2020年02月05日

子どもの表現と向き合う保育。

社会福祉法人 東香会 理事長の齋藤紘良さんをお迎えしています。

200131_4.jpg

創造性を育む教育方針で、
アートや芸術にも力を入れていらっしゃる?
齋藤さん「アートと言うと大ごとになってしまうので、
私たちの中では表現と言っているんです。
子どたち、0歳からも表現はしていて、
目線がどこにあるとか、泣いてみたりとか、
手を伸ばしてみたりとか、
いろんな表現しているんですね。それを
周りの大人は気づいてあげて、彼は何をしているのかの
意思をしっかり記録して、みんなで分かちあうことが
大事だと思っていて、それが積み上がっていくと
芸術ということに繋がっていくんじゃないかなと思っています。」

今夜の選曲:ピクニック / COINN

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年02月04日

創造性を育む保育のカタチとは?

社会福祉法人 東香会 理事長の齋藤紘良さんをお迎えしています。

200131_2.jpg

保育園では具体的に
どのような教育をされているのでしょう?
齋藤さん「子どもたちが自分で自分のやりたいことを
見つけていくという時間を多く取っているので、
子どもたちに今日何をやりたいかとか、
どの部屋で遊びたいかとかを聞いていくんです。
そうすると一つ、ひとつの部屋に特徴が出るんです。
アトリエの部屋、建築の部屋、音楽の部屋、
ごっこの部屋、図書室、光の部屋、研究…
こういったようにいろんな部屋が散りばめられていまして、
自分が行きたい、こういうことがしたいと思いながら、
選択していく授業をしています。」

今夜の選曲:おどってうたって / COINN

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年02月03日

しぜんの国保育園、園長が語る保育の理念とは?

社会福祉法人 東香会 理事長の齋藤紘良さんをお迎えしています。

200131_1.jpg

町田のしぜんの国保育園は
今年で何年目になるのでしょう?
齋藤さん「40周年になります。子どもたちは162名います。
ちょっと変わっているのが建っている場所でして、
谷に建っているので、谷戸と呼んでいるんですが、
その谷戸の斜面に建っている建物なので、
入ると1階、徐々に下っていくすがら保育室があって、
最終的には園庭にたどり着くという、非常に地形的に
面白い場所に建っているのが特徴なんですね。
自然豊かな環境にあるというのは確かなんですが、
子どもたちも大人たちもその場所に来ると自然体になれるのが、
一つのメソッドというか、理念の含まれています。
自然の中で、特別なメゾットを使わずに自分たちの
保育をどう作っていくことを毎日考えていく、
そういうことを実践しています。」

今夜の選曲:冬のにおい / COINN

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年01月30日

2月3日から2月6日は

社会福祉法人 東香会 理事長の齋藤紘良さんをお迎えします。

200131_1.jpg

東京生まれ。町田市の認可保育園
「しぜんの国保育園」園長を経て、
その運営主体である東香会の理事長に2018年6月に就任。
また、作曲家として映像番組への楽曲提供や、
4人組のバンドCOINNのメンバーとして
音楽活動もしていらっしゃいます。

staff| 19:57 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年01月30日

フェルム ラ・テールと美瑛町の未来について伺います!

フェルム ラ・テール美瑛の細田俊二さんをお迎えしています。

200127_2.jpg

フェルム ラ・テール美瑛の今後は、
どのように考えているのでしょう?
細田さん「今は日本の食全体がコンビニ化していて、
簡単に食を楽しむようになっていますが、
胃袋の満たすだけの食事だけではなく、
頭も心も満たす食の機会を提供して行きたいなと思います。
あと美瑛町は、平成元年の時に農家が1000軒あったのが、
今は470軒、平成の一時代で半分以下になったんですね。
これから20年どうなるかというと、またさらに
半分減るんじゃないかと言われているんです。
美瑛に移住して気づいたんですが、今までは東京にいると、
電話やメールしたら、小麦、牛乳が届くというのが
当たり前だったんですけど、当たり前じゃないんだなと。
美瑛に生活をし始めて、10年、20年続けていくことって
大変なことなんだなと実感したんです。
我々はフェルム ラ・テールの事業を続けながら、
美瑛産の小麦だったり、牛乳、畜産物をブランド化しながら、
生産者の方達が次世代に繋げられるような
サポートしていきたいなと考えています。」

今夜の選曲:GET BACK TO THE COUNTRY / NEIL YOUNG

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年01月29日

北海道 美瑛町の魅力とは?

フェルム ラ・テール美瑛の細田俊二さんをお迎えしています。

200127_4.jpg

フェルム ラ・テール美瑛の年間の来店数や
どんなお客さんが来るのでしょう? 外国の方も?
細田さん「だいたい年間約3万人のお客さんがいらっしゃっています。
インバウンドのお客さんは残念ながら、私どものお店が
街中から歩いて来られらないということもあり、
5%未満となっています。北海道内の地元の方が圧倒的に多いですね。
(美瑛の食べ物は)7月20日ぐらいから小麦の収穫が始まるんですが、
その時期から農業景観が変わってきます。
美瑛町は3種類の小麦を栽培しているんですが、
その3週類とも麦の色が違くて、それが風で揺れる景観を
みなさん楽しんで行かれます。あとは我々以外にも美瑛産の
小麦を使ってパン屋、お菓子を作っているお店はたくさんあるので、
そういったところにも是非足を運んで頂きたいです。」

今夜の選曲:COMES A TIME / NEIL YOUNG

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年01月28日

北海道 美瑛町を拠点にしたきっかけとは?

フェルム ラ・テール美瑛の細田俊二さんをお迎えしています。

200127_3.jpg


北海道 美瑛町にパンや洋菓子の製造販売、
レストランが一体となった総合施設
「フェルム ラ・テール美瑛」があります。
こちらはどのような経緯でオープンに?
細田さん「美瑛町との出会いが、今から17年ぐらい前に
三宿でパンの事業を立ち上げた時に、北海道の江別にある
江別製粉から美瑛町の小麦を紹介して頂いて、
これが非常にパンとかに向くなという出会いがあったんです。
そこから美瑛町に行くようになったんです。
ラ・テールで使う、パン用粉や菓子用粉も
全て美瑛さんに切り替えたんですね。
我々としては長いこと主原料である小麦粉を通して、
美瑛町とつながりがあったというわけです。
最初は九州であったり、静岡であったりいろんな産地を
試してきたんですけど、我々の物作りで目指しているものと、
美瑛町の土地で育まれたものがうまくマッチしたんです。
そして、(当時)22年前に国産の小麦を使うというのは
革新的だったんですが、今はコンビ二やスーパーでも
どこでも大手のナショナルブランドでも国産小麦を使っていますと
言っているので、それでは差別化にはならないんですよね。
元々は世田谷で生まれたブランドなんですが、
お世話になっていた美瑛町に拠点も置いて、
我々の目指す食の世界を表現するブランドを再構築
していこうということを考えて
美瑛の方にお店を出すことを決めました。」

今夜の選曲:LOTTA LOVE / NEIL YOUNG AND CRAZY HORSE


staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年01月27日

国産小麦にこだわる、フェルム ラ・テールのパンと洋菓子作り

フェルム ラ・テール美瑛の細田俊二さんをお迎えしています。

200127_1.jpg

細田さんが専務を兼任されている
会社ラ・テールは、世田谷の三宿で、
洋菓子店を営まれています。
細田さん「今から22年前に世田谷の三宿で
洋菓子店から生まれた、ブランドなんですが、
当時ではすごい珍しかったのですが、
国産の小麦粉を使用するとか、減農薬はオーガニックの
素材をできる限り使うというコンセプトを元に、
出来上がったブランドなんです。
今は都内の15店舗で、パンと店舗を展開しているブランドです。
アジアでは一般的なんですが、日本では一つのブランド中で
パンと菓子が並列さているのは
非常に珍しんじゃないかと思います。」

今夜の選曲:HEART OF GOLD / NEIL YOUNG

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年01月24日

1月27日から1月30日は

フェルム ラ・テール美瑛の細田俊二さんをお迎えします。

200127_1.jpg

1965年東京生まれ。
慶應義塾大学商学部を卒業後、日商岩井に入社、
その後、ファーストリテイリング /
日本野菜ソムリエ協会を経て、2013年に
オルタナティブピープルインターナショナルを設立。
またラ・テールの専務取締役を兼務され、
2017年に美瑛町に移住し、
フェルム ラ・テール美瑛を立ち上げていらっしゃいます。

staff| 20:00 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

2020年01月24日

早くも次回作が始動! 次作のテーマに掲げたのは、、、?

映画監督のオオタ ヴィンさんをお迎えしています。

200117_2.jpg

早くも次回作の構想が?
オオタさん「もうすでに3作目が
撮影中でして、テーマが教育なんです。
2本作ってると、子どもたちが
キラキラしているんですよね。
その子どもたちが小学校に行ったらどうなるのか?
というのを随分聞かれたんですね。
で、探した小学校はテスト無い!通知表がない!
先生は全部ニックネームで呼ぶんです。
自分たちの好きなことだけをやる小学校なんですね。
授業を風景をただ撮影しているだけなのに
衝撃の連続ですね!」

新作映画「いただきます ここは、発酵の楽園」
1月24日より アップリンク吉祥寺ほか 全国順次公開
320.jpg

今夜の選曲:PIE JESU / 坂本美雨/CANTUS

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク


バックナンバー