2016年09月29日

パラスポーツにも通じる、違いを認め合う大切さ。

シンガーソングライターの清貴さんは、
フジテレビのパラスポーツ応援プロジェクト
『PARA☆DO!』の公式アーティストとして楽曲提供、
イベントライブなどもされています。

160929_kiyotaka_1.JPG

LGBTであると告白できない時期が長かった清貴さんは、
多様性のあるNY、LAでの生活を通して、
違いを受け入れ認め合うことの大切さを感じたそう。
「自分のアイデンティティを突きつけられたというか。
 今でも、会社や学校で言えない人ってたくさんいると思うんですよ。
 そんな中で自分のアメリカでの経験が何か活かせるんじゃないか、
 って思ってカミングアウトしたんですよ。」
パラスポーツ応援プロジェクト『PARA☆DO!』の依頼にも、
自分にできることがあれば、と快諾されたのだとか。

三菱商事の「障がい者スポーツ支援DREAM AS ONE.」のサポーターで、
リオパラリンピック ウィルチェアーラグビー日本代表選手の         
池崎大輔選手ともお話されたという清貴さん。
「障がいといっても、いろんな方がいらっしゃるんですよね。
 先天的だったり、事故や病気だったり、人それぞれ、
 心持ちも全然違うんですよ。LGBTも一緒で。
 “人と違うことを隠さなくっちゃ”って思わないような
 世の中になっていくために、パラリンピックって大事だと思うんですよね」

パラスポーツ応援プロジェクト『PARA☆DO!』の主題歌、
”無限大∞”という清貴さんの楽曲は、
卓球の別所キミエ選手を見て生まれた楽曲です。
「いくつになっても、どんな状況でも、言い訳しないで。
 卓球をやり続けていて、自分のスタイルがあって!
 自分なんてまだまだで、夢をもらえる。」

今夜の選曲:無限大∞ / 清貴

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9634



バックナンバー