2017年01月20日

アラブ音楽の魅力。歌で世界に出来ることとは?

シンガーソングライターyaeさんは、
シリア難民救済のためのチャリティソングを
アラビア語で先日レコーディングされました。

170120_yae_2shot.JPG

「うちの母が小さい時から、
 世界の音楽を聴かせてくれていたからか、
 前世アラブ人だったのかな、と思うほど、
 アラブの音楽がすごく好きなんです。」
そんな中、シリア内戦が激化。
悲惨な街の状況を見ていたyaeさんは、
日本の楽曲”椰子の実”を、アラビア語で歌う事を思いつきます。

「なんで恨みをもったり、殺してしまうのだろうって。
 音楽って、そういった気持ちを抑えるような、
 心のケアにならないだろうかって。
 シリアの方に発音を1つ1つ教えてもらって、作りました」
南房総にスタジオを持つ、プロジェクト:MONK BEATと共に
クラウドファンディングで資金集めを行い、完成しました。

「子供達の未来に、これを送りたい、っていうことで、
 収益を持って、12月にヨルダンまで行ってきました。
 アラビア語、感動してくれました!日本人がアラビア語を
 しゃべるだけでも感動してくれるんですけど(笑)
 私にできること、なんだろうって、いつも思って、
 歌をうたうことを大切に使っていきたいなと思います。」
シリア支援CDの購入は、こちらから

15周年を終えた2017年のyaeさん。
今後も美しい歌声で、世界を歩き思いを伝えていきたい、と
思いを語ってくださいました。

今夜の選曲:椰子の実 / YAE (みんなで作るシリア展)

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9746



バックナンバー