2018年02月28日

ねぎの美味しさを引き出した“寅ちゃん餃子”そのおいしさの秘密とは?

今週は、ねぎびとカンパニー株式会社 代表取締役で、
「初代葱師」の清水寅さんをお迎えしています。

7_shimizu.jpg

清水さんは自社開発された商品、
“寅ちゃん餃子”の販売もされている
そうですが、これは?
清水さん「この餃子、加工品と言われている
中では、ねぎの味がわかるというか…
僕のイメージでは、また会いたいというか、飽きない、
また食べたいねと思えるようなねぎが理想とする
ねぎなんです。それ(ねぎ)を使って
1番味が良いのが餃子だったんです。
女性でも、子どもでも、おばあちゃんでも
飽きがこないというものを求めたんです。」

清水さん「餃子はネットを中心に販売しています。
先ほども言ったんですが、飽きがこない。
うまいとかジューシーとかを作る会社さんは
いっぱいあると思うんです。だけど唯一無二を
求めるには何度も食べたくなる、食べてもちょっと物足りないな
と思える餃子なんです。それで調べたところ、
皮の薄さが0.7mmで、餡をギュッと入れるんです。
普通の餃子は鍋に入れるとパンクしてしまうんですけど、
うちの餃子は鍋に入れてもパンクしないんですね。
この根拠というのが、身が詰まっていて、空気が
少ないので膨張しないんです。皮が薄くて、
水餃子にできるというのは、中身がしっかりと詰まった
美味しい餃子、食べた瞬間に餡に届く餃子なんですね。」

【ねぎびとカンパニーオフィシャルサイト】
URl:http://negibito.com

今夜の選曲:I LOVED AND I LOST / THE IMPRESSIONS

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/10127



バックナンバー