2016年12月27日

今一度考えたい、メディアリテラシーとグットコミュニケーション。

先日、日経BP社より著書『よい謝罪』を発売された、
株式会社モダンボーイズ COO 竹中功さんをお迎えしています。

161227_takenaka_1.JPG

”笑いのプロ”である、竹中さんは
笑いの文化は、地域によって違うとおっしゃいます。
「関東は、人を笑うんです。どこかから探してきて、茶化す。
 一方、関西は、自分を笑うんですよ。
 だから誰よりも自分がボケたいし、 家族兄弟を明らかにして
 内輪を笑うんです。“自虐の美学”って僕は呼んでいます。」

今年は、謝罪のシーンをメディアで見る機会が多くありました。
「最近でいうと、ネットのまとめサイトがありましたね。
 本屋に行けば、何人ものプロの手を通っているものがありますから、
 ”本物を読むこと”でネットとの付き合いも上手になると思うんですけど。
 読む力、リテラシーの事を、もう1回みんな気付いたんじゃないですかね」

最近では、メディアの暴力的な報道もあります。
「書く人も、書かれる人も人間なんで、
 普段どんなコミュニケーションを取るかなんだと思うんですよね。
 追い詰めすぎもダメで、応援してもらう余裕を持たないと、
 潰れたら次探すっていうことじゃなくて、お詫びをきちんとして、
 またレギュラーやCMを頂けるというのが目標なんで。」

何か起こると、早急な謝罪だけを求める事が多いというこの頃。
もう少し余裕のある”グットコミュニケーション”を取ることで
お互いに良い方向に進めていけるのでは、とも。

今夜の選曲:LITTLE RED ROOSTER / ROLLING STONES

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9723



バックナンバー