2016年09月01日

アフリカ、コンゴのオシャレ集団サプールを日本に!

北は仙台、南は沖縄まで、サプールたちを連れ
2週間ほど旅をして撮影を行っていた
写真家、茶野邦雄さん

160901_chano_1.JPG

彼らののんびりした性格に振り回されながらも、
ずっと笑顔でいるサプールたちとの2週間、
珍道中だったそうです。
「動画も撮っていますし、観光名所でも撮影しました。
 そういう旅を日本で、少人数で続けていければいいかな、と」
撮影したものは、アルバムには入れず、
箱に入れ周りの人に見せて歩いているそう。

サプールのお葬式にも出席した茶野さんは、
彼らのオシャレへの探究心を目の当たりにされたそう。
「カラフルではないものの、”俺、今日はシルバーグレーの
 グラデーションで統一してきたぜ〜”って
 ファッション自慢して服の見せ合いしてましたね」
また、大サプールになっていくほど、
奥様やパートナーも、女性サプールとしてオシャレを楽しんでいます。
「一緒にファッションを楽しんでます。
 ”男性と同じ服を着て、同じステップを踏む、だから私たちは、
 男女平等なのよ”というメッセージも発信しています。」

今夜の選曲:MUKAJI WANYI / PAPA WEMBA

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9609



バックナンバー