HOME

2021年1月29日

KINGS MEETING(TUE)
〜BACK TO LIVEHOUSE〜 vol.4
2021.01.26 SUPER BEAVER 渋谷龍太❹

「 お客さんの声 」

最終回となる今回、
リスナーのあなたと電話を繋いで
その声を届けてもらいました。

RN:うなつな さん
RN:年末に卵焼き100本 さん
ご協力ありがとうございます!

■SUPER BEAVERのライブの印象

(うなつな さん)
バンド全体の熱量が凄くて、歌詞も響く。
ライブの最後に渋谷さんからもらった
「次はライブハウスで!」という言葉が
その約束を守りたくなるくらい格好良かった。
キャパや距離は関係なく、どこから見ても
自分に届けてくれている、
という気持ちにさせてくれるのが魅力。

(年末に卵焼き100本 さん)
渋谷さんがMCで話す言葉に
すごく救われている。
これほどまで心の内に迫ってくれる
バンドはいなくて、
一対一・の言葉の意味を体感できた。
"自分自身がどうなりたいか"が何より大事だと
そのMCの中から教わったと思う。


■映像配信ライブを観た感想

(うなつな さん)
このような状況で、ライブをしてくれて
姿を見せてくれたのはとても糧になった。
ただ生で、ライブハウスで
観るSUPER BEAVERには
やはり代えられないと感じながら
会いたくなった。

(年末に卵焼き100本 さん)
生のライブとは
また違った雰囲気があったが
久しぶりにSUPER BEAVERが観れて
うれしい気持ちや
映像のクオリティの高さに
スタッフ陣の尽力も感じた。

■コロナ禍でのライブハウスにおけるライブ

(うなつな さん)
対策を徹底していて、
行くまでは不安も少しあったが
守ろうとしてくれていることがよくわかった。
このような今だからこそ
ライブハウスに行きたいし、
大切な場所なので
なくなってほしくないと思う。

(年末に卵焼き100本 さん)
ライブハウスの皆さんも、
ライブができないことに
深い悲しみをおぼえているのは感じる。
細心の注意を踏まえて
ライブを運営するのには賛成で
事細かに指定されたガイドラインにしたがって
開催してくれることは凄いことだと思う。
だからこそ自分自身も
できる対策はしたうえで参加していきたい。

■SUPER BEAVERへのメッセージ

(うなつな さん)
心が枯れそうになることもあるけれど
SUPER BEAVERが
私の力になってくれています。
また必ず現場で会える日まで
元気でいようと思います。
これからも大好きです!

(年末に卵焼き100本 さん)
コロナの影響で、
前を向けない時期もあったが
SUPER BEAVERが
「生きろ!」というメッセージをくれて
いまこうしていられていると思います。
被災の経験がある、
故郷の福島という地でライブを開催して
元気に皆さんを迎えたいので
いつかSUPER BEAVERにも
出てもらえるように頑張りたいです。
言ったことには責任を持って、
僕自身進んでいきます!

==================================

すべてのコメントに、
終始深くうなづきながら聴いていた渋谷さん。
Espok8KVkAA1B0x.jpg
ライブハウスやチームのスタッフ
アーティスト自身 …
それぞれがルールの中で
止まらずに進もうとする姿が
このような素敵なコメントに
繋がっているのではと話してくれました。

120000000000点の声、
ありがとうございました!(泣)


2021年1月27日

最 終 回
SUPER BEAVER
Vo.渋谷龍太です!
EsrMIoQU0AA1W4X.jpg
燃え尽きた?の表情があらわすとおり
1か月全4回の集大成は
もりだくさんの1時間になりました。

それもこれもあなたが送ってくれた
数々のメッセージのおかげです。
毎週毎週増えていくその数に
正直ビビってました。でも最高。

冒頭から、火曜日深夜のヒロインこと
村人Aにゲリラ電話。
……冷静で、素敵です。
落ち着きのある女性は素敵ですね。
ことの顛末はご存じのとおりですが
あらためてのにやにやタイムでした


【 アイラヴユーを伝えたいっ 】

よいしょー。
このコーナーも最後までメールが
アイラヴユーが届きまくりました。
ありがとうございます

本当に人に限らず
モノにまでさまざまな愛を伝えてくれて
届いてくれた報告もあったり…

SUPER BEAVERの最新作
『アイラヴユー』にぴったりな
メッセージたち、
大感謝です!

【 渋谷ブックセンター 】

先週はくしくも
推薦された作品を一部チェックが
できなかった店長ですが
そこはさすがです。
今回はばっちり
すべてチェックしてきてくれました。
夏目友人帳、いいですよね。

最終回も棚を充実させつつ、
次回の報告はどこで…という問題が。。
また来週来てもらうしかないな


KINGS MEETING
〜BACK TO LIVEHOUSE〜

毎週テーマを設けて
音楽業界 ライブハウス バンドマン…
いろんな視点から いま と これから を考えるコーナー

今回はSUPER BEAVERの
" ファンの声を届ける "
12000000000点のお話を
聴かせてくれたおふたり、
ありがとうございました。
ここだけの話、
ブースでみんな涙ぐんでました
ぜひradikoでもういちど。

アーカイブはこちらから▼

駄々こねが通じて、
即・帰還を待ってます
Espok8KVkAA1B0x.jpg
アイラヴユー!

2021年1月20日

KINGS MEETING(TUE)
〜BACK TO LIVEHOUSE〜 vol.3
2021.01.19 SUPER BEAVER 渋谷龍太❸

「 ライブハウスの声 」

SUPER BEAVERもゆかりの深ーーーい
ライブハウスshibuya CYCLONEから
オーナー・ミウラさん
店長・マツザワさん
のお二人にお話を伺ってきました。

●去年春の緊急事態宣言を受けて…

厳重に注意していく中でも、
"攻め"の姿勢は崩さずにいたかった。
営業を止める選択をしたハコもあるけれど
サイクロンとしてはできる限り続けたい
というスタンスは常にあったそう。

配信の選択肢ももちろんあったが
ライブハウスとしてはやはり
生で聴かせることへのこだわりが。
葛藤もありながら
とっぽいハコでありたいと、
今もあがいています。

バンドとは色んな話をかさねながら、
共倒れをしないためにも、とにかく
やるべきことをやるしかないということで
バンドのやりたいこととサイクロンサイドとの
合致点を見つけていきました。

●コロナ禍においての新しい試みについて

何を会社としてやっていくかを決める基準は
「ロックか、ロックじゃないか」。
つっぱっている姿勢をみせることこそが
希望を与えられるのではと考えました。

ロック箱であるという思いを強く、
「精神性」を大事に。
自分たちがやれることがあるうちは、
泣き言を言わずに
サイクロンから出て行ったバンドたちのように
凛とした姿を見せていきたいし、
彼らに恥じないようにいたい。

●今年の展望

明るい未来をイメージして、
リスクも考えつつ
ロックでありながらも
頭を働かせなければいけない。
去年の経験を経て バンドと協力しながら
いい方向に向かっていきたい。

====================

渋谷さんにとってサイクロンは、
毎年年末年始の挨拶を欠かさないほどの
長く深い関係値のある場所。

そんなハコを率いるおふたりの
バンドマン、音楽、お客さんを思った
真摯な言葉にかなりぐっときたそう。

自分たちのスタンスを
自分たちで守っていて
それを見せることで勇気を与えている。

「ロック」というものがなんなのかは
わかっていないけれど、
このおふたりが言っていることは
本当に「ロック」で、
それは具体性の問題ではなく
サイクロンのスタンスによるもの。

こういうライブハウスで
やってきたからこそ、
今のビーバーがいたといっても
大げさではありませんでした。
これからもよろしくお願いします
のメッセージも込めつつ
改めて身が引き締まる
貴重なインタビューとなりました。

ご協力、ありがとうございました!

2021年1月20日

勤勉な書店の店長こと、
火曜日担当してます
SUPER BEAVER
Vo.渋谷龍太です!毎回言います
EsGSX7QVEAE0I99.jpg
と、思ったら突如リハ写真です カッケー
第3回目もみなさんからの容赦ないメールの数に
スタッフ一同おののきました。ありがとう。
ただ渋谷さんは言いました。
"J-WAVE驚かせてやろうぜ。"
スタッフの覚悟はできています。こいやっ!

【 アイラヴユーを伝えたいっ 】

今週は番組冒頭で、
第1回のコーナーで紹介した村人Aからの後日談が。
しかも超ハッピーエンド!!!最高!!!
ラジオで読んだことがこんな素敵に繋がるなんて…

今回も人からモノまで幅広くメールありがとうございます。
最後までみなさんの「アイラヴユー」伝えていくので
渾身の1枚を送ってくださいね。

あ。「アイラヴユー」といえば。
ついにキンプレでもオンエアしました
長かったよー 待ったよー
この時のためのこのコーナーです
radikoでもっかいくらいは聞いてよね。

【 渋谷ブックセンター 】

事件です。
ご存じの通り、紹介したものは
責任もって体験するタイプの我らが店長。
ですが
先週紹介した絵本がまさかのタイトル違い…
映画はDVDの到着が間に合わず…
トラブルの連続で今回無理でした!ごめん!

とは言いつつも今回はついに
少女漫画デビューまですることになったので
今週は頑張りますよ。とのことです

品ぞろえ豊富なお店にはまだまだ程遠い!
ジャンル問わずでおすすめもっと教えてください

もろもろメッセージはこちら▼

KINGS MEETING
〜BACK TO LIVEHOUSE〜

毎週テーマを設けて
音楽業界 ライブハウス バンドマン…
いろんな視点から いま と これから を考えます。

今回はSUPER BEAVERゆかりのライヴハウス
shibuya CYCLONE
からコメント貰いました。大感謝です。

とにかくカッコイイの一言。
"とっぽい"ハコとしての説得力と
SUPER BEAVERへの愛情がにじんでおりました。

アーカイブはこちらから▼

なんと早くも最終回の次回は26日!
J-WAVEのサーバーを
パンクさせる勢いでメールちょうだい!

2021年1月15日

KINGS MEETING(TUE)
〜BACK TO LIVEHOUSE〜 vol.2
2021.01.12 SUPER BEAVER 渋谷龍太❷

「 2021年について 」

SUPER BEAVERとしても「有観客」「無観客」
それぞれ配信ライブの機会などもありました。
※そもそも"有観客"という概念も新しいような…

このような状況下で良かった点は
配信でなければ見られない人がいる、
ということを知れたこと。

バンドとして、自分自身として
"現場で観てもらってこそ"という想いで、
"現場に勝るものはない"と考えてきた渋谷さん。

その気持ちに変わりはないけれど、
配信をやったからこそ届けられる相手が実際にいて
それに気が付けたからこそ、
1つの発見・可能性として
配信ライブを捉えることができたんだとか。

現場で起きていることがすべてで、
現場で起きていることだけがすべてではない。
そんな風に思えるようになったのは嬉しいこと。

Erlml43VoAAXwE5.jpg

ただ「配信ライブ」と言っているものの
ライブと同じ部屋に入れていいものではなくて。
ライブができないから、配信ライブ…
このような道順にはなっているけれど
どうしたってやはり 代わりになるのは難しい。

ステージの上=発信者、
フロア=受信者というのは少し違っていて、
オンステージしている側が
発信の割合が高いのは当然ではあるものの
同時に受信者であることは間違いない。
フロアからもらうものはものすごく大きく、
それは発信をしてくれているからこそでした。

綺麗事なしでいえば、
配信ライブでは 声が聞こえません。
声 手拍子 もらえるようにお願いはするけれど、
何も聞こえません。

ただそれでも声を放つのは、
画面の向こうでアクションを起こすことに
意味があると思うからでした。

本当は顔を見て歌を歌いたい。
どうしても手拍子も声も届かない。
そこに感じる"はがゆさ"を
その場だけで終わらせないのは、
状況が良くなりまた会えるようになった時に
よりこの大切さをかみしめられるようになるため。

聞こえないなら聞こえないなりに、
見えないなら見えないなりに。
必死にやっていくので、
必死でやってくれよ!と伝えてくれました。

1 2

2021年10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー