2014年06月03日

勝つ、という気持ちがスポーツを平等にする

ノンフィクションライター黒井克行さんの最新本
「日野原新老人野球団」(幻冬舎から発売中)
その最新本の帯には「体が衰えるほど「気」は高まる」という
102才で現役医師の日野原重明さんの言葉があります。

IMG_3060.JPG

決して強いとはいえないソフトボールチーム「バルーンエンダリー」には
身体は衰えていても、負けるものか!という迫力があるという事なのだとか。

「スポーツは、勝つという精神があれば、年齢に関わらず平等です。
 そこにスポーツの魅力があるのだと改めて教えられた」と黒井さん。

生きているという実感を得ているチームのメンバーを見ていると、
自分はまだまだ動けるのに、これでいいのかと考えさせられるとも。

今夜の選曲:LEAVE MY WOMAN ALONE / RAY CHARLES

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/8666



バックナンバー