2017年03月27日

25年間の陸上選手生活。そして、引退後の新たな挑戦。

先日丸の内MC Forest で行われた、
番組公開収録の模様をお届けしています。
ゲストは、元陸上選手で、スポーツコメンテーターとして
活躍されている、為末大さんです。

170327_tamesue_1.JPG

為末さんは、国際陸連では
史上最も背の低い、ハードルのメダリストです。
もともとは、陸上で100メートル走をしていたものの
国際大会で、ジャマイカなどの選手に敵わない事を感じたそう。
「でもぼんやり試合を見ていると、
 彼らがやりにくそうにしているのがハードルだったんですね。
 これだったら、もしかしたら、勝てるのかもって。」
高校3年、18歳のときに、ハードルをやり始めますが、
周りの選手よりも遅いスタートになりました。

為末さんは、2012年、34歳で引退。
25年間の陸上生活にピリオドを打ちます。
「25年間ずっと陸上やってきて、突然就活したようなもんで、
 他の世界が全く分からなかったんです。
 結婚していたので、1年半は色んな事してみて、
 それで世の中の反応がなにもなかったら、
 ちゃんと就活して養うから、という約束をしました」
現在では、スポーツと違う分野を繋げたり、
コメンテーターとしても活躍されています。

今夜の選曲:WE’VE ONLY JUST BEGUN / CARPENTERS

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9812



バックナンバー