2008年08月07日

世界の設計家事情

海外での仕事も多いインテリアデザイナーの飯島直樹さん。1970年代後半にポルトガルのリスボンを訪れたそうですが、雰囲気が暗くて、地下鉄などではみんなうつむいてシーン…。それが逆に良くて、そのあともリスボンへ旅をされたそうです。
北京オリンピックのメインスタジアム(鳥の巣)の設計者はスイスの建築家ユニットヘルツォーク&ド・ムーロン。10年くらい前に現れた新星で今は世界を制覇するチーム。世界の空港や有名ビルの設計は、世界の約10の建築家や設計事務所がいつも交代で行っている状態なんだそう。その中には日本の事務所も入っているとか!建設業界ではどちらかというと日本の最先端。だけど経済が行き詰まっているので、日本の建築家は世界で仕事をしているとか。
staff| 20:45 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/5980



バックナンバー