2016年09月30日

本場のゴスペルで感じた、音楽の根本とは?

シンガーソングライターの清貴さん
宮城県仙台市出身です。

160930_kiyotaka_2shot.JPG

ご実家も東日本大震災で被災し、半分ほどは浸水。
ご両親は数週間ほど小学校での避難生活を余儀無くされました。
「その時ちょうどNYにいたので、ずっと連絡が取れなくて、
 僕自身はストリートで歌って募金活動していました。
 家族は無事でしたが親しい知人や、同級生を亡くしました」
東日本大震災当時、海外で生活してたことに
今でも申し訳ないと思っている、とおっしゃいます。

そんな清貴さんは、地元の素晴らしさを伝える
“みやぎ絆大使”を務めていらっしゃいます。
「僕が大好きなのは、ずんだ!
 今流行っているのは、ずんだシェイクですね!
 ずんだロールケーキもありますし」

”歌を一緒に歌って交流すること”を目指し
活動を続けている、と清貴さん。
「音楽は1人が歌って楽しませるだけじゃなくて、
 みんなで歌って楽しむっていうのが
 音楽の根本なんじゃないかな、って
 ゴスペルを歌っている時に、すごく思ったんです。」
ゴスペルは譜面、歌詞カードも使わず、
その場で曲のリズム、メロディー、ハーモニーを
作っていくものなのだとか。
このスタイルの音楽を日本でも広げていきたい、とのこと。

今夜の選曲:0 HAPPY DAY / EDWIN HAWKING SINGERS

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9635



バックナンバー