2017年02月17日

世界の海を見て、感じる奥深さ。次のフィールドは、日本の海?

水中写真家、古見きゅうさん
世界中の海で撮影されてきました。

170217_furumi_2shot.jpg

「アメリカといっても、西海岸と東海岸では海は違うし、
 自分で世界を描けるように、ちゃんと記録したいなと思って、
 その延長で日本の海を見ると、奥深いなって気づいてきました。」
最近では、クジラの撮影もされたという古見さんですが、
あまりの大きさに打ちのめされてしまったそう。

近年続けているのは、日本の海を作品にすること。
「いろいろな側面から日本の海のことを考えていくと、
 生き物の発生源のサンゴ礁があって。
 それが南の発生源だとすると、北では流氷になると思うんです」

ロシアから植物性プランクトンを含み、
北海道にやってくる流氷は、豊かな漁業資源につながっていきます。
流氷で撮影をしていると、トドやオットセイなど
大きな生物に遭遇することも。

今夜の選曲:WHEN DEBBE’S BACK FROM TEXAS / STINA NORDENSTAM

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9775



バックナンバー