2016年05月27日

様々な音楽とダンスで楽しむ!演出家と役者の違い。

俳優、演出家の岸谷五朗さんをお迎えしています。

160527_kishitani_1.JPG

岸谷さんが演出を手がけられる舞台
「中村キース・ヘリング美術館」
6/6(月)~22(水)まで、日比谷・シアタークリエ、
そして6/25(土)、26(日)は、大阪・森ノ宮ピロティホールにて
上演されます。

「キースの頭の中の世界を描こうとすると、
 クレイジーなディスコやソウルフルなバラードだったり。
 幅があった人なんだろうな、っと思います」

「中村キース・ヘリング美術館」の後、
岸谷さんは、2013年ブロードウェイ トニー賞を獲得した
『キンキブーツ』の演出もされます。

「俳優は、キツいですよ(笑)地球ゴージャスで全国回って、
 稽古入れて6ヶ月、脚本書きながらだと1年半。
 毎日毎日24時間を、その本番2時間のために生きなきゃいけない。
 声と体と心を仕上げて、、、精神的に、本番前にヘロヘロです!
 舞台で感動を起こすためには、120%の力が必要ですし(笑)」

そんな、役者の苦労、気持ちがわかる岸谷さんだからこそ、
感動できる舞台を演出できるのかもしれません。

今夜の選曲:WILD WILD LIFE / TALKING HEADS

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9503



バックナンバー