2017年10月04日

経営するカフェ「SOTO KAWADA」、始められたきっかけとその魅力

狛江市で活動するの団体「comaecolor」 副代表 山本雅美さんです。 

5_yamamoto.jpg

山本さんたち「comaecolor」 ではイベント主催のほかに、
「SOTO KAWADA」というカフェも運営されています。
ここはどういうカフェなのでしょう?
山本さん「元々 川辺にですね海の家ならぬ、
川の家を作りたいよねっていうのがあったんですね。
ただ、河川行政というは僕らが想像していたよりも
とても難しいものがあって、そんな簡単なものでは
ないなと思ったんですけど、ちょうど「TAMARIBA」を行なった
川辺の近くに川田旅館さんというご昔からやられている旅館が
あって、そこのオーナーさんと巡り合ってここを違う
コミュニケーションの場所にしたいよねってことで
オープンしたんですね。ただ(これに関わっている)メンバーは
みんな社会人で平日は本業があるので、
土日だけ限定して今はやっています。」

オープンして5ヶ月が経ちましたが手応えのほどは?
山本さん「なかなか簡単なものでは無いですけども…
ただ、地元の人もリピーターで来てくれていますし、
ここも「TAMARIBA」のイベントと同じように
結構遠方から噂を聞いて来てくれている方も出てきているので、
定着させるまで、まだまだ時間はかかると思いますが、
可能性を感じる場ではあると思います。」

「SOTO KAWADA」のコーヒーを入れているのが、
ブルーボトルコーヒー日本1号店の元店長 宮崎さん。
ピーク時には行列になることもあるそうです。

========================
「多摩川リバーサイドフェスティバル TAMARIBA2017」
日時:10月8日(日)・10月9日(月 祝)
会場:和泉多摩川河川敷 大きなヤナギの木周辺
TAMARIBA_5.jpg
========================

今夜の選曲:LET IT BE / BEATLES

staff| 19:52 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/10005



バックナンバー