2011年10月31日

3年目のスマイル・アフリカ・プロジェクト

ソウルオリンピック・男子マラソン銀メダリスト、ダグラス・ワキウリさんは、2009年から、ソトコトで実施しているスマイルアフリカプロジェクトにご協力いただき、小黒統括編集長の知り合いでもあります。

waki_mon.JPG
      
今年で3年目の「スマイル アフリカ プロジェクト」は、日本の子どもたちが履かなくなったシューズを回収して、アフリカの子どもたちに贈るプロジェクト。集めるだけではなく確実に子供たちに届くのかが大事で、その役目をワキウリさんがお手伝いしてくださっています。高橋尚子さんにもフロントランナーとして参加して頂いています。
この3年間で、回収したシューズの数が:3万2958足、そして合計:2万4833足をアフリカへ届けました。さらに冬に、もう1便ケニアへ船を出し輸送する予定です。

この活動を始めるとき、ワキウリさんは「シューズを履いた瞬間、彼らの人生は変わるよ」とおっしゃっていたそうです。たった靴一足でと思いがちですが、ケニアの子供たちにとっては違います。靴を届けたケニアのキベラ地区は、ケニア最大のスラム街。140万人が住んでいます。子供たちには夢が無いそう。そんな街に靴を届けたスマイルアフリカプロジェクト!スラム街の子供たちは外国人と接触する機会が無かったのが、今は日本人を見るとスマイルアフリカプロジェクトを思い出し笑顔になるんだとか!

アフリカでは、裸足で生活するため、スナノミという虫の被害にあい、足から病気が入る子供たちが多いそう。靴を履くことによって、元気になり、人生そのものが変わるんです。

africa1.jpg africa2.jpg
両写真とも(C)スマイル アフリカ プロジェクト/photo 鈴木勝


今夜の選曲: HITCH HIKE / MARVIN GAYE

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/7568



バックナンバー