HOME

2021年7月30日

尾崎世界観のキングスプレイス

11回目のキングスミーティングには、

クリープハイプから満を持して、

ドラムの小泉拓さんが登場しました。


尾崎「いきなりこんなこと聞くのもあれなんですけど…

       セコムしてます?」


小泉「セコムしてないですねぇ」


尾崎「したほうがいいと思うなぁ」


まずはキンプレライブについて。


尾崎「ちょうどね、キンプレライブも終わった頃でしたが、

   どうでしたか?」


小泉「楽しかったです。ちょっと我々的には久し振りな曲を

   用意したりして。だからそういう意味での緊張感も

   ありつつでしたけど」


尾崎「リハーサルをちゃんとやって、本番でライブをするっていうのは

   久し振りだったような気がするんですけど」


小泉「リハーサルがあるとさ、かえって緊張しない?」


尾崎「あれ嫌なんですよね。結局音変わるじゃないですか。」


小泉「変わるんだよ〜」


尾崎「だからリハでやったことがあんまり意味ないなーって

   思ってて。何より待ち時間がすごかったじゃないですか。」


小泉「結構あったね。」


尾崎「5時間ぐらい待ってて、みんな微動だにしないから、」


小泉「割と楽屋で喋んないほうだもんね我々は」


尾崎「でー、カオナシが痺れを切らしたようで

   『ゲームしませんか』って。結構ゲームとかボードゲームを

   穿った見方をしているのでゲームかぁって思ったんですけど、

   それを言わせてしまうほどの沈黙があったってことですよね

   でそのゲームがね、ライブのMCでも喋りましたけど、

   ワードウルフっていう。」


話題はクリープハイプのライブについて。


尾崎「最近はライブが始まってますけど、どうですか気持ちの面では?」


小泉「どうなんだろうね、まぁでもライブできるのに越したことはない

   なと思っていて、やれるもんならやりたいって思ってるし、

   でも前みたいに頻繁にできないからこその、1本にかける集中力

   だったりもあるから」


尾崎「セコムも、やれたらそれに越したことはないし、

   やれるもんならやりたいってことですもんね?」


小泉「そうだね(笑)そうなのかな…

   ライブは尾崎くん的にはやれて嬉しい感じなの?」


尾崎「うーん、まぁそうですねぇ、

   嬉しいですけど、なんかこれでいいような気もしますけどね。

   かなり詰め込んでいたし、当たり前のように

   異常な状態でずっとやってきたから、

   こうなってみた、それに気づけているし、

   全部が全部元通りになればいいとも思わないですね。」


小泉「そこは俺も一緒だ」


尾崎「お客さんも限られた上限の中でライブに来てみて、

   いい点も絶対あるだろうし、いろんなことに気づくというか、

   フラットになっていくのかなという。

   このままでいいんじゃないかなってものはどんなものがありますか?」


小泉「お客さんの立場でライブに行った時に、フェスとかでバンドによっては

   モッシュとかあるじゃん。ああいうのが苦手なお客さん

   にとっては見やすかったりするのかなとか思うから」


尾崎「ぎゅうぎゅうに詰まってると飛び跳ねたくなくても横の人のアレで

   飛んじゃうんですよね。ステージから見てると一斉に飛んでくれてる

   と思うけど、中には無理やり飛ばされちゃってる人もいたはずだから。

   あとは何かありますか?歓声が上がらないっていうのはどうですか?」


小泉「リアクションは確かにね。以前に比べて大人しい感じはするけど」


尾崎「でも、珍しい曲をセットリストに入れることが

         怖くなくなったっていうのもあるんですよね。

        前までは急に一曲だけまだ知られてない曲、

   特に新曲とかやると、露骨に手が上がらなくなったり、

         歓声が小さくなったりするのに引っ張られてたんですね。

         そういうのがなくなったから。」


最後に、今後の目標について聞きました。


尾崎「今後の目標を伺っていきましょうか」


小泉「なんだろうな、いろんな状況でも、

   ブレないでやれてる漢になりたいなって」


尾崎「『漢』の方ね。」


小泉「漢になりてえなー。なんかさ、生演奏ができないだと

   生演奏じゃないやつでできたりとかさ。その都度その都度で、

   柔軟に対応できる、漢になることかな」


クリープハイプのライブに対する

熱い思いを語ってくれました。

小泉さん、ありがとうございました!

   

   

   

   

2021年7月30日

4人全員集結ということで

改めてこの1か月を振り返りつつ、今後の話をしました。

 

■今月やったライブについて

GEN:今月は結構ライブ入っていた

キンプレライブ、Dragon AshHump Backのライブ

これくらいライブがつまっていると体の感覚的に

無我の境地というか、体に曲が染みついていて

俺的には手と口と体がすごい連動しっかりしている気がして

とくにこないだのHump Backのライブでは

いいライブができた手応えがあった。

KOUHEI:いい集中力が続いている感じはする。

でも人前に出るということが2年前とかに比べて

あいたのでまだやっぱ、あんときぐらいの

パワー感というか前のライブとは感覚がすごい違う。

冷静な感じはする。ライブしているときの

メンタルの方向性っていうのは変わったかもしれない。

RYU-TA:冷静さはわかるし、落ち着いてできるようになったのも

あるかもしれないけど、熱の飛ばし方のやり方が

わかったかなというのがある。

GEN:どうやってやるんですか?

ちょっとやってみてもらっていいですか。

RYU-TA:これは見てもらわないとわかんない()

HIROKAZ:でもこんだけライブつまってて

シンプルに疲れますよね()

久々にこの疲れきたなっていう。

GEN:この疲れは幸せだったりするんですけどね。

 

■キンプレライブの振り返り

KOUHEI:楽しかったね。仲良いバンドとか

同世代のバンド、それこそKEYTALKとかが

いたりすると、久しぶりだから力入っていたのか

知らんけど、次の日、首終わってたからね()

GEN:俺たちの力の入り方もそういうの全部含めて

やっぱり対バンがいいなって思った。

HIROKAZDragon Ashの対バンも最高だったよね。

改めていい先輩やなと思った。

ずっと楽屋うるさいもん()


■今後のフォーリミの活動について

GEN:8月もフェスなどがあったりで

久々にいろんな仲間に会えるのがマジで楽しみですね。

8月からも我々、どうやら仕掛けていくっていう

噂があるのでみなさんも随時チェックして

いただきたいなと思っています。

楽しみにしていてください!

 

最後は先日のキンプレライブの音源

Now here, No where」をオンエアしました!

 

 


2021年7月28日

  

7月16日に開催したTHE KINGS PLACE LIVE Vol. 20を 

お越しくださった方々からの感想メッセージと

いっしょに振り返りました。

  

R.N:胃の中のオムライス さん

『どのバンドも本当に楽しくて

就活中のモヤモヤとか不安とか全て吹っ飛びました。

やっぱり音楽の力ってすごいです!

この状勢の中、エンタメが否定されがちですが

日々のモチベーションや、生きる力を与えてくれる私にとっては

なくてはならない存在です。』

  

斎藤:お客さんのパワーすごかったな。

終盤らへんから客席でライブを見ていたんだけど、

KEYTALKの「MONSTER DANCE」を

みんなが踊っているところなんかは圧巻だった。

本当に楽しんでいる感が伝わってきて、力をもらいました。

   

   

R.N:ひよこり さん

『私はXIIXのライブを生で観て聴くのが初めてだったのですが、

心臓の奥まで届いてくる歌声と演奏に感動しました。

フォーリミ のGENさんが

ケータリングの椎茸の焼売が美味しかったとおっしゃっていたのですが、

斎藤さんはあの日何が美味しかったですか?』

  

斎藤:横浜なのでケータリングに中華を用意してもらっていて

すごく美味しかったんですが、

ケータリングどんなのがあるかなと覗きに行ったら、

GENくんが

「1人でご飯食べていて寂しいから、一緒にご飯食べましょう」

と言ってくれて、

なんて可愛いんだろうと思って一緒に食べていたんですね。

そしたらGENくんが、たまたま通りかかった

キンプレ で一番偉い人を呼び止めて

「ちょっと写真撮ってください!」って

2ショットを撮らせたんですよ。

愛され術が半端なすぎると思って引いちゃって。(

あんまりお弁当の味覚えてないです。()

  

  

R.N:ゆかたんぽ さん

『コロナ禍でライブがあったとしても行ける場所が限られてしまい、

とても久しぶりにXIIXを生で見ることができました。

CDで聴くのと、ライブで生で聴くのは全然違って音が大きく聴こえて、

これが生のライブなんだと圧倒されました。

自分の職業柄、

ライブに行くことをあまりよく思わない人が周りにいることも事実です。

ですがXIIXUNISON SQUARE GARDEN

私が日々頑張る力を与えてくれる存在だからこそ、

心臓に響く生の音楽を聴く機会を逃さないようにしたいと思います。』

  

斎藤:いつでもライブをやっているので

気が向いた時にふらっと来ていただけたらと思います。

ちゃんとそれまでかっこいいバンドでいられるように

僕らも頑張りますので。

   

  

R.N:おみたん さん

XIIXのお二人の本当に楽しそうに演奏されている表情や雰囲気を感じて

私も楽しかったですし、心が満たされていくのを感じました。

LIFE IS MUSIC!!!!!」と「ユースレス・シンフォニー」の間奏の部分で

お二人が向かい合ってニコニコ演奏されている姿で

楽しさがすごく伝わってきました。

私はライブに行くのが大好きで、ライブに行くことが生きがいです。

イベントごとをするにも気を使わないといけないご時世ですが

こうして感染対策を入念に行っていただき

私のような音楽好きの娯楽を提供してくれて

そして音楽を止めないでくださってありがとうござました。』

  

斎藤:こちらこそありがとうございますだし、

ライブしている人が楽しそうだなということが

印象に残るんだなと思うと、

やっぱり楽しく音楽やらないとな、と

シンプルにそういう風な音楽を続けていきたいなと思います。

  

  

2021年7月27日

KEYTALK7/26KINGS MEETINGBACK TO LIVEHOUSEでは、

先日開催したキンプレLIVE vol.20にご来場いただいた方への

電話インタビューをお届けしました。

 

一番気になったのがRNささっちさんが話されていた

MONSTER DANCE」での出来事。

ことの経緯をご説明すると、、、

モンダン中、テンション上がった巨匠が、

ステージから伸びている花道の先まで行ってしまい、

自分のパートまで間に合わず義勝に全て任せるということがありました。

またドラム八木も笛のスタンバイが若干ドタバタして、

間があいたようにも聞こえました。

そしてモンダン終了後、義勝は「遅いよ、、、」と一言発したのです。

 

ここである疑問が生まれました。

 

義勝は巨匠に対して「遅いよ、、、」と言ったのか、

はたまた八木に対して「遅いよ、、、」と言ったのか、

 

これを義勝本人に聞いたところ、

「サビが終わった頃のっしのっしと戻ってきた巨匠に対して言いました。

八木くんの笛は、ライブだとあれくらいの間があくことはよくあることなんです」とのこと。

 

これでスッキリ!しましたね。

 

ちなみに全部サビを任された義勝はその時「アイツー!」と思っていたそうです。

(二人で歌うつもりで作ってるって正論)

 

そしてコーナー最後にはキンプレLIVE vol.20のライブ音源から

「サンライズ」をお届けしました!

 

インタビューに答えていただいた皆さんありがとうございました!


2021年7月23日

HEY-SMITHVo/Gt猪狩秀平さんにお電話をつなぎました

 

■最近のおうち時間の過ごし方

猪狩:コロナですごい時間があるから自分磨きばっかりしていた。

いろんなジャンルを見ることにしていて。

最近わかったことは、ストッキングを履いていればなんでもいい。

すごいキラキラして見える。

GEN:ストッキングは俺も大好きです!

僕も結構、自分と向き合う時間を大切にしています。

今まで手を出していなかったジャンルに興味を持ってみたりして

積極的に聞いたりしているけど、やっぱりこういう

音楽が好きだなっていうところに戻ってきちゃうんですよね。

猪狩さんほど勉強が足りないなって思っているんですけど。

 

■猪狩さんのYouTubeについて

猪狩:コロナになってから自分は表現者という気持ちで

生きてきたけどライブがなくなったら表現する場所が

全くなくて何もできてないことにテンションが下がってしまって

ちゃんと表現できる場を作りたいなというのと

最近の人はサブスク世代で俺らが好きなカルチャーとかに

触れる機会が少ないのかなと思って、バンドマンのカルチャーや

考え方、アホっぽさを見せたいと思って。

音楽って同じ曲でも歌う人によって情景が変わるから

 そういうところもちゃんと見てもらいたいと思っている。

GEN:なるほど。今完全に一曲で聴くからその人が

どういう活動をしてどういう人かって興味を持つのが、

次のステップになっちゃいますもんね。

猪狩さんのモーニングルーティンみたいな動画も

チェックさせていただきました。

猪狩:最近あげたのでいうと本人が自分の曲のギターを

解説しているやつとか今度は刺青を入れに行くから、

それを撮ろうかなとか。

GEN:何入れるんですか?

ストッキング入れたらいいんじゃないですか?

何デニールかな?

猪狩:(お前デニールって言葉知っている時点でやばいな!

GEN:うちのディレクターも知っていますよ。

ちなみに猪狩さん外にいますか?

猪狩:今からちょっと脱毛がありまして、

その店の前でやってるんですよこれ。

GEN:すみませんお忙しいところ()

 

9月開催予定の『ハジマザ2021』について

猪狩:絶対する気やけど、この感染状況がどうなるかっていう

とこにかかっていると思うし。

今正直、すごい借金やから、これ以上増えるって感じに

なってくるなら開催は厳しいかなっていうのはあるかな。

GEN:ちゃんとして徹底しているっぷりを見せつけつつ

実績を作って行くことが一歩ずつ前進かなっていう感じが

今はしますよね。「ハジマザ」我々も出演させて

いただきますので楽しみにしています!

猪狩:YouTubeもいつか来てください!

何かやりましょう!

GEN:脱毛前にありがとうございました!



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー