2014年10月23日

先生のニューヨークでの研究とこれからの課題。

生物学者:福岡伸一先生は、
現在ニューヨークに住まれています。

141023_fukuoka.JPG

町中に音楽が溢れるているニューヨーク。
福岡先生は、この夏タングルウッドのコンサートで、
チェロ奏者のヨーヨー・マさんと
十数年ぶりに再会されたそうでう。

福岡先生が今アメリカでの研究では、
「生命の動的平衡」という仕組みを、
より数学的に論理的に出来るように
コンピューター内で、モデルを作るというのが現在の課題。
実験化学から、理論生物学にシフトされてきたのだとか。

集英社から発売された雑誌「kotoba 2014年夏号」での
先生はロックフェラーの名だたるノーベル学者と対談に、
過去の野蛮な実験で成長してきた医療を反省し、
エビデンスに基づいた医療を目指そうという話があります。
この話から、医療とは、試行錯誤の、ある種犠牲の上に
成り立っているのだな、と痛感されたそうです。

福岡伸一オフィシャルブログ「福岡ハカセのささやかな言葉」

今夜の選曲: RAG DOLL / FRANKIE VALLI AND THE FOUR SEASONS

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/8830



バックナンバー