2015年05月01日

2020年に向けて、五感で感じる日本文化体験を!

ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパン代表の
志村真介さんは、子供達に
ダイアログ・イン・ザ・ダークの体験をしてもらいたい、
と思っているとの事。平等を得られる暗闇だからこそ、
いじめの問題も減るのでは、と志村さんはおっしゃいます。

150501_shimura_2shot.JPG

また、音の聴こえない世界で聴覚障がい者がガイドする
ダイアログ・イン・ザ・サイレンスや
75歳以上の高齢者が命や時間などを教える
ダイアログ・イズ・タイムなど、様々な施設を統合した
ダイアログ・ミュージアムを作りたい!のだとか。

そして、触り心地を求めた今治タオルや、
平衡がとれる漆器など視覚に頼らないからこその物を
現在作っており、それらを社会に提案して行きたい、とも。

2020年には、東京でオリンピック、
パラリンピックが開催されます。
今まで開催地では、オリンピックと共同で
ダイアログ・イン・ザ・ダークを行っています。
日本も、ダイアログ・イン・ザ・ダークで世界の人へ、
視覚だけでない、日本文化を体験してもらえる
コンテンツを作りたい!と志村さん。

今夜の選曲 : DRIFTER IN THE DARK / WEEN

========================================

【プレゼント】

ダイアログ・イン・ザ・ダーク 体験チケット
ダイアログ・イン・ザ・ダークの今治タオル
③ゲスト:志村さんの著書「暗闇から世界が変わる
 ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパンの挑戦」

の3点をセットにして、抽選で2名様にプレゼントします。

shimura_present_3.JPG


ご応募は、こちらから。

締め切りは、5月2日(日)12:00まで。

※当選は、プレゼントの発送をもってかえさせていただきます。

========================================

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9047



バックナンバー