2011年09月06日

時代とともに変化した母と子

今年も、母と子の自然教室が7月23日〜25日の2泊3日と、8月5日〜8日の3泊4日の2回開催されました。100世帯130人ほどが参加したそうです。

長年の開催の中で、時代とともに参加者に変化はあったのでしょうか?吉里地区民宿実行委員会会長の阿部昭一さん、写真家の菅洋志さん曰く「母親が明るくなった!」そうです。昔は母子家庭の母親は少し暗い印象があったそうですが、今は明るく、離婚してすっきりした…なんて会話もあるとか。また、アレルギーの子供が増えたそうで、食事にも気を使っているそうです。

hahako_tue.JPG

自然教室のプログラムは、山歩き、川遊び、夜はキャンプファイヤーなどで、受け入れる民宿側も毎年楽しみにしているんだとか。教室に参加した親子は、冬になると、今度はスキーで訪れたりすることもあるそうです。素敵な繋がりですね。

hahako_tue2.JPG


今夜の選曲: BEAUTIFUL BOY(DARLING BOY) / JOHN LENNON

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/7490



バックナンバー