2015年10月13日

高齢者の食の問題とは?1人1人にあった食事をとるには。

高齢者の食の問題は、「低栄養」だと
福祉介護ジャーナリストの代居真知子さん

151013_yosue_1.JPG

粗食でいい、食欲がないから、という理由で
食事をほとんど取らない高齢者が多く、
ついエネルギー量、タンパク質が不足し、
体力、筋力が落ちてしまうのだとか。

代居さんが卒業された女子栄養大学では、
「4群点数法」という考え方があります。
1群=乳製品、2群=たんぱく質(魚/肉)、
3群=野菜、4群=米、蕎麦など、と分類され、
偏らずに特に1~3を中心に摂取するのが大切だそうです。

高齢者の食にとって、咀嚼(そしゃく)する、歯は大切!
さらに、嚥下(えんげ)=飲み込む事も大切です。
飲み込む力が弱くなると、水のようなサラサラしているモノ、
粘度の高いモノなどは、誤飲の可能性が高くなります。
個人差もあり、高齢者の食事は、難しいようです。

今夜の選曲:GOD'S SONG (THAT'S WHY I LOVE MANKIND)
             / RANDY NEWMAN

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9239



バックナンバー