2017年06月06日

オペラ歌手からシンガー「GONZO」へ。アルバム「The Balcony cruise」の制作秘話。

音楽プロデューサーの野澤孝智さんをお迎えしています。

170605_nozawa_2.jpg

昨日6月5日は「環境の日 」。
積極的に環境の保全に勤める活動が各地で広がっている中、
音楽業界でも環境を意識した取り組みが進められています。
「最近、太陽光エネルギーとかを使ってみたりとか、
インディーズのバンドが自転車の発電機を
何十台も回してLIVEをするとかありますね。」
「実は、自分でも歌を歌っているんですが、
若い頃オペラの勉強をしていたんですね。
例えば300人ぐらいのスペースで、
アコースティックギター2本、バイオリンと歌だと
本当のアンプラグドっていうのがやろうと思えば
可能なんですね。私は、環境に優しい
音楽という意味では100%アンプラグドの音楽が
あってもいいんじゃないかと思います。」


野澤さんはプロデューサー業務をやられている傍ら、
ご自身でも「GONZO」という名義で
シンガーとして活躍されています。
音楽大学時代はオペラを学ばれていたそうです。
「当時(大学時代)は、オペラ歌手を目指そうと
思っていた時期もあったんですが、オペラという
世界は非常に苦労する世界で、金銭的にも
留学に行かなければならないとかで、
中々敷居が高かったですね。
それよりも昔から好きだったレコードジャケットの裏に
プロデューサーのクレジットが書いてあって、
何をしている人なのか当時はわからなかったですけど、
とりあえずこの人は偉い人なんだろうなと思って、
プロデューサー目指して、レコード会社を受けたんですね。」


アルバム「The Balcony Cruise」は
自分の家のバルコニーにいて世界を旅できる!
をコンプセプトに制作され、全曲カヴァー曲となっています。
「僕が小さい頃に影響を受けた、ディズニーですとか、
カンツォーネ、スペインの民謡など、
今の音楽を形成するのにきっかけになった曲を取り上げて、
自分なりにアレンジしたらどうなるのかな?
というところからこのアルバムは始まっています。」

今夜の選曲:WHEN I FALL IN LOVE / GONZO

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9884



バックナンバー