2016年11月28日

最新アルバム「ラプソディー・ジャパン」に込めた思いと新しい試みとは?

ギタリストの村治佳織さん。5年ぶりの新作アルバム、
『ラプソディー・ジャパン』を発売されました。

161125_muraji_1shot.JPG

今回のアルバムのテーマは、ふるさと。
「もともと、”ふるさと”っていう
 タイトルにしようと思っていたくらいで。
 アルバムの企画ありきじゃなくて、
4月に東京で開催したコンサートが元になっているんですね」
このコンサートは、東北の被災者支援を目的としたもので、
“日本のふるさと”を元に、プログラム、ステージングなどを
村治さんが考えられたのだとか。

このアルバムで新しい試みというと、”作曲”。
初めて作曲したのは、
2012年にタンザニアに行かれた時の曲、”バガモヨ”。
「小黒さんがずっとアフリカの話ことある毎に
 して下さってたからいつか行きたい、と思ってましたし。
 作曲をするってなったのも、たまに、
 ”なんで作曲しないの?”って小黒さんにも
 紹介してくださった宮沢りえさんにも言われて、
 蓄積して残ってて、時がきて、やっとっていう感じですね。」

”バガモヨ”は海沿いで、漁師たちが多く居る街。
その街で見た夕日や、街中で仲良くなったという女性の鼻歌など、
エッセイのようにメロディーをまとめた、と村治さん。

今夜の選曲: バガモヨ 〜タンザニアにて〜 / 村治佳織

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9695



バックナンバー