2018年03月12日

カカオとチョコレートとの関係、 拠点地・コロンビアの魅力とは?

今週はカカオハンターの小方真弓さんをお迎えしています。

1_ogata.jpg

まずカカオとチョコレートの
関係を教えていください。
小方さん「まずカカオは、基本的にはチョコレートの
原料となっています。生産されているのが、
赤道を挟んで、南緯 北緯 20度の熱帯地域になります。
対してチョコレートが消費されているのが、
もちろん熱帯の地域でも消費されているのですが、
もう少し離れた場所がメインになっています。
チョコレートとカカオの関係というのは、
原料と最終加工品というのが一般的であり、
かつ、良くも悪くも南北経済の中にあって
成り立っているとも言えると思います。」

なぜカカオハンターに?
小方さん「カカオ美味しいんですよね(笑)
果肉のしゃぶる部分ですけど、ライチの香りが
あったり、青リンゴの香りがあったりとかですね。
そもそもチョコレートの原料がカカオだっていうのが
不思議でしょうがなかったんです。世界50カ国以上で
生産されいて、その国その国でいろんなストーリーや
抱えている問題もあって… っていうのを自分の目で
見るようになってもっと勉強したいな、そんでもってこのカカオが
チョコレートになるという工程が20年… 21年やっていますけど
未だに面白くてしょうがないんですね。」

今夜の選曲:I'M SITTING ON TOP OF THE WORLD / LES PAUL/MARY FORD


staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/10137



バックナンバー