2012年03月14日

写真家から見たフェルメールの絵

今週のゲストは、写真家の小林廉宜さん
分子生物学者の福岡伸一さんの本「フェルメール 光の王国」は、フェルメールの作品を展示している世界の美術館を足掛け4年に渡って旅をした紀行文で、全日空の機内誌「翼の王国」で連載されていたものまとめた本で、小林さんはこの旅に写真家として、全てに同行されました。
本の表紙はフェルメール作品「デルフト眺望」。実はまさに、当時のデルフトの街が現代でもそのまま残っていて、フェルメールが描いた教会の場所もあったりして、タイムスリップしたみたいだったとか。

この旅でフェルメールの絵を撮影するにあたって、とくに現代のフェルメール作品を撮ろうと思ったそう。長い歴史の中で、いろんな持ち主がいたと思うけど、今の持ち主はどんな風に飾って、どういう光を当てているか…フェルメールの今を分かるように撮りたかったんだそうです。

「フェルメールの絵は写真のように忠実で、フェルメールは風景を写真に撮って、それを絵に描いたんじゃないかって思うくらい!」 kobayasu_wed.jpg


今夜の選曲: JIIN MA JIIN MA / ORCHESTRA BAOBAB

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/7732



バックナンバー