2016年11月04日

伝統を使って表現する、自分らしい作品とは?

墨絵アーティストの茂本ヒデキチさんは、
今年から新たなチャレンジもされています。

161104_hidekichi_2shot.JPG

「ライブペイントをする時によく一緒になっている、
 津軽三味線の奏者ユニット:HANABIに
 私がヴィジュアルとして参加して、
 オランダでジャパンフェスにも出てきました。」
HANABIの二人とは、”伝統を使いながら新しいものを”
という志が、茂本さんと同じなのだそう。

朝起きたらすぐに絵を描いて、夜にはやめる、という
会社員のようなタイプだという茂本さん。
「パジャマを着たまま、奥さんや子供が居ようが
 テレビがついていようが、いきなり描き始めて、
 18時になったら終わって、晩酌しますね(笑)」
プロであるからこそ、どんな状況でも描けなくては、
という思いもあるのだとか。

最近では、風景描写の依頼も増えてきているそうで、
茂本さんの挑戦は止まりません。
「昔の風景や山水画を描いても、その道の人がいますから、
 そうでなくて、東京の高層ビルを勢いあるタッチで、とか
 私らしいモチーフに挑戦していきたいな、と思います」

今夜の選曲:SHAKIN’ THE TREE / YOUSSOU N’DOUR

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9672



バックナンバー