2009年03月23日

写真と映画と

写真家/映画監督として素晴らしい作品をたくさん発表されている本橋成一さん。90年代、チェルノブイリ原発事故の被災地で暮らす人々を撮影した3部作で注目を集めました。最初は、写真集「無限抱擁」。二作目は写真集と映画初監督の「ナージャの村」。三作目が「アレクセイと泉」。 なかでも2002年のドキュメンタリー映画「アレクセイと泉」は、原発事故後も放射能が検出されない不思議な泉と村の残った人々を描いた作品で、本橋さんご自身も汚染地区に1年半滞在したそうです。
写真家からスタートした本橋さん、昔から映画監督をやってみたかったとか。時間の流れを移し込んでいく、動くものに対する憧れ、そして音。。。瞬間を切り取る写真とは表現の範囲がまったく違うからなんだそう。 motohashi-mon.JPG
今夜の選曲: ALEXEI AND THE SPRING〜アレクセイと泉 / 坂本龍一
staff| 20:50 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/6206



バックナンバー