HOME

2022年2月 2日

KUZIRA                         
出典:フリー百科事典「ウィキクジラ(Wikikuzira)」

KUZIRAは、日本のパンクバンド。岐阜出身。TRUST RECORDS所属。

概要[編集]                      
大学の軽音楽部で結成された、わけわかめボーイズという名前の
コピーバンドとしてバンド活動を開始。

チケットぴあさんに「KIZUNA」と誤植されて発券された過去をもつ。

メンバー[編集]                  
Vo./Gt. 末武竜之介
・Monkey Majikの「Around the World」がめっちゃうまい。
・寝ているのか起きているのかは分からないが、
 車で移動中に1人でボソボソとしゃべっている。
・おばあちゃんがあやしいミネラルウォーターを定期購入していて
 それをライブのステージドリンクにしている。1本640円。
・いろんな先輩に「対バンするのが夢でした」と言いがち。
・小学4年生で初めて自慰をする。

・損得の計算がうまい。

・夢が叶いましたってめっちゃ言う。夢の安売り王だ。

・努力することが嫌い。無駄なことが嫌い。

 いかに楽をしてサボることができるかを考えて生きている。

・自称 熟女好きだが今までの彼女は、みんな同い年か年下。


Ba./Vo. 熊野和也
・太っている。
・ダイエット中
・高校時代はバスケ部のエースで女子マネージャーと付き合っていて、
 超陽キャだったが、熊野の父はなんか意味があるのかないのかわからない紐を
 常に首に巻いている。
・最近、ヒゲを生やしたので「ヒゲを生かせる髪型にしてください」と頼んだら
 角刈りにされた。
・しゃべる前に必ず咳払いをするから、熊野が咳払いをしたら
 「あ、しゃべるな」と思う。

Dr. ふち
・父親と顔がめちゃ似ている。
・ネズミのような顔をしている
・祖父の名前はふちたいがん。よくマジックを披露している。

【ふちの奇行 その1】
少女漫画の冒頭でありがちな、主人公が食パンをくわえて
「遅刻、遅刻〜」と走って登校するというシーンを再現したら面白いと
考えたふちは、イオンモール各務原でフランスパンを購入し、
翌日、それをくわえて登校したことがある。

ディスコグラフィ[編集]                

ミニアルバム
1stミニアルバム「Deep Down」
・2018年8月1日発売(オリコン最高39位)
・Enough For Usではなんと、ふちが歌で参加している。
・ふちはアルバムの最後の曲、Enough For UsでBeerという単語を覚えた
・Muggyの発音が難しすぎて、泣きそうになりながらのレコーディングだった
・In The Deepの MVを昼間ビーチで撮った後、Snatch AwayのMVを撮影したので
Snatch AwayのMVは若干日焼けしている
・タワレコメンに選ばれた
・KUZIRAのメンバーがポスターにサインを書きに事務所に来た時が
現マネージャー中山との初対面だったが、熊野を見かけた時に外見だけで
「絶対この人がドラムだ」と思った。

EP

3rdEPPay The Piper

・デモ時代からずっとやっていた「Clown」だが、ベースが全然弾けないことに

レコーディングで発覚。熊野は泣きそうになりながらに録音する。

ふちもめちゃめちゃ怒られて泣きそうになる。

・ジャケットは前回がごちゃごちゃしている系だったので、シンプルにした。

・サイレント初回盤をやろうと思って初回盤の色は緑、通常盤は紫にしてそれを告知なしに出した。

何週間か開ける予定だったのに、大人の都合で次の日には紫が店頭に並んでいた。

サプライズ失敗。

EPのツアーとしては多すぎる約50本のツアーを行った。


オムニバス
「Less The Best」
・2020年3月25日発売のThe Very Best Of Pizaa Of Death 靴房録。
・制作期間が短く焦った、初めてプレッシャーを感じた。
・あまりなかったシンガロング系の曲。サビはみんなで歌いたい願望があった。
・ふちにも歌ってもらいたいが、今のところマイクを用意する予定はない。
・休憩中にラーメン屋に行ったら、メニューが全部焼きそばで
ここは焼きそば屋なんだ、と思った。

レーベル[編集]                 

TRUST RECORDS
・社長の声の好みでバンドを集めている。
・TRUST TOURの打ち上げの乾杯はトリのバンドのドラム。
・サイドビジネスが得意。
・社長がソリでぶっ飛んだことがある。
・気づいたら社員、バイトが変わっている。

出演[編集]                    
THE KINGS PLACE 水曜担当(2019.04〜)

脚注[編集]                    

外部リンク[編集]                 


2021年1月15日

KINGS MEETING(TUE)
〜BACK TO LIVEHOUSE〜 vol.2
2021.01.05 SUPER BEAVER 渋谷龍太❷

「 2021年について 」

SUPER BEAVERとしても「有観客」「無観客」
それぞれ配信ライブの機会などもありました。
※そもそも"有観客"という概念も新しいような…

このような状況下で良かった点は
配信でなければ見られない人がいる、
ということを知れたこと。

バンドとして、自分自身として
"現場で観てもらってこそ"という想いで、
"現場に勝るものはない"と考えてきた渋谷さん。

その気持ちに変わりはないけれど、
配信をやったからこそ届けられる相手が実際にいて
それに気が付けたからこそ、
1つの発見・可能性として
配信ライブを捉えることができたんだとか。

現場で起きていることがすべてで、
現場で起きていることだけがすべてではない。
そんな風に思えるようになったのは嬉しいこと。

Erlml43VoAAXwE5.jpg

ただ「配信ライブ」と言っているものの
ライブと同じ部屋に入れていいものではなくて。
ライブができないから、配信ライブ…
このような道順にはなっているけれど
どうしたってやはり 代わりになるのは難しい。

ステージの上=発信者、
フロア=受信者というのは少し違っていて、
オンステージしている側が
発信の割合が高いのは当然ではあるものの
同時に受信者であることは間違いない。
フロアからもらうものはものすごく大きく、
それは発信をしてくれているからこそでした。

綺麗事なしでいえば、
配信ライブでは 声が聞こえません。
声 手拍子 もらえるようにお願いはするけれど、
何も聞こえません。

ただそれでも声を放つのは、
画面の向こうでアクションを起こすことに
意味があると思うからでした。

本当は顔を見て歌を歌いたい。
どうしても手拍子も声も届かない。
そこに感じる"はがゆさ"を
その場だけで終わらせないのは、
状況が良くなりまた会えるようになった時に
よりこの大切さをかみしめられるようになるため。

聞こえないなら聞こえないなりに、
見えないなら見えないなりに。
必死にやっていくので、
必死でやってくれよ!と伝えてくれました。

2021年1月15日

メールの数が、えぐい。
火曜日担当してます
SUPER BEAVER
Vo.渋谷龍太です!1週間ぶり2回め

Erlml43VoAAXwE5.jpg

冒頭でも渋谷さん申しておりましたが
あおるからメールさばくのが正直大変です。
でも嬉しい悲鳴です。

【 アイラヴユーを伝えたいっ 】

声からも伝わったかと思うんですが
このコーナー、とにかくにやけが止まらないらしく
恋人 家族 モノだとしても
みなさんからの愛があふれにあふれてるお陰で
ほっぺと時に涙腺がゆるゆるでございます。

ふつおたで恋人との別れを聴いたかと思えば
大好きな恋人への愛を伝える人も…緩急えぐ…

そんなこんなでひきつづき
ひと モノ できごと …
あなたが愛を届けたい相手を
教えてください!

【 渋谷ブックセンター 】

勤勉な店長なんです
初回のおススメ、コンプリート。
しっかり感想まで伝えてくれる…
自分へのハードルは高く設定するタイプです。さすが。

今回はジャンル豊富に3通をご紹介!
もちろんきっちり吸収する気満々です。
来週の感想もお楽しみに

こちらも品ぞろえ豊富なお店にしたいので
ジャンル問わずでおすすめ教えてください!

もろもろメッセージはこちら▼

KINGS MEETING
〜BACK TO LIVEHOUSE〜

では、毎週テーマを設けて
音楽業界 ライブハウス バンドマン…
いろんな視点から いま と これから を考えます。
こちらも必聴なんです

今回は「配信ライブ」を考える時間に。

アーカイブはこちらから▼

ジェットコースター放送、次回は19日!
それでもメールもっとくれ!

2021年1月14日

0113KP-2.JPG

  


現在、緊急事態宣言の最中で

明日どうなっているかも

予想がつかない日々が続いていますが

収録時点での

UNISON SQUARE GARDENXIIX

今年のライブ活動について話しました。

   

まずは、UNISON SQUARE GARDEN

2月から愛知、東京、大阪、神奈川県を

2デイズずつ周る、

LIVE TOUR 2021Normal」がスタート!

   

いつも通り変わらない楽しさを届けるべく

今までのワンマンライブと変わらない

タイトルの通りノーマルなライブを

ノーマルにお届けするツアー。

    放送時点では全公演、

開場・開演時間を変更して実施予定。

   

   

一方、XIIX130日に

XIIX Streaming LIVE 2021 “4th FLOOR"

を配信。

今回のライブでは観ている人の

UNISON SQUARE GARDEN

フロントマンが歌っている」

というフィルターを取り外したい!

そのためにはXIIX

より多くの知ってもらうことが必要!

ということで、

全国を回らずとも、

観てもらえる今回の配信ライブを企画。

YouTubeで無料で見ることができます!

   

   

詳しい情報は

UNISON SQUARE GARDEN

XIIX

オフィシャルサイトをご確認くださいませ。

   

   

『僕は

ライブの楽しみは

ライブにしかないと思っているし、

少なからず

そういう風に思っているお客さんも

いるんだろうなっていうことは

わかっているので、

そういう人が

いつでもフラっとライブが観れるように

極力、有観客ライブを

続けていきたいというスタンスで

やっていこうと思っています。

皆さん、気が向いた時に

ライブに遊びに来てもらえたらと思います。』

  

  

2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー