2011年09月05日

今年で38年目、母と子の自然教室とは?

今週は、母と子の自然教室吉里地区民宿実行委員会会長の阿部昭一さんと、写真家の菅洋志さんのお二人をお迎えします。

「母と子の自然教室」は、三菱商事が1974年から継続している社会貢献活動の一つで、毎年、関東近郊在住のひとり親家庭のお母さんとお子さんを招待して、人や自然のふれあいを体験するキャンプ。今年で38年目を迎え、延べ約16,000人の親子と約800人のボランティアが参加しています。長野県白馬で始まった母と子の自然教室、次に群馬県大穴、そして現在は新潟県南魚沼市の吉里地区に。吉里では27年目になります。吉里は魚沼盆地にあり、山に囲まれた水田のある山里。湯沢温泉の少し先なんだそう。

hahako_mon.JPG

菅さんは1974年のスタート時から1回も休まずに写真撮影をしていらっしゃるそうで、菅さんは自分でもすごいなってビックリしていらっしゃるとか。 hahako_mon2.JPG


今夜の選曲: MOTHER AND CHILD REUNION / PAUL SIMON

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/7489



バックナンバー