2017年02月13日

海の撮影でいち早く気づく、サンゴの白化現象。

水中写真家の古見きゅうさんをお迎えしています。

170213_furumi_1.jpg

もともとは、海に潜りたいと思うよりも前に、
魚を毎日見たいと思ったことがきっかけだったそう。
「家で魚を飼っていて、それが発展して
 海に潜れば、毎日魚を見る事ができるって思って。 
 淡水の熱帯魚じゃなくて、海の熱帯魚しか興味がなかったんです。」

古見さんが撮影した写真集「白化現象の記録」が
日経ナショナルジオグラフィック写真賞2016のネイチャー部門で
最優秀賞を先月受賞しました。
「去年1年の中で起こった現象を記録したんですね。
 フィールドは、沖縄西表島、石垣島、宮古島、
 あとインド洋のモルディブですね」

珊瑚の白化現象は、昨年夏、日本でもやっと話題になりました。
ですが、古見さんはインド洋のモルディブで
昨年は2月の時点で、珊瑚の白化現象の予兆を感じたそう。
「これは、日本も夏の時期に白化が起こるんじゃないかなって
 思いましたね。1つの地点だけではデータとしてわからないので、
 八重山諸島の中でもいろんな場所にいってましたね」

海の中で活動する、古見さんだからこそ、
いち早く温暖化を感じる事ができるのかもしれません。

今夜の選曲:MEMORIES OF A COLOR / STINA NORDENSTAM

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9771



バックナンバー