2017年11月06日

23歳で単身スペインへ。スペイン行きを決断したきっかけとは?

フラメンコギタリストの松村哲志さんです。

1_matumura.jpg

23歳でスペインに渡った松村さん。
そもそもスペインに行ったきっかけは?
松村さん「もともとはフラメンコギターを
やりにスペインに行ったわけではないんです。
というのも、当時住んでいた池袋のアパートを
引っ越すことになりまして、どこに引っ越そうかなと
考えている時に、友人からスペイン行った方が
いいんじゃないかと言われまして、2,3ヶ月して
やだったら戻って来ればいいじゃないかと言われまして…(笑)
で思い切ってスペイン渡ってみようと思って行ったんですね。」
「スペインに全く知り合いはいなくて、
言葉も全然わからなかったです。で、その時は
フラメンコのフの字も実はなかったんです。」

マドリードで滞在していたようですが、
どんな生活を送っていらしたのでしょうか?
松村さん「絵を描いたりして売ったりとか、
バーとかお店やカフェのロゴを描いたりとか、
あとは、当時タトューが流行っていまして、
そこら中にあったんです。それで日本人だっていうだけで、
日本語とか遠山の金さんみたいのとか描いていましたね。」

フラメンコギターを始められたきっかけは?
松村さん「絵を描いて個展とかよくやっていたんですけど、
3ヶ月に1回とかしか収入がないんですね。
それで、苦しくなってくる時期があるので、
なんとかしないといけないなというところで…(笑)
できれば日銭が欲しいと思った時に、外で弾いている
ミュージシャンを見て、これだったらできるかもと
思いましてて、早速ギターを買って路上演奏を始めてみたんです。

今夜の選曲:CAFE PALENTINO / 松村哲志

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/10032



バックナンバー