。
「物を伝えて、物を売るスキルを身につけて、
 旦那さんが定年退職したら、自分が外に出るわ!って
 諦めないで、どんどん社会に出てほしいですね。」

数々の企業を見られてきた和田さんは
日本の男社会は、変わりつつある、と感じるそう。
「今までは、男性と女性が一緒に仕事していると、
 どうしても女性の方が、結婚出産の関係で、
 仕事を辞めちゃうことがあったんですが。
 女性が、“どうやったら仕事を続けられるのか”って考え始めて、
 今、男性もすぐ辞めちゃうよねっていう風になってきました(笑)」

最近では、和田さんは ”陽転思考” の特別授業を
小学校でも行っています。
”陽転思考” とは、何か悪いことが起こった場合に、
それを何か理由をつけて、”良かった事”に変換すること。
たとえば、親に怒られた場合には、
”学べて良かった”、”時間が潰れてよかった” と考えます。
「このトレーニングは、中学生の前で、先生の話を聞く段階、
 小学5年生、6年生くらいが一番良いのかな、と思います。」

今夜の選曲:HOME AGAIN / CAROLE KING

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年03月15日

まだまだ結果が出せる!女性の社会進出とスキルアップ。

和田裕美事務所株式会社の代表取締役、
和田裕美さんをお迎えしています。

170315_wada_1.jpg

先日3月8日(水) 、国際女性デーに女性の生き方を考える
イベント「HAPPY WOMAN FESTA」が、
渋谷ヒカリエにて開催されました。

横浜市長:林文子さんや 東京都知事:小池百合子さんなど、
女性の社会進出は、少しづつ増えているように感じます。
「やっぱり、結婚や出産で、ブランクができてしまうんですが、
 働く女性をもっともっと増やしていきたいですね。
 本当に、女性の人は伸びます。男性がダメっていうのでは無く、
 女性にも良い環境を与えてあげれば、まだまだ結果が出ます」

和田さんは、営業スキルに関する講演を、
企業の依頼でたくさん行われています。
「成約率を上げて、売り上げを3倍にしたい、とか、
 落ち込んでいるから、モチベーションあげてほしいとか。
 あとは、やっぱり女性ですね。男性社員に向けて、
 どう女性を活躍させ、マネジメントしていくかとか。」
さまざまな企業、商品について勉強できる今の活動が楽しい、とも。

今夜の選曲:WHERE YOU LEAD / CAROLE KING

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年03月14日

時代に合わせた、感覚的にワクワクする本作り。

和田裕美事務所株式会社の代表取締役、
和田裕美さんは先月、廣済堂出版から
『運をつくる授業』を出版されました。

170314_wada_1.jpg

自己啓発が好きな読者層に向けた本で、
今は、字を詰め込んだHOW TOよりも
感覚的にワクワクするように作られています。
「最近小説を書いたんですけど、人生で1回も
 小説読んだことないっていう読者さんがたくさんいて。
 1冊読み切れたの初めてって言われたんですよ。」
20代の半数が ”1年に1冊も本を読まない”時代、
どうやったら本を読んでもらえるのか、考えられています。

和田さんの小説『ママの人生』は、
ご自身のお母様を題材にされ、昨年末に出版されています。
「自分の人生で、影響を受けたのって、母なんです。
 破天荒な母だったんですね、でも、上手に育ててもらったんです。
 上手な育て方、付かず離れずな育て方で、ちゃんと大人になって。
 結局、あっという間に亡くなるんですが、、、
 そういう話を編集担当としていたら、書いてみようって。」

今夜の選曲 : BEAUTIFUL / CAROLE KING

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年03月13日

売れる営業に変わる! 世界ナンバー2の営業ウーマンのセールストーク術。

ビジネス書を中心に50冊以上出版される
和田裕美事務所株式会社の代表取締役、
和田裕美さんをお迎えしています。

170313_wada_1.jpg

作家としてのデビュー作は、2003年にダイヤモンド社より発売した、
『世界NO.2 セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本』
当時セールスNo.1は、アメリカの男性だったそう。
「私が営業をやり始めた時は、8割男性の社会でした。
 とりあえず、”ノルマ達成” “売ってこい” “煽れ” とか、
 そういうキツい事が多かったんです。でも自分がそういう事言うの嫌で、
 辞めかけた時に、どうやって売れるか自分なりの方法を
 見出していった事から、はじまりましたね。」

営業のセールストークの定番として、
“残り1つです” と、煽ることが良くあります。
ですが、和田さんは事実だけを伝える事で、”売れる営業”に変わりました。
「いくつでもあるし、いつ開始しても良いし、
 10年後でも20年後に決めても、商品は山のようにあります。
 でも人生の時間だけは、刻一刻過ぎていくので、
 本当に何かやりたいことがあるなら、1日でも早く
 やったほうが良いというのは、事実ですよって、」

20代で、年収6000万円ほどにまで登り詰めた和田さん。
それでも、“女性であるから” “若いから” など、
さまざまな行動に対して、周りからの反対が多かった、と
当時を振り返ります。

今夜の選曲 : BROTHER, BROTHER / CAROLE KING

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2017年 Mar月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


バックナンバー