2016年03月24日

どんな勉強にも対応できる、穴あけ勉強法!

健康社会学者の河合薫さんは、
千葉大学教育学部を卒業後、国際線の
客室乗務員として4年間勤務。

160324_kawai_1.jpg

当時、人気の職業である一方で、
個人を見てもらえない環境に悩んだそう。
その後退職し出会ったのは、天気の世界。

民間の気象会社に入り、小学生向けの図鑑から勉強をスタート。
気象予報士第一号の試験も、”穴あけ勉強法”で突破されます!
「このお天気の小学生向けの図鑑を、徹底的に
 “穴あけ勉強法”で勉強すれば受かりますよ」と河合さん。
そして河合さんは、テレビ番組でお天気キャスターとして
4年間活躍されます。

さらには、東京大学大学院に入学されます。
きっかけになったのは、”気分とお天気の関係性に気付いた事”。

人の心を中心に考え、心に影響するモノを「環境」として考えると、
気象学もその1つであるだけ。
他には職場環境、人間関係、食生活、経済などがあり、
この「環境」の事をもっと知りたい、と思ったのだとか。

今夜の選曲:GET BACK / BILLY PRESTON

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9429



バックナンバー