2017年02月28日

新著で紹介するローカルヒーローたち。ナンパと街づくりの意外な関係性とは?!

ソトコト編集長の指出 一正さんの著書、
『ぼくらは地方で幸せを見つける ソトコト流ローカル再生論』
中には、たくさんのローカルヒーローたちが紹介されています。

170228_sashide_1.JPG

学生時代に東京でナンパ師をやっていたという、
長野県塩尻市職員の山田崇さんもローカルヒーローの一人。

人との距離を縮める、ナンパのスキルは、
街づくりにはすごく向いている、と指出さん。
「そもそも、知らない人に近づけるかっていうのが
 地域づくりには1番大事なことですから。
 そこで、山田さんはナンパのスキルを使って始めた
 プロジェクトが、”nanoda”という空き家を使った実験です」

シャッター通りをどうするかではなく、
シャッターが閉まっている空き家を借りよう、と始まった、
『空き家から始まる商店街の賑わい創出プロジェクトnanoda』

身の丈にあったことからスタートさせようと、
”焼き鳥を食べる会なのだ”、“映画を観る会なのだ”
“お茶、なのだ”など、誰もが参加出来るイベントを行っています。
「たくさんの人数を集める爆発的な効果ではなくて、
 持続的に面白いまちづくりを、松本の隣の穏やかな街で
 やっていて、全国から人が見にきたり、学生が移住してきたり。
 不思議な作用が出てきています。」
地域を大きく動かす、スーパー公務員がいるか、どうかで
まちづくりが面白くなっていくかが決まる、とも。

最近では、スマートフォンの普及により、
どの場所からでも情報を発信できることが、
地域が伸びる理由の1つでもあるとか。

今夜の選曲:TAMP ’EM UP SOLID / RY COODER

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9786



バックナンバー