2017年08月16日

世界遺産登録は地域にとってプラス? 登録後の課題について

NPO法人 世界遺産アカデミー主任研究員宮澤光さんをお迎えしています。

1_miyazaya.jpg

宮澤さん「すべての点で運営がうまくいっているところって
実はすごく少なくて… 例えば京都なんかだと、観光過多の
問題がありまして、日常の人々の生活がうまく回らなくなったり
ですとか、大渋滞が起きたりしたりですとか…
かたや、下鴨神社のところにマンション建設計画の問題とかも
あったんですけど、あの問題がなぜ起こってきているかというと、
文化財を守っていくにはすごくお金がかかるんですね。
国からの補助金もあるのですが、それだけでは全然足りなくて、
下鴨神社の場合は、マンションの収入で、
遺産保護に回すということをしているんですね。」

「今年ウィーンの歴史地区が危機遺産になったんですね。
その理由が都市開発だったんですね。どうしても
世界遺産になってしまうと、開発がうまくできなくなって
しまったりとか、古い町並みを残さなければならないという
ネガティブな方向に捉えられてくることって今後多くなってくる
と思うんですね。人々の生活の便利さと遺産を守るってことが
どうしてもぶつかるところってそこをどうしたらいいのかって
いうのが今後の世界遺産として課題なんですね。」

今夜の選曲:SAMBA DO AVIAO / OS CARIOCAS

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9956



バックナンバー