2006年05月09日

【第11回】「築地の朝めし」 トミーナ

女性と行く築地
 築地に来る素人さんたちを見ていると、カップルでやってきるのも少なくない。モノを食べることは、人間が生きていくためには毎日欠かせないことだ。食の相性があうかどうかは、カップルが長続きするかどうかを決める重要なポイントかもしれない。他の相性も重要だけどね。
 魚河岸は、ちょうどいい「テスト」になる。魚はもちろん、野菜もある。肉も多少はある。なにより、独特の雰囲気がある。相方が、「汚い、臭い」などといい始めたら、即刻分かれなさい。私たちが食べるものは、いろいろなところから巡り巡ってやってくる。その過程を知ろうとしないで、食べ物についてあれや、これやというのは意味がない。
 説教臭くなったが、今日の築地ルール「たまには築地でデートしなさい」。逢瀬の後で、朝から築地で朝めし、というのも色っぽくていいネ。


第11回 場内のイタリアン食堂 トミーナ
 朝、編集部に行くと、女性編集者がいた。なんだかんだで、付き合いが長いのだが、この女性とは食の好みが合わない。彼女は無類の「肉好き」。築地に編集部があるのが、かわいそうになるくらい。
「おう、おはよう」と声をかけると、
「小黒さん、今朝の“朝めしブログ”もう行きました? 一緒にいきませんか?」
このブログ初となる、同伴者ありの朝めしだ。肉好きの彼女でも平気な店、場内の「トミーナ」に行く。

生たらこの和風醤油だし風味 1500円

 波除神社のほうから場内へ。洋食屋やカレー屋が並ぶ一帯に、場内のイタリアン食堂「トミーナ」はある。同伴者は、洋食屋や吉野家1号店に興味津々の様子だが、先に店へ入る。
 朝から、ニンニクやトマトの濃厚な味のものはどうかと思っていたら、同伴者が勝手に注文をしてしまった。「パスタとピザをシェアしましょう」だと。
朝から、50代の男性と“妙齢”の女性がパスタとピザをシェアしている。周りの人には、二人は「わけあり」の関係に見えるだろうか? 

 ピザは、その場で生地に具材やソース、チーズを乗っけていく。生地が薄いので、そう長く待たなくてもよい。築地らしく、タコやら貝やら海のものが載っている。味も濃厚ではない、どこか懐かしいような味。
 同伴者が頼んだパスタは、意に反して和風。「無理しなくていいぞ」と声をかけるが、「やっぱり築地らしいものがいいのかなと思って」と殊勝な発言。私は、ピザを1切れと、パスタを少々食べた。あっさりとして食べやすいが、イタリア・スローフード協会の連中に食べさせたら何というだろうか? ソバにトマトソース絡めて食べるようなものだからな。

海鮮ピッツア 1500円

 その間に、同伴者はその残りをあっという間に平らげてしまった。たまに同伴者と来るのも悪くない。朝から胸焼けするほど食べる必要がない。と思っていたら、
「小黒さん、あの子かっこよくないですか?」
店の外から、外国人観光客が店をのぞいている。同伴者は、上品な顔立ちながら、無精ひげを生やした青年が気になってしょうがないらしい。やっぱり女性はエゴイストだ。

今日の築地ルール「たまには築地でデートしなさい」。相手の意外な面と本質が分かるから。


えー、河岸がやっていたりやっていなかったりする水曜日なのでブログはお休み。
その代わりに、皆さんにはぜひ「ロハスデザイン大賞 2006」の投票をして欲しい。
ホームページに行って、簡単な登録して、「ロハスだ」と思うエントリーを選ぶだけ。
至極簡単、でもよ〜く考えて投票してください!

投票はこちらから
http://www.lohasclub.jp/


トミーナ
住所:中央区築地5-2-1 1号館
電話:03-5565-3737
営業時間:8:00〜14:00
定休日:休市日(日曜祭日、第2・4水曜日など)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/5150



バックナンバー