HOME

2019年6月12日

マカロニえんぴつボーカルギター・はっとりと
キンプレ大先輩!KANA-BOONのボーカルギター・谷口鮪による
キングスミーティングをお送りしました。

kp0528.jpg

<全3回>

1回目 5月28日(火)☆
2回目 6月4日(火)☆
3回目 6月11日(火)☆

(全放送分お聴きいただけます)


2019年6月 5日

Photo 2019-05-31 15 59 59.jpg
नमस्कार


火曜キンプレです。

来週は、初夏の現地民祀り。

祀り・・・

だあぁぁああああああああああああああああああああああああああああ




「あ のゲシュタルト崩壊!」(霜降り明星風)


・リキッドでのLIVE音源をどこよりも早くOA

・できたてほやほや現地民ステッカープレゼント

・そして超大物からのサプライズコメント!?


みなさん、楽しみにしていてくださいね〜〜☆

さらに、週末には、そのお知らせのツイッターが・・・

あ、これ以上は行っちゃうと上に怒られちゃうからお口ミッフィー(・×・)。



さてさて、
アルバムの初回限定版についてくるDVD、こちらに収録される
先日のツアーファイナル、リキッドでのLIVE音源をOA!!

そしてメール読まれたかたには、現地民ステッカープレゼント!!

これこれ〜〜↓
IMG_1490.jpeg

そして大物からのコメントは絶賛、調整中!!

(間に合うかな・・・)



兎に角!!

来週は、たくさんのメッセージをお待ちしています♪


2019年5月29日

Photo 2019-05-23 20 09 22.jpg


男は、ジャングルを進んでいた。

「ここまで来たら、逆にホームですよ。」



男の名は、Hとり。


まくったTシャツからのぞいた些か白い腕がたくましい。



「これは、食べられる木の実なんですよ。」


そう言って我々に青白い実を差し出してきた。


Hとりは、明後日の方向を見ながら、
微笑を浮かべ、木の実を頬張る。



もらった木の実をこっそり後ろポケットにしまった。



「おや。」

Hとりの目が細くなる。


「これは一雨きそうだな。」


雲一つない空を眺めながら、
Hとりは、迷いのない声で言い放つ。


そして30分後

この世が沈んでしまいそうなほどの大雨に、

我々は間一髪のところで免れた。




「俺は、鼻が利くんだ〜。」

そういって、何度も鼻で息を吸い始めた。

なんだか自分の鼻の匂いを嗅いでいるようにも見える。

それに、 俺 のイントネーションも独特だ。




 -Hとりさんは、ここに何しに来られたんですか?

突然、切り出してみた。



「・・・」


鼻をひくひくさせたまま、

質問には答えないHとり。


そして一言。


「わからない。」



「ただ、てねしぃ。」



 思わず、え?という表情をHとりに向けた。

「天然水。」



笑いながら、早口にそう答えた。



そこからは、

沈黙だった。




        (アジア森林探検記 はっとり 洞窟編より)


2019年5月22日

Photo 2019-05-20 12 12 45.jpg

この物語は、
選ばれし現地民たちと、
彼らを滅ぼそうとする、悪の秘密結社、オフィッサーとの戦いを描いた物語である。



第1章「はっとり誕生!」



時は20XX年。
某川崎市、SG大学キャンパス内にて
優秀な頭脳をもつ、現地顔の大学生「河野」青年が
浮かない顔で歩いていた。

「あぁ〜今日も暇だな〜
自分の爪の匂いでも嗅ぐか〜。
くんくん、KNKN、あぁ〜〜たまんね〜ぜ、
俺のにおい、おれのにほい。
いつもひどい、このいきおい。
あぁ〜たまんね〜ぜ〜」
と、いつものように、自分の匂いを嗅ぎながら
韻をふんでいるその時だった。

『ボコッ‼』

河野「誰だ!?う・・・頭が・・・あたたた・・・」

突然頭を殴られ意識を失いながらも
韻を踏もうとする河野青年。
気づくと、彼はベッドに括り付けられていた。

河野「くそ!?ここはどこだ!?お前ら何者だ!?
こんなことしてただで済むと思うなよ!!」

謎の男「ふふ、威勢がいいな河野君。
いや、お前はすでに改造人間はっとりだ。」

河野「なんだと!?うわ!なんだこの体は!?
お前たち一体何者だ!?」

髭「我々は、悪の秘密結社、オフィッサー。
私は、男爵 髭だ。」

河野「何!?貴様はもしや、、
島根から出てきた、ひげd」

髭「おしゃべりはこれくらいにして、
お前の現地顔を髭の似合うダンディな男に改造し、
これから俺たちのサポートをさせてやる」

河野「やめろ!俺の個性を奪うな!!
そして誰がバックバンドになるか!!」

ショッカー「キー!!」

(何やら耳打ちをするショッカー)

髭「おっと、これから映画の主題歌の打ち合わせだ、
実験は後にしてやろう・・・楽しみにしていろ。ふふふ。」

河野「くそ・・・売れやがって・・・」


その時、
河野青年の鎖をいとも簡単に壊す怪人が現れた。

河野「お前は誰だ!?」

怪人「俺は、田辺。お前と同じくとらえられた元人間だ。
今は改造人間鳥足だ。」

河野「何!?お前もか!確かに尋常じゃない筋肉だな。」

鳥足「誰か来て一緒に逃げるのを狙っていたんだ。
さ、ここから逃げるぞ。」

河野「すまない、初対面で、、なんて優しい奴なんだ!」

鳥足「そんなことはないよ、さあ、早く!」




こうして研究所を逃げ出した二人。




髭『くそ!!はっとりと鳥足のやつら逃げ出したな・・・。
こうなったら、やつらを地獄に落とすまでだ。』


『そしたら私が行きましょう・・・』


髭『おぉ、お前は、やばC』


やばC『あいつらなんて、
俺がノリでやっつけたらええやん・・・』



次週、マカロニライダーはっとり
『助太刀、アニメ男ケン!』


来週も楽しみにしてろよな!



*この物語はフィクションです。

2019年5月16日

マカロニえんぴつのベース・高野 賢也と
KUZIRAのベース・熊野和也による
『アベマradio(アニメ好きの/ベーシストが/まあまあ喋る/ラジオ)』
をお送りしました。
KM_0507.jpg

<全4回>

1回目 5月7日(火)☆
2回目 5月8日(水)☆
3回目 5月14日(火)☆
4回目 5月15日(水)☆

(全放送分お聴きいただけます。)


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バックナンバー