2016年10月19日

宮城県石巻市での授業。小さなカフェが教えてくれた新たな考えとは?

「ハーバードはなぜ日本の東北で学ぶのか」の著者、
山崎繭加さんは、今年8月まで
ハーバード・ビジネス・スクール 
日本リサーチ・センターに勤めていらっしゃいました。

161019_yamazaki_1.jpg

日本・東北で学ぶ『ジャパンIXP』という授業は、
東京と東北を行き来する、2週間のプログラムになっています。
「最初の3年、東北ではボランティア活動と、
 地元企業の取材をしてケースを作りました。
 最近の2年では、地元の企業に対して
 経営のアドバイスをしています。」
震災後に地域のために立ち上げた、
起業家にもアドバイスを行っています。

2016年に生徒の受け入れを行った企業に、
宮城県石巻市にある、カフェ”はまぐり堂”があります。
津波で甚大な被害を受けた、蛤浜を活性化するために
水産高校教諭の亀山貴一さんが立ち上げたカフェです。

ハーバードの学生は、4人。彼らは、
”いかに多くの人を集めるのか”という考えを持っていました。
ですが、創業者の亀山さんは、多くの人を集めるのが目的ではなく、
“地域のために、地域のバランスの中でやりたい”、
という強い思いをお持ちでした。

「最初は、学生たちは分からないんですよ。
 でも亀山さんは、カフェは社会の1部であって、
 社会全体が幸せにならないと存在意義はない、と。
 最後には、学生もなるほど!と。
 やっぱり本来、授業というのも社会の一部であって
 社会に貢献するものであるのに、つい授業単独で考えて、
 どう儲けて大きくするか考えていて。
 非常に大きな、本質的な気づきを、小さなカフェで頂いたんです。」

今夜の選曲:TRAGEDY / NORAH JONES

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9656



バックナンバー