2016年11月30日

景色を伝える、ギターの音色。詩に曲をつけるという、新たな挑戦。

新作アルバム、『ラプソディー・ジャパン』を発売された、
ギタリストの村治佳織さんをお迎えしてます。

161125_muraji_1shot.JPG

アルバムの中には、五島列島での思い出の曲もあります。
「不思議ですね。7、8回行ってますね。
 親戚がいるわけではないのに、なんかタイミングと
 行きたいなっていう気持ちが合致して。」

最初に五島列島を訪れた時、
テレビプロデューサーと吉永小百合さんと一緒だったそう。
時期は3月末。港で見たの景色が忘れられない、と村治さん。
「島に高校が無くて、学生たちが島を出てったり、
 担任の先生も赴任先が変わって、別れの儀式をするんですよ。
 紙テープが船から、沖に流れてきたり、映画みたいで。
 これで一気にファンになっちゃって」

以前、坂本龍一の番組『RADIO SAKAMOTO』にて
村治さんの”島の記憶”が流れた際、リスナーが
ある感想を書いているのをみて、驚き!
「”15年前に旅した長崎の、頭ケ島の教会を思い出した”
 って書いてくださった方が居らして、本当にそこ、
 その前で私曲書いたんですよ!音の力ってすごいなーって!」

さらに、『ラプソディー・ジャパン』の中、
”雨を見つける”と”一輪のスノードロップ”は
詩に音楽をつける、という試みの曲も収録されています。
「子供とか、戦争とか、自然がテーマの詩がたくさんあって、
 その中の2篇に私は、音楽をつけさせてもらって。
 朗読があるという前提で書いているので、
 ”雨が降る”だったら、下降系のメロディーにしたり、
 言葉に合わせて音にしました。」
詩は、哲学者:エミリー・R・グロッショルツさん、
津田塾大学教授:早川敦子さんが日本語訳をされています。
楽譜は、詩と共に、クルミド出版の『こどもの時間』に
収録されています。

今夜の選曲: 島の記憶~五島列島にて~ / 村治佳織

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9697



バックナンバー