2011年12月12日

分子生物学者がなぜフェルメールに魅かれたのか

分子生物学者の福岡伸一さんです。

17世紀オランダ美術を代表する画家:ヨハネス・フェルメール。青いターバンを巻いた「真珠の耳飾りの少女」などで知られていて、その人気は根強いものがあります。福岡先生は、世界各地の美術館が貯蔵しているフェルメールの現存する37作品のうち34作品を、その絵が収蔵されている美術館に見に、5年をかけて巡られました。訪れた地は、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、アイルランド、オランダ、オーストリア…。

なぜ分子生物学者の福岡先生がそこまでしてフェルメールにはまったのでしょう? 顕微鏡を最初に作り生物学史にその名をとどめるレーウェンフックがきっかけなんだそうです。何かを勉強することは結局、歴史を辿って行くことじゃないかなと福岡先生。化学を勉強することは、顕微鏡の発明者を知ることにも繋がります。そして、まずレーウェンフックに興味を持ち…そんなレーウェンフックは、実はフェルメールと同じ1632年、同じオランダのデルフトに生まれたんだそうです。同じときに同じ場所で生まれた、画家と科学者…。二人に交流はあったのでしょうか?

fuku_mon.JPG

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/7624



バックナンバー