2017年01月12日

人類の足跡を遡る旅、グレートジャーニーで感じた事と、現在の難民問題に思う事。

探検家、医師、武蔵野美術大学教授の関野吉晴さんといえば、
10年ほどかけて行った、人類の足跡を遡る、グレートジャーニーです。

170112_sekino_1.jpg

現在でも、グレートジャーニーを
自力で踏破したのは関野さんだけです。
「今はもう出来ないんですよ。僕の時は、偶然、
 ソ連が崩壊して、冷戦が終わって、内戦も終わって。
 今だったら、シリアだけじゃないですけど通れないところ多いです」

人類の起源、猿人はアフリカで生まれ、原人を経て、
ホモサピエンスがアフリカで20万年前に生まれたとされています。

「好奇心で動いたと思っていたんですよ。
 最初はそうだったかもしれませんが、時代が新しくなるほど、
 弱い者が突き出されたんじゃないかなって。
 住み良ければ人口が増えるので、弱い者が出て行かなくちゃいけない。 
 弱い者の中でも、新しい文化を作っていく人は、都を作って。
 これを繰り返したんじゃないかなって。証拠は、移民なんです。」

明治時代の日本では、長男以外は長男を手伝うか、
街を出るか、国を出るかという選択を迫られました。
現在進行形の”シリア難民”でもあるとも。

「弱い人が出て行く歴史なんですけど、
 ただ、シリア難民の場合は、本当に弱い人は動けなくて、
 空爆にあってますよね。出て行くのは小金持ちなんですね。」

今夜の選曲:COUNTRY BLUES / CHIEFTAINS , BUDDY & JULIE MILLER

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9738



バックナンバー