2010年08月03日

浄水システム、逆浸透膜とは?

保科寿治さんが代表取締役を務める、株式会社環境向学では、水の浄化システムとして「逆浸透膜」を使っています。アラブの国々が海水を水にするときのシステムです。この膜は化学繊維で、バクテリアや雑物をとって純水にするんだそうです。 水の中の雑物としては<混じっているモノ>と<溶解、溶けているモノ>の2種類があって、混じっているモノは目に見えるので取りやすいですが、溶解しているモノは取りにくい…そんな中、逆浸透膜は溶解しているモノを取り除くレベルが高く、有効な方法なんですって。

hoshina_thu.JPG 環境向学の逆浸透膜システムを使った水はどこで飲めるのか…全国のスーパーの水販売機で売っている水がそうです!ボトルを持って行って、自分で入れるアレ!何の混じりけもない水…味わってみてはいかがでしょう?


今夜の選曲: DRAW YOUR BRAKES / JIMMY CLIFF
staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/6845



バックナンバー